話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年03月14日

安否不明の町長、生きていた!!

安否不明の町長、生きていた!!

安否不明の町長生還 骨組みだけの庁舎で一夜 宮城・南三陸
(引用記事は、下記)

暗く悲しい不安なニュースが続く中、とても、いいニュースがありました。

なんと!
あの、津波の直撃を受け、安否不明になっていた宮城県南三陸町の佐藤仁町長(59)さんが無事生還されました!

しかも大した怪我も無い様子で、入院することもなく、即、仕事を再開されています。
誰もが絶望視していた状況下で、奇跡的に生き延び、しかも、自力で歩いて戻って来られています!

やはり奇跡としか言えない出来事です。
神様に生かされた命。。

「拾った命。町民のために全力を尽くす」
とてもいい言葉です。
数日ぶりにうれしくて涙がでました。

それにしても、スーパーマンみたいな不死身の町長さんですね。
今後の町の復興に頼りになりそう。

日本の明日に一条の明かりが見えた思いです。


以下引用記事です。

「生きていたのか!」。たどりついた避難所で町民に驚かれた。
 庁舎が津波の直撃を受け、安否不明になっていた宮城県南三陸町の佐藤仁町長(59)が生還した。
骨組みだけになった庁舎3階の鉄骨の上で夜を明かし、避難所にたどりついたという。
人口約1万8000の南三陸町では依然、町民約1万人と連絡が取れない。「拾った命。町民のために全力を尽くす」。
佐藤町長は13日、公務に復帰し陣頭指揮を執った。
 地震が起きた11日は町議会3月定例会の最終日だった。閉会のあいさつで前々日の津波に触れ、
「引き続き災害に強いまちづくりを進めよう」と訴えている最中に、激しい揺れが襲った。
 「ついに来た。宮城県沖だ」と確信。町議らとともに総合防災庁舎に移動した。津波が見えるとの連絡を受け、3階建ての庁舎の屋上に上がった。間もなく、津波が防潮堤を超えて押し寄せた。
 津波は第1波で庁舎をのみ込み、全ての壁と天井を打ち抜いた。佐藤町長の体は偶然、外の非常階段の手すりにぶつかって止まった。
 第2波、第3波は鉄骨の上で無線アンテナなどにしがみついて耐えた。「屋上には30人ほどいたが、気が付けば8人しか残っていなかった」
 夜は雪の中、8人が鉄骨の上で、流れ着いた発泡スチロールや木っ端で火を起こし、暖を取った。
12日の朝、庁舎に絡まった漁業用ロープを使って地上に下りた。避難所に着いたのはお昼前だった。
 13日、災害対策本部を設置した。場所は、町内三十数カ所の避難所で最も大きい総合体育館「ベイサイド・アリーナ」。
約1200人が身を寄せる。アリーナに限らず、どこの避難所も食料、水、毛布など全てが足りない。
 佐藤町長は「生存者の情報は、全く入ってこない。状況は極めて厳しいが、町民の安否確認を急ぎ、生活再建に向けて働く」と力を込めた。

(昆野勝栄、渡辺龍)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110314t13031.htm
災害対策本部で打ち合わせをする佐藤町長(右)=13日午後1時ごろ、宮城県南三陸町のベイサイド・アリーナ
http://www.kahoku.co.jp/img/news/2011/20110314002jd.jpg




posted by news at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。