話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年03月24日

放射線拡散予測...ドイツ気象庁

放射線拡散予測...ドイツ気象庁

日本では、公式な予測データがないようです。
(公開されていないから見れないのか?)

今は、海外の方が、多くのデータが提供されています。
その中の一つが、ドイツ気象庁のデータです。

ドイツ気象庁HP
http://www.dwd.de/

今日は、3月25日、3月26日の予測データが見れます。

ご参考までに。

3月25日放射線拡散予測



3月26日放射線拡散予測




ーーー以下、HPトップの自動翻訳ですーーー


日本の原子力発電所の事故
ドイツ気象サービス(DWD)の詳細
日本では地震の後、東京の北東部の他の原子力発電所があるが放射性物質の放出を伴う事故になった。日本の天気と伝播条件"このページで提供される分散計算などの地面上の現在の気象状況とDWDの評価。


日本では、個々の原子力発電所事故に関する情報、環境、自然保護原子力安全(BMU)のための連邦省:www.bmu.bund.de
旅行、アカウントに現在の状況を取って日本への安全性が、あなたは外務省で取得することができます:www.auswaertiges - amt.de
ドイツ、雲の世界の広がりだけでなく、健康被害の現在の測定放射線防護のための連邦局(BFSの)のページに関連した情報www.bfs.de.
現在の状況と予測、日本から参照してください:www.jma.go.jp
DWDの放射能測定に関する情報(パンフレット、PDFファイル、3メガバイト)



DWD(注、PDFファイル、20キロバイト)の濃度の予測
放射線防護のための連邦政府機関の役割だ - ドイツ天気予報サービスは、基本的には結果を公開しています。

DWDは、ドイツの予防放射線防護法と法秩序に気象情報サービスに関する法律、クロック、1年365日の周りの雰囲気中の放射能によって監視され、大気中の放射性トレース物質の拡散を予測している。 ( - 放射能監視の雰囲気、PDFファイル、30キロバイトタスクDWD)DWDは、空気中の放射性核種を検出するため、水に精巧な監視プログラムが自動的にいくつかのを持って48局と監視ネットワークで動作し、手動操作の測定システムと部分的に行った。すべての測定値とそれに対応する分散計算は、BMUとBFSのに転送されます。 BFSはしhttp://www.bfs.de/de/ion/imis/aktuellで、インターネット上で、これらのナイフの結果を発表し、また人口に通知する責任があります。これはこれはBFSのの法的責任であるため、国立測候所は、基本的には何も結果を公開していることを意味します。のみも評価することができる測定結果を決定し、人口や任意のリスクがあるかどうかを利用可能な専門家があります。





日本での伝播の条件
オッフェンバッハ、23/03/2011

トップ:23/03/201112 UTCにモデルの実行から日本では金曜の夜に相対的な濃度の/予測伝搬
日本海の韓国風の主要な島を引き起こして、かなり強烈な低、日本の西側に金曜日の夜。それが吹く北方向に最初は福島からの汚染物質が。粒子が部分的に洗浄することができるように本島北部で雨が降る。

下:伝播/相対濃度の予測土曜日の夜、日本で23/03/201112 UTCのモデルから実行
土曜日の夕方の時点で東日本の太平洋上に低利得の非常に迅速に移動します。風が西に本島これをonにします。その結果、彼は島沖、太平洋で再び土曜日の過程で汚染物質を吹いている。

画像は福島私は、250メートルの高さの発電所から、放射性汚染された空気の広がりを示しています。排出量の強さが不明であるため、値は相対的な分散と、送信元が不明な濃度の希釈の基礎として、単に解釈されるものとします。サイト上の放射能汚染の実際のレベルでの結論は、ことは不可能です!
情報は、場所の詳細については、BMU(www.bmu.de)のウェブサイトを参照してください。

へCopyright(c)ドイツ天気予報サービス




posted by news at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。