話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年07月30日

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ショキングなデータです。
予想はしていたのですが。。。

下記、水産庁のHPに、最新の水産物の放射性物質調査結果(3月24日から7月28日まで)がアップれされています。

水産物についてのご質問と回答(放射性物質調査)〜7月28日更新〜
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/


各都道府県等における水産物放射性物質調査結果(時系列版)2011/7/28

水産物の放射性物質調査の実施状況(地図)(7月28日更新)(PDF:258KB)


この調査結果を見る限り、養殖・タコ・イカ以外はほぼ全てセシウムで汚染されています。

なかでも、コウナゴ(イカナゴ)が突出しています。
また、汚染度が高いもの(赤く表示)に、カレイ(多種あり)、シラス、アユ、ワカサギ、ヤマメ、ヒジキ、ウグイ、ホッキガイ、ウニ、アイナメ、ヒラメ、アラメ、モクズガニ、シロメバル、コモンカスベ、ウスメバル、ホンモロコがあります。


あーーー、悲しい。
大好きなお魚さんがーーー!

セシウム牛に、セシウム魚。
牛と同じように、現状、出荷制限されていないものは、そのまま食卓へ。。。
更に、加工品にも使われるでしょう。。。

もう一つ、気のなることが。
魚は基本、回遊しますから、調査地点が、まだまだ少なく、もっと広域で、日本全域で、引き続き調査をやってもらいたいと思います。
それにより、もっと最悪な結果が出るかもしれませんが。。

これから毎日、国産で安心して食べられるのは、イカの煮つけと、たこ焼きってことかぁ。
日本人の食卓から魚がなくなるかも知れないなんて。。
ショックすぎる。



「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




posted by news at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。