話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2011年12月19日

土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/18〜12/20)スイス気象局

<食と放射能汚染>土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/17〜12/19)スイス気象局

まずは、ニュース記事から;

高知のカツオからセシウム
2011.12.15 17:40
 高知県は15日、土佐湾沖で取れたカツオから1キログラムあたり2・17ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。7月の定期検査開始以降、高知県のカツオから放射性物質が検出されるのは初めて。
漁業振興課は「半減期からみて福島原発事故の影響だろう。規制値の約230分の1で、健康への影響はない」としている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111215/dst11121517410009-n1.htm


土佐沖カツオにセシウム
2011年12月16日08時44分
 県は15日、土佐湾沖のカツオから放射性セシウムを1キログラム当たり2・17ベクレル検出したと発表した。1975年の調査以降、過去最高。国の暫定基準値(500ベクレル)の230分の1で、県漁業振興課は「ごく微量で、食べても健康への影響はない」としている。
高知新聞
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=283306&nwIW=1&nwVt=knd


ほら、やっぱり。
何度目の「ほら、やっぱりかな」(笑い、否、笑い事じゃないですよね。)
これも、米や、牛乳のように、武田先生の心配されていた通りになりました。

今日の放射能拡散予測(6/9〜6/10)牛乳は全部危ない、秋の戻り鰹はどうなるか?

高知などで捕る秋の戻り鰹が汚染されていたら、大変。なぜ大変かというと、魚はストロンチウムが危ない。陸上の物はヨウ素とセシウム。海上のものはストロンチウム。その時に、日本社会がどう反応するか分からない。」



今まで、日本人が食べていた「かつお」のセシウムは、どのくらいだったのでしょうか?

いつものように、「食品と放射能」で見てみると、
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/servlet/food_in?
「食品と放射能」

「魚介」→「かつお」を選択→Cs-137を選択→すべての地域を選択→OK


全ての地域におけるCs-137測定結果
単位(Bq/kg)
食品 最小値 平均値 最大値
かつお 0.11 0.36 0.85
{昭和50年(1975年)〜平成21年(2009年)まで}

最大でも1ベクレル以下でした。
今回、検出されたのが、2・17ベクレルですから、過去最小の 0.11と比較すると、なんと、19倍、約20倍になります!
過去最大の 0.85 と比較すると、2.5倍になります。

予想した事とは言え、とてもショックです。
ついに来るべき時が来たという感じです。


当然ながら、汚染された海域の千葉、三陸沖、福島沖、太平洋北部等では、セシウムは検出されています。

水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)(12月14日現在)
(エクセル:1,074KB)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/other/111214_result_jp.xls

そういう所ならば、当然、出るだろうとは思っていましたが、ついに、やっぱり、戻り鰹も。。。

土佐では、下記の通り、今年5月6月はわずかしか検出されていません。
回遊ルートの通りです。


http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130120/kuukansenryo.html#sea
試料名 採取場所 試料入手日 ヨウ素-131
セシウム-134 セシウム-137 放射性セシウム合計

カツオ 土佐湾沖 平成23年6月1日 検出されず
0.19 0.38 0.57
カツオ 土佐湾沖 平成23年5月7日 検出されず
0.40 0.60 1.0


カツオ回遊ルート
カツオ回遊ルート.jpg


回遊魚ルート
回遊魚ルート.jpg


上記、回遊図のコメントに注目;
「カツオは2月頃になると、黒潮に乗り、グアム島沖のマリアナ海域から、九州→四国→紀伊→静岡→千葉→仙台までも北上します。
8月を境に下り始め、10月には土佐沖、11月末には九州そして台湾からフィリピンとさらに暖かい潮を求め、1年をかけて回遊するのです。」


カツオは、これから、九州から、台湾、フィリピンへ南下します。
せめて、輸入カツオでもと思ったのですが、この状況では、輸入カツオも、注意しなければならなくなりそうです。


更に、気になることが、あと一つ。

http://www.pref.ehime.jp/h99901/houshasen/sokuhou231214.pdf
伊方発電所の通常調査等における人工放射性物質の検出状況(速報値)

高知のお隣、愛媛の海水のセシウム濃度です。
段々、上昇しているようです。
今の所、特段、ニュースになるような数値ではありませんが、不気味です。



和食の基本、鰹節。
そのカツオがセシウムに汚染されているなんて。
日本人の食卓からカツオが消えるなんて、考えられません。
日本食の文化が根底から覆されることになってしまうのでしょうか?
これから、一体どうなってしまうの?




「海洋汚染」関連記事&動画↓↓

「海のホットスポットを追う」・今日の放射能拡散予測(11/29〜12/1)スイス気象局


海洋汚染シミュレーションその2・今日の放射能拡散予測(11/22〜11/24)スイス気象局


海洋汚染シミュレーション日本と海外・今日の放射能拡散予測(11/20〜11/22)スイス気象局


やはり信じられない国と東電・今日の放射能拡散予測(10/30〜11/1)スイス気象局
セシウム:海洋流出、東電発表の30倍 仏研究所推定



今日の放射能拡散予測(6/10〜6/11)都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵

今日の放射能拡散予測(5/28〜5/29)深刻な海洋放射能汚染「グリーンピース」報告


放射性物質、海への拡散予測。海洋汚染シュミレーション
フランスのoulouse大学の研究グループ(SIROCCOgroup)による放射性物質の海洋への拡散予測



今日の放射能拡散予測(6/2〜6/3)「海洋汚染」京大・小出先生

今日の放射能拡散予測(5/30〜5/31)海底の土から放射性物質、最高で数百倍




<食と放射能汚染>関連記事&動画↓↓

<食と放射能汚染>宮城の牛乳、ヤバい!?・今日の放射能拡散予測(12/14〜12/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>NPO法人TEAMニ本松「市民放射能測定所」・今日の放射能拡散予測(12/12〜12/14)スイス気象局

<食と放射能汚染>大豆、一検体検査で全量出荷ok 栃木・今日の放射能拡散予測(12/4〜12/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能汚染から身を守る“除染食”のススメ

<食と放射能汚染>「冷凍ほうれん草」からセシウム!・今日の放射能拡散予測(10/29〜10/31)スイス気象局

<食と放射能汚染>サカナは食べられるか?・今日の放射能拡散予測(10/26〜10/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「放射能汚染危険度食品リスト」と「セシウム137 野菜への蓄積率」・今日の放射能拡散予測(10/24〜10/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>グリーンピース「秋のお魚調査」結果発表・今日の放射能拡散予測(10/21〜10/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島米農家、孫には「他で買ってくれ」と...・今日の放射能拡散予測(10/16〜10/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>セルフサービスで、放射性物質検査「ベクミル」・今日の放射能拡散予測(10/7〜10/9)スイス気象局

<食と放射能汚染>日本人は、今までどのくらいのセシウム米を食べていたか?・今日の放射能拡散予測(10/4〜10/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>今年の秋は、セシウムの秋・今日の放射能拡散予測(10/3〜10/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>魚介類と土の汚染・今日の放射能拡散予測(9/30〜10/2)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳から放射能検出!?241Bq/L ・今日の放射能拡散予測(9/10〜9/12)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所

今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面


今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?


今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。






「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



------------------------------------------------------------------------------


今日の放射能拡散予測(12/18〜12/20)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日12/19(月曜)から明日12/20(火曜)早朝までは、引き続き、強い西風により、大部分は、太平洋上へ流れ、本土への飛散はなさそうです。


★★飛散予想地域で、外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間12/18(日曜)午前3:00〜12/20(火曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(12/18〜12/20)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(12/18〜12/20)スイス気象局




posted by news at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。