話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2010年06月13日

はやぶさ君、お帰り!!!

はやぶさ君、お帰り!!!
リンク、動画等は下記引用記事の下へどうぞ。

はやぶさ、いよいよ帰還 回収にはアボリジニも同行
【6月13日 AFP】宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace Exploration Agency、JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ(Hayabusa)」が13日、オーストラリアの砂漠地帯に落下し、小惑星「イトカワ(ITOKAWA)」まで往復50億キロメートル、7年におよぶ旅を終え、地球への帰還を果たす。
 はやぶさは日本時間13日午後7時51分ごろカプセルを分離し、同日午後10時51分ごろカプセルが大気圏に再突入する予定となっている。成功すれば、月以外の天体に着陸し物質のサンプルを持ち帰った世界初の例となる。また、イトカワに物理的に接触し、地球へ帰還することも世界初となる。
 はやぶさは2003年5月に打ち上げられ、05年9月にイトカワとランデブー、同年11月に着陸した。当初、イトカワ表面の砂のサンプルを採取し、カプセルに入れて持ち帰る計画になっている。
 だが、地表の岩石を砕き、舞い上がった砂を採取するシステムが機能せず、サンプルが採取されたかどうかは不明だ。サンプルが採取できていれば、太陽系の進化プロセスを解明する大きな鍵となると見られている。
 はやぶさのカプセルは上空約10キロでパラシュートを開く。その後、オーストラリアのウーメラ立入制限区域(Woomera Test Range)に落下し、ビーコンを発して回収を待つ段取りになっている。同区域は、先住民アボリジニの聖地となっているため、はやぶさ回収にはアボリジニも同行するという。
 回収されたカプセルは、JAXAの相模原キャンパスに移送され、X線検査などが行われた後、日本やオーストラリア、米国の科学者らの手によって開封される。(c)AFP


JAXA公式サイト「はやぶさ」
http://hayabusa.jaxa.jp/




「はやぶさ」twitter
http://twitter.com/Hayabusa_JAXA

youtube「hayabusa」検索結果


カプセル降下を現地から中継(和歌山大学 宇宙教育研究所)


JAXA
http://www.yac-j.or.jp/tv/post-3.html
はやぶさカプセル帰還ライブ放送
2010 年6月13日(日) 12:45〜15:00 19:30〜23:00

管制室の様子を午後6時からライブ中継
特設サイト
http://hayabusa.jaxa.jp/live/


NASA
http://airborne.seti.org/hayabusa/
2010 年6月13日(日)21:45〜21:55



今日の私の中での最大のニュースはやっぱり、これ!!
やっと、いよいよ、今夜、はやぶさ君が地球に戻ってくる!!!
迷子、満身創痍になりながらも、往復50億キロ、7年という
気の遠くなるような長い長い旅から地球へ!

ほんとうにご苦労様でした。
はやぶさ君の7年の航海日誌を読んだら、涙が出て止まりませんでした。
なんと健気な。。


はやぶさ君の冒険日誌

最後のカプセル放出のお仕事が終わったら、大気圏に突入し、燃え尽きてしまうんですね。。。。。

悲しすぎる。。

なんとか、全部は燃え尽きないで、はやぶさ君の本体のかけらでもいい、一部だけでも、地球の大地にもう一度、ほんとうに戻ってきて、触れて欲しい。


こんな子供たちに壮大な宇宙へのロマンと夢と希望、そして感動を与えてくれる「JAXA」
は、なんでも民主党の仕分けの対象とか。
なんとか、残してもらえないものでしょうか。
子供たちの夢を壊さないで!!









ラベル:動画 YouTube
posted by news at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。