話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2008年09月16日

動画・犬が電話して飼い主救う!

動画・犬が電話して飼い主救う!


介助犬のシェパードが911番へ「電話で通報」、飼い主の命救う 3度目のお手柄


米アリゾナ州のジャーマン・シェパード「バディ」が、飼い主の発作を日本の110番と119番に相当する911番へ「電話で通報」し、命を救うお手柄を立てた。同州スコッツデールの警察が14日に明らかにした。バディのお手柄はこれで、通算3度目だという。
バディが911番に連絡したのは、飼い主のジョー・スタルネイカーさんが発作で倒れた今月10日だった。
911番の記録によると、通報を受けた通信係が、「もしもし、こちらは911番です。聞こえますか?
誰か電話に出る人はいませんか?」と何度もたずねる声と、これに答えるバディの鳴き声が録音されていた。
通報を受ければ、すぐに警官が駆けつけることになっているが、スコッツデールの救急システムではスタルネイカーさん宅に911番通報できる介助犬がいると明記されていた。
バディからの通報を受けて警官が急行。スタルネイカーさんはすぐに病院に運ばれ、2日間の入院を余儀なくされたが、回復したという。
スコッツデール警察のマーク・クラーク警部によると、バディが通報したのはこれが3度目。
いずれもスタルネイカーさんの発作時だった。
スタルネイカーさんは約10年前、軍での訓練中に頭部を負傷して以来、発作が起きるようになった。
現在1歳半になるバディとは昨年、生後2カ月のころに、介助犬のトレーニングセンターで出会った。
今では問題があったときに通信員が応答するまで911番にダイヤルし続けることができるという。
クラーク警部は、「本当にびっくりする。ベテランの911番通信員も、こんな話は聞いたことがないんじゃないかな」と驚いている。

http://www.cnn.co.jp/fringe/
CNN200809150032.html
2008年9月15日


お手柄の介助犬「バディ」と元気になった飼い主のジョー・スタルネイカーさん




いいお話ですね。感動しました!

例えば、日本ならば、犬がほえても、普通は、「いたずらだろう」って無視しかねないカモですよね。
でも、アリゾナ州救急システムに「911番通報できる介助犬がいる」と明記されていたことと、通報を受けた係員の人のおかげで、助かったという点も見逃せませんね。

システムがとても良く機能していると思います。
大変心強い感じがします。


関連記事&動画↓↓

動画・波乗りワンちゃん!

「サーフィンする」犬とネコ by動画♪

動画中国パンダ犬 毛染め、大丈夫?
パンダ…洗い落とせばチャウチャウ犬


人気ブログランキング


ラベル:動画 YouTube
posted by news at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。