話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年01月07日

「どんど焼き」でセシウム飛散!?・今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局

「どんど焼き」でセシウム飛散!?・今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局

日本古来の風習で、今年も行われます。
いつもなら、2011.3.11以前ならば、何の問題も無く、心温まる、とてもいい風習で、日本の伝統の良さを再認識させてくれる行事ですが、今年は、こんな古き良き伝統行事にも放射能汚染の陰が忍び寄っています
。。。。


左義長(三毬杖・さぎちょう)とは、小正月に行われる火祭りの行事。
地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗である。
どんど、どんど焼き、とんど(歳徳)焼き、どんと焼きとも言われる。
1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子の場合もある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。。。。。。。ウィキペディアWikipedia



放射能汚染が気になる地方の呼び名をランダムに抜き出し。

さいの神・才の神焼き・歳の神(新潟、福島県会津地方ほか。会津地方は後者の「歳の神」と呼ばれる)
福島県会津地方では1月15日に行われる。大沼郡三島町で行われる伝統行事は、「三島のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。


どんと祭
宮城県仙台市およびその近辺で行われるものの呼称。1月14日夜に正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせるといわれる。石巻市周辺では、松の内が終わると漁が始まるため14日にどんと祭ができないという言い伝えがあり、1月7日に行われる。餅を焼くということはなく、だるまは登場しない。子供の祭りともされない。また、特に書初めを焼くということもない。場所の確保等の問題で年々少なくなりつつはあるものの、各地域ごとの神社で行われてきた。中でも大崎八幡宮のものは20万人以上が訪れるというもっとも盛大なもので、仙台市の無形民俗文化財に指定されている。裸参りと称し、男衆がふんどし姿で練り歩く行事も行われる。この裸参りには、女性の参加も増えている(女性はさらしを巻く)。
大崎八幡宮どんと祭


三九郎(さんくろう)
長野県松本地方の呼称で、同地方で道祖神の祭りを統括する神主「福間三九郎太夫」の名前にちなむといわれるが、他にも諸説ある。だるまは一番目立つ頂上付近に飾り付ける。旧来は1月15日に行われていたが、最近は学校の休みに合わせ、1月7日頃行われるところが多い。「繭玉」と呼ばれる米の粉で作った団子を柳の枝に刺して焼いたものを食べ、無病息災の祈願をする。

かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
かんがり、かんがりや(長野県南佐久郡川上村)
かがり火の転とも、歳神様を天に送る(神上がり、神上がり屋・夜)とも言われる。



実は、この「どんど焼き」で、燃やされる「門松」の日本一の産地が、茨城県なんです。


東京都中央卸売市場における平成16年松市・千両市の状況について
茨城県の鹿嶋,波崎地域は全国一の松・千両の産地であり,都中央卸売市場では茨城産が松類では約80%,千両は約60%を占めている。



福島第一原発の事故により、茨城県の松葉がどれだけセシウムに汚染されているかは、「kohnoのブログ」http://kohno.at.webry.info/
が詳しいです。

「松葉の放射能」というテーマで、各地の汚染状況を調べられています。
http://kohno.at.webry.info/theme/d1b392890c.html

全国松葉汚染マップ
http://kohno.at.webry.info/201109/article_18.html


この中に、茨城の松葉の放射能の測定結果が書かれています。
http://kohno.at.webry.info/201105/article_3.html
茨城県の松葉放射線状況

茨城県@
採取日(2011年4月24日)の放射能
(I -131) 320 Bq/kg・生 ± 1.8 %
(Cs-137) 470 Bq/kg・生 ± 0.7 %
(Cs-134) 410 Bq/kg・生 ± 0.7 %
茨城県A(守谷市)
採取日(2011年5月9日)の放射能/2011年6月13日測定
(I -131) 検出限界以下( 11 Bq/kg・生以下)
(Cs-137) 2,400 Bq/kg・生 ± 0.9 %
(Cs-134) 1,900 Bq/kg・生 ± 0.9 %

かなりの汚染です。
そして、茨城のセシウム降下量は、全国で一番多いです。(福島、宮城は未測定)

最新・全国セシウム降下量積算値(平成23年3月〜6月)・今日の放射能拡散予測(11/26〜11/28)スイス気象局



焚き火の温度は通常、800度から900度なので、セシウムの気化温度641度を越え、当然、門松に付着したセシウムが気化し飛散してしまい、それを吸い込むことにより内部被爆をしてしまいます。

こどもと妊婦を守るためにー児玉龍彦先生・今日の放射能拡散予測(12/8〜12/10)スイス気象局
641度以上になるとセシウムは気化する


(ドイツ放射線防護協会では、セシウムは671℃で気化し、N95マスクでも防げない微細粒子になるそうです)


花粉より、がれき焼却より先に、「どんど焼き」によるセシウム飛散が、全国的に起きそうです。

東京では、明日8日に、東京台東区浅草橋 鳥越神社で「とんど焼き」が行われるそうです。

1月8日13時「とんど焼」鳥越神社
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kab_ra/TORI2.HTM

燃やす前に是非とも検査をしてもらいたいです。
でも、たぶん期待も出来ないので、自己防衛で、とりあえずは、マスクをした方がいいでしょうけど、それでも防ぐのは難しそうですので、一番いいのは、「どんど焼き」が続く間は、出来るだけ外出を控える事しかないのかなあと思います。





「どんど焼き」
2010年1月14日に行われた栃木県那須塩原市木綿畑地区のどんど焼きの様子です。
色んなものを燃やしていますね。。。。。








「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------


今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日1/7(土曜)から明日1/8(日曜)午前までは、引き続き、強い北西の風により、大部分が太平洋上へ流れ、本土への飛散はなさそうです。



★★飛散予想地域で、外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間1/6(金曜)午前3:00〜1/8(日曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局




---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。