話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年09月24日

福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

やはり出た!主食の米の予備検査でセシウムが暫定基準値と同じ500ベクレル!
福島第一原発から北西に位置する二本松市の米。

以下ニュース記事引用;
<二本松産米>予備検査で規制値検出 本検査で出荷判断へ
福島県は23日、一般米の放射性セシウムの予備検査で、二本松市小浜地区産の「ひとめぼれ」から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)と同じ放射性セシウムが検出されたと発表した。県は同市を初めて「重点調査区域」に指定。出荷の可否を判断する本検査の検査地点を増やして検査を急ぐ。同県産米は既に早場米は全県で出荷可能と判断され、一般米も20日に会津坂下町などで出荷が始まっており、農業関係者からは風評被害を懸念する声が出ている。
 県によると、500ベクレルが検出されたコメは12日に採取されたもので、あわせて検査した水田の土壌は1キロ当たり3000ベクレルだった。同地区の他の11カ所では検出不能から最高で212ベクレルだった。予備検査は収穫後のコメによって出荷の可否を判断する本検査の検査地点数を決めるために収穫約1週間前に行われる。福島県は県内を約370地域に分け、1地域につき数地点で検査。(中略)
農林水産省は土壌からコメへ吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)と設定し、土壌1キロ当たり5000ベクレルを上回る水田の作付けを制限しており、計算上は500ベクレルを超えるコメはないと見ていた。
(以下略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110923-00000064-mai-soci

コメ予備検査で500ベクレル (動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110923/t10015809271000.html
ーーーーーーーー引用ここまで。

農林水産省は農家のためのお役所。決して消費者のための省庁ではない。
スタンスはあくまでも農家を保護し指導する省庁。
だから、どんな場合でもまずは、農家の保護を考える。
(その意向を受けた福島県は、もちろん、言われるまでも無く農家の保護優先。消費者は二の次。)
「農林水産省は土壌からコメへ吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)と設定し」の一文でよく分かる。
その設定自体が甘すぎる。消費者の立場からしたら移行率100%にして欲しいくらいだ。更に、
「福島県は県内を約370地域に分け、1地域につき数地点で検査。」
もともと検査対象になっている田んぼの予備検査自体の対象地点が、少なすぎることからも分かる。これがザル検査と言われる所以。
だから、500ベクレル以上の米が検査をすり抜け出荷される事は、十分考えられる。そして、当然ながら、499ベクレル以下は堂々と出荷される。
また牛肉のように、後々から、恐ろしいほどの高濃度セシウム米が見付かるかもしれない。
何度でも書くけれど、お米は牛肉とは違い、「子供からお年寄りまで、老若男女、毎日毎日、何百gも食べる」日本人の主食。
それでも牛肉と同じようにするこの検査体制は、おかしい。信用できない。
後々セシウム米が出ても、牛肉と同じように「健康に影響はありません」とでも言うつもりだろうか、国や県は。


また、この予備調査は、12日に採取された米。
先日22日23日の台風15号の影響は受けていない。。。

なぜなら、
先日22日23日の台風15号の大雨の影響で、山や森林に降り積もったセシウムが、土砂とともに河川に流れ込んで、そして、その高濃度セシウム等放射性物質を含む雨水は田んぼに流れ込んでいるのでは
ないだろうか?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110923/t10015807831000.html
福島 収穫前の稲が台風で被害
9月23日 18時57分
台風15号の影響で、福島県内では、収穫を目前にした稲が倒れたり、水につかったりする被害が相次ぎました。放射性物質の不安に続く今回の台風の被害に、コメ農家は大きな打撃を受けています。
福島県によりますと、台風15号の影響で県内では収穫を目前にした稲が風で倒れたり、田んぼが冠水したりする被害が阿武隈川流域を中心に広い範囲で出たということです。このうち、二本松市中森では、台風の大雨で市内を流れる阿武隈川の支流の浅川の水があふれだし、周辺の田んぼに流れ込みました。この地区にあるコメ農家、星光さんのおよそ2ヘクタールの田んぼでは、コシヒカリを来月上旬に収穫する予定でしたが、ほぼ半分が稲の穂先まで水につかってしまったということです。福島県内では、コメを出荷できるかどうか判断する放射性物質の検査が行われていますが、これまでに国の暫定基準値を上回った地域はなく、各地で、来月から本格的な収穫が始まろうとしていたやさきに、今回の台風による被害が出ました。星さんは「ことしは放射能の不安を抱えながら稲を育ててきて、やっと収穫という時に、この台風で被害が出ました。とても悔しいです」と話していました。
ーーーー引用ここまで。

すでに、検査結果OKが出て出荷されている早場米の田んぼでも、一般米の田んぼでも、新たに大量のセシウム流れ込んで更に汚染されたのではないだろうか?
今から再度検査すれば、大量のセシウムが検出されるのではないだろうか?

田んぼの再検査はしないのか?
出荷中のお米、出荷済みのお米の再検査はしないのか?


不安だらけです。
ほんとうに怖いのはこれからのような気がします。


<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染


<食と放射能汚染>関連記事&動画↓↓

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!


ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所


今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面


今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?


今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。





「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------
今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局


★★北風が強くなってきています。
福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日24日(土)は、関東地方へ、更に、日曜から月曜にかけては、東海、近畿、四国、そして九州へも飛散しそうです。

★★飛散予想地域で、外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間9月24日(土曜)午前0:00〜9月26日(月曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局




---以下、放射能・原発関連リンク---


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。