話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2009年10月07日

4万年前の赤ちゃんマンモス公開へ!

永久凍土から発見の子マンモス、世界10都市で公開へ

【10月5日 AFP】ぬかるんだ川底で死んでから4万年、そのマンモスの子どもは、母親の乳の痕跡が確認できるほど完全な形で、露シベリア(Siberia)地方の永久凍土に眠っていた。
 トナカイを飼う遊牧民たちによって3年前に発見された、このメスの子マンモス「リューバ(Lyuba)」が、米シカゴ(Chicago)にある世界的に有名なフィールド自然史博物館(Field Museum)で行われるマンモス・マストドン展の「スター」としてよみがえる。期間は2010年3月5日から9月6日まで。
 同展のキュレーターを務めるミシガン大学(University of Michigan)のダニエル・フィッシャー(Daniel Fisher)教授(地質学)は、「リューバのような標本をみると、心の底から畏敬の念にとらわれる。展覧会全体では、こうした動物たちが生きていた様子がこんなに詳しく分かるようになった、ということをみてもらえます」と語る。
 科学者たちは、死亡時に生後約1か月だったとみられているリューバから、マンモスの化石やリューバほど保存状態がよくない遺がいからは分からなかった多くのことを学んだ。
 フィッシャー教授によるとリューバの標本から、マンモスの子どもが背部から首にかけて褐色脂肪細胞の「コブ」をもつことが分かったという。この「コブ」によって子マンモスは寒冷気候の中でも体温維持ができていたとみられている。マンモスの誕生期は初春だったという仮説を支持する発見だ。
 リューバは死亡時、健康上にはなんの問題もなかった一方、口や鼻や喉から泥や堆積物が発見されたことから、ぬかるみにはまってもがくうちに、おぼれ死んだものと考えられている。
 また、遺がいの保存状態の程度はDNA採取には十分だが、現時点では誰もマンモスのクローンに乗り出すという一線を越えようとはしていないと、フィッシャー教授は言う。
 この展覧会はシカゴの後、世界10都市を巡回する。巡回展の最後は2014年に英ロンドンの自然史博物館で行われる予定。(c)AFP



発見されて間もない頃の動画2本です。
こうして見ると、ほんとうに、生き生きしてますね。
今にも起き上がりそうっていうのは、大げさだとしても、この赤ちゃんマンモスが、4万年前のマンモスちゃんだとはとても思えませんね。







もし日本でも公開されるのならば、是非見に行きたいです。
4万年の時の流れとこの赤ちゃんマンモスの奇跡とロマンをこの目で見てみたい。



ラベル:動画 YouTube
posted by news at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。