話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年08月01日

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

http://www.47news.jp/CN/201108/
CN2011080101000201.html
農水省、収穫時のコメ検査指示へ 14都県が実施表明
 農林水産省は1日、福島第1原発事故を受けコメ収穫時に安全性を確認する放射性物質検査について、東日本を中心とする関係自治体に今週中に具体的な検査方法を指示することを明らかにした。共同通信のまとめで、少なくとも14都県が検査を予定したり、実施方向で検討したりしていることが判明。早場米の収穫が始まる千葉県は、今週中にも検査に着手する。
 コメ検査は作付け前と収穫時の二段構えとなっており、水田の土壌への検査に基づき4月には福島県の一部で作付け制限を実施した。
2011/08/01 13:42 【共同通信】


千葉・栃木 米の放射線検査へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110801/k10014597541000.html

稲わらや野菜などから放射性セシウムが検出されていることを受け、千葉県と栃木県は、これから収穫期を迎える米についても放射線量の検査を行うことを決めました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、稲わらや野菜、それに腐葉土などから相次いで放射性セシウムが検出され、その範囲は関東地方などにも広がっています。これから収穫期を迎える米は、原発事故のあと田植えをして成長したものがほとんどのため、農家の間で影響を心配する声が出ています。千葉県と栃木県は、こうした声に応えて米についても放射線量の検査を行うことを決めました。
このうち千葉県は早ければ8月上旬から早場米の収穫が始まるため、米を生産しているすべての市町村で、1か所から数か所を選んで玄米の段階で放射線量を検査するということです。
検査の結果、国の暫定基準値を下回らないと、その市町村から米は出荷しないということです。
一方、栃木県は収穫開始は9月上旬で、具体的な検査方法について国などと協議を進めていますが、地域ごとにサンプルを提供してもらい検査する方針だということです。
栃木県は米を含めて農産物の検査態勢を強化するため、放射性セシウムを検出できる専用の検査機器2台を導入するということです。
千葉県などによりますと、米について都道府県が放射性セシウムの検査を行うことを決めたのはこれが最初だということです。


ーーーーーーーーーーー

九州沖縄ではすでに、23年度のお米が販売されています。
まったく検査無で。
不安です。

更に、いよいよ汚染がひどい地域でのお米の収穫が始まります。まずは、8月上旬に千葉県のようです。

検査については、各県が主体となって検査を行うようですが、これには、やや不安があります。

まず、一つには、各県が自分でやってほんとうに客観的に出来るかどうか、出荷したいがために、過小評価にならないかということと、検査体制が、また、サンプリングらしいのですが、選ばれた地区がたまたま汚染度合いが低い地区のお米ならが、当然、低い値しか出ないだろうし、そうなれば、即、出荷OKになるだろうし、でも、たまたま、汚染がその一帯の中でも更にひどいホットスポットだったら、その値がその地域の基準値になり、全面出荷停止になる恐れもあるだろうし、色々心配なことばかりです。
なにしろ、日本人の主食ですから。


改定工程表では、すでに、ステップ1が終了し、安定冷却がほぼ出来ていると公表されています。
ならば、食品の暫定規制値も、従来の3.11前の、福島原発事故前の基準値に戻してもいいのではないでしょうか?

はやく、3.11以前の基準値に戻してもらわないと、みんな安心してご飯が食べられない。。。。



「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



---以下、放射能・原発関連リンク---

ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)





posted by news at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。