話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年08月11日

福島第一原発事故から5ヶ月・今日の放射能拡散予測(8/11〜8/13)

福島第一原発事故から5ヶ月・今日の放射能拡散予測(8/11〜8/13)

今日で、福島第一原発事故から5ヶ月。
放射能を撒き散らした原発の現状は、どうなっているんでしょうか?
大本営発表のデータは、信じるには?なので、いつも参考にさせて頂いている第三者「CTBT放射性核種探知観測所」の最新データを見てみると、

「高崎に設置されたCTBT放射性核種探知観測所における放射性核種探知状況」(8月1日時点)

気持ち、やや減っているのかな?
テルルは相変わらず出続けていますので、規模は小さいかも知れませんが、核分裂(再臨界)は相変わらず、続いているようです。

昨日は、1号機の燃料プールでも循環冷却が始まり、これで、燃料プールはなんとか行けそうです。
でも、肝心な炉心はこれから。
今後収束に何十年もかかるか分からない作業が延々と続きます。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4797952.html
1〜4号機全てで循環冷却装置稼動。
福島第一原発では、1号機の使用済み燃料プールの循環冷却が始まりました。
(中略)地震から11日で5か月ですが、これでようやく1号機から4号機までのすべての使用済み燃料プールを安定的に冷却できる状態になりました。
「燃料プールの安定冷却」は果たせたものの、復旧に向けては、原子炉の安定冷却や汚染水処理など、今後、より困難な課題が待ち受けています。(10日16:20)


この「今後、より困難な課題が待ち受けています」の困難を示す一例が、先日原発敷地内で発見された10シーベルト超のホットスポット。
この高線量スポットについて、その原因をガンダーセン博士が分析されています。
事故を収束するためには、これから建屋に入って行かなければなりませんが、今後10年、20年先まで、他の場所でもこのような高線量のスポットが見付かるでしょうとのことです。

長い長い戦いになりそうな状況が、段々具体的に見えて来た気がします。


福島原発で致死量高放射線スポット検出が暗示するもの8/4(字幕)ガンダーセン博士

以下、コメント部分転記させて頂きます。
福島原発で致死量の放射線量スポット検出が暗示するもの8/4ガンダーセン
(日本語訳:Junebloke)
*以下概略
8/2,TEPCOは非常に高い放射線スポットを発見しました。高い位置まで空気中にベント排出する原発建屋外部の排気塔の一部です。
10シーベルト、別の言い方で1000REMです。もし1000REMの場所に30分未満居ただけで、数日で死に至るでしょう。この場所に数分でもいるのは、死刑宣告とも-言えるでしょう。
100日間の蒸気によりこの放射線の値になったと関係者は言いますが、私はそうは思いません。最初の原発敷地の放射線マップではこの場所は高い放射線箇所とは思われていま-せんでした。
この現象の鍵を握るのは、"ベント措置"です。この"ベント措置"は、4か月半以上前に放射線が検出された時から行われていました。"ベント措置"を行った排気管内部が熱-く、外部の管が冬季で冷えていた為、その温度差で水滴が管の外部に付着し落ちて排気管下部にセシウムと共に溜まってのです。
この致死量の放射線スポットは原発敷地内部で発見され外部で無かったのは不幸中の幸いです。
140日以上に渡り、放出された放射線総量がどれほどかを物語っています。この現象は、環境に放出された放射線の一部に過ぎないのです。
ブルドーザー作業で瓦礫を埋めることにより、作業員が高放射線スポットに近づく事ができました。つまり、10年先まで敷地内ではときおり急激な線量の上昇が起きることにな-り、この様な作業を継続して行かなければならないのです。また、建屋に入るときにこのような調査をしてみれば、別の場所で高放射線スポットを見つけるでしょう。
思い出して下さい。原子炉の燃料はメルトダウンして炉から突き抜けて、格納容器にホットケーキのように溶け広がっているはずです。おそらくメルトスルーで止まり、格納容器-まで突き破ってはいないでしょう。つまりもっとすごい放射線が検出されるでしょう。
ですからTEPCOは"10年から20年間燃料除去作業が掛かる"としている理由なのです。だれかが行ってシャベルで作業するわけではないので、ロボット作業で行うしかな-いでしょう。
また、次回まで分析をしておきます。
-END-


「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


............................


今日の放射能拡散予測(8/11〜8/13)スイス気象局

下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間8月11日(木曜)午前0:00〜8月13日(土曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(8/11〜8/13)スイス気象局



---以下、放射能・原発関連リンク---

Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)




posted by news at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。