話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年03月28日

今日の放射能拡散予測(3/29〜3/30)

今日の放射能拡散予測(3/29〜3/30)

福島第一原発からの放射能拡散予測データが、
最新のものに更新されています。
ご参考までに。

どうか、良いほうに、はずれますように。


3月29日は、東京、日立、仙台にも飛んで来そうです。
3月29日の放射能拡散予測


3月30日は、日立から仙台以北あたりに、放射能が飛んできそうです。東京は、やや収まりそうです。
3月30日の放射能拡散予測


3月27日〜3月30日までのシュミレーション


以下、ドイツ気象庁HP http://www.dwd.de/
トップ記事の自動翻訳です。


日本での伝播の条件
オッフェンバッハ、2011年3月27日

トップ:2011年3月27日12 UTCにモデルの実行から日本では火曜日の夜に相対的な濃度の/予測伝搬
高空気圧は、天候は日本ではまだ決定しています。これは、風が弱いが、通常です。放射性粒子が太平洋に向かってわずかに西流と、福島県で輸送される。首都圏は、火曜日は、放射性不純物から免れるに残ります。

下:伝播/相対濃度の予測水曜日の夜、日本で2011年3月27日12 UTCのモデルから実行
南東シベリア上空うつ病の形成を通じサウスウェスト、日本の周りの流れです。この出荷は、太平洋の北東にある。一時的にはまた、Sendaj Nordhondschu地域の放射性粒子の出荷に影響を与えることができるから。

6時間の時間ステップ(画像をクリックすると下)のイメージアニメーションは福島私は250メートルHöhefür三日間の発電所から出発し、拡散放射性空気が終了積んだ示しています。排出量の強さが不明であるため、値は相対的な分布と濃度未知のソースのとしてのみ希薄化後をzuinterpretierenされます。地面にtatsächlicheradioaktive負荷に結論はことは不可能です!位置に関する情報は、BMU(www.bmu.de)のウェブサイト上で見つけることができます。

---以下、放射能関連リンク---



リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

拡散予想図(ドイツ気象庁)
http://www.dwd.de/

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/

緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html


posted by news at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。