話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2008年09月19日

エレベーターで宇宙へ行こう!

エレベーターで宇宙へ行こう!

エレベーターに乗って宇宙へ行ける!?
まっさかぁ〜。そんなあほなぁ〜。
と、即、思ってしまう、まるで、夢物語のような記事ですが、どうやら、実現の可能性があるようです。

これまた、びっくりデス。


動画は、下記引用記事の下へどうぞ。

http://www.asahi.com/science/update/0919/
OSK200809180102.html
エレベーターで宇宙に行けるかも 東京で今秋国際会議
「上に参ります。次の階は宇宙でございます」――長さ約10万キロのケーブルをよじ登って、ロケットを使わず、そのまま宇宙へと飛び出す「宇宙エレベーター」の研究団体が日本で結成された。海外の研究者を招き、11月に第1回国際会議を東京で開催する。従来はSFの世界の乗り物とみなされてきたが、ナノテク新素材の開発によって実現の可能性が見えてきた。
 宇宙エレベーターとは、赤道の上空、高度約3万6千キロに浮かぶ静止衛星から地上に向けてケーブルを垂らし、それをガイドとして利用して、宇宙との間を昇降するエレベーター型宇宙船のこと。

 バランスが取れるように、静止衛星から地球と反対方向の宇宙にも向けてケーブルを伸ばすため、その総延長は月までの距離の約4分の1にも達する。ケーブルは、静止衛星と共に宙に浮いた状態となるので、よじ登っても落ちてこない。地球の重力を脱出する燃料がいらないので、宇宙旅行のコストが約100分の1になると見込まれている。総建設費は、約1兆円の予定。

 SF作家の故アーサー・C・クラークが小説「楽園の泉」で紹介して有名になったが、実現は不可能に近いと考えられてきた。どんな素材でもその重さに耐えきれず、ケーブルが途中で切れてしまうからだ。計算上は、鋼鉄の約180倍もの強度が必要。
だが、日本宇宙エレベーター協会会長で、IT会社社長の大野修一さん(40)によれば軽くて強いカーボンナノチューブが開発され、必要強度の約4分の1の強さの繊維がすでに造られているという。米国では、米航空宇宙局(NASA)が賞金を出すコンテストも開かれている。

 大野さんは「海外旅行感覚で、誰でも宇宙にいけるようになる。放射性廃棄物の太陽への投棄や、太陽光発電衛星の設置などいろいろな利用案も出されている」と話す。

 約50人の会員の中には、大学教授や宇宙関連産業の技術者などもいる。来年には、ケーブルを昇る模型の速さを競う国内大会を開催する計画もある。

詳細はこちらへ
JSEA日本宇宙エレベーター協会



宇宙エレベーターがどのようなものか、SFXを使って簡単に説明されている動画がありましたので、どうぞ。




人類の果てしない可能性と叡智に、今日も、感動しています。
未来の地球って、どんなんかなぁ〜。
SFの世界が、ほとんど実現していそう。

あ〜、もっと後で、生まれたかったわぁ〜。><


関連記事&動画↓↓

動画・宇宙観光旅行の「母船」

「宇宙ウェディング」受付開始!来月1日から

宇宙旅行のお知らせ♪
宇宙旅行代金は、1人当たり20万ドル(約2160万円)だって。


<就職>宇宙飛行士募集

スチュワーデス、くじで宇宙旅行当てる!

グーグルの共同創業者、宇宙旅行へ!

動画・空の妖精(スプライト)
空の妖精に会いに行こう 謎の現象「きぼう」が迫る


動画・火星、また謎の写真!?NASAが公開
火星の最新写真と動画です。


これが次世代宇宙服!NASAが公開

人気ブログランキング



ラベル:動画 YouTube
posted by news at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。