話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年01月15日

全原発停止まであと5機!四国電の全原発停止

全原発停止まであと5機!四国電の全原発停止

日本全国で稼動している商業用原発が、ついに、残すところ、あと「5機」!
たった5機となりました。


四国電の全原発停止 全国で稼働は5基に
2012年1月14日
四国電力は13日深夜、定期検査のため伊方原発2号機(愛媛県伊方町、56・6万キロワット)の
運転を停止した。四国電は伊方原発が唯一の原発で、1、3号機も定検で停止しており、3号機が
運転を始めた1994年以来、全3基の原子炉が停止するのは初めて。四国電の柿木一高原子力本部
長は「一段と厳しい需給状況となるが、あらゆる手段を尽くし、電力の安定供給に万全を期していく」
と話した。国内の商業用原子炉54基のうち、稼働しているのは北海道電力泊3号機(北海道)や
関西電力高浜3号機(福井県)など5基になり、4月下旬までに全て停止する見通しだ。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/281879


伊方原発きょう全基停止 四国の電力不足せず
四国電力の伊方原発は13日深夜、2号機の定期検査入りで1〜3全基が止まる。
しかし「四国の4割を占める」とされる原発の電気が消えてなお、四国は今冬も電力不足にはならない公算だ。
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=284143&nwIW=1&nwVt=knd



そして、そして、今日のこの愛媛新聞の記事↓、とってもいいと思います。
私の言いたい事、言い尽くしてくれてる感じ。
全文掲載します。



伊方原発 全基停止 立ち止まり未来考える契機に
特集社説2012年01月15日(日)
 伊方原発、全基停止―「3・11前」には想像もできなかった日が、やってきた。
 四国電力は13日深夜、伊方原発(伊方町)3基のうち唯一稼働中だった2号機の送電を止め、定期検査に入った。
 3基同時停止は初めて。全国の商業用原発54基のうち、残る稼働中は5基となり、すべてが4月中にも停止する見込み。日本中の原発が沈黙する日が刻一刻と迫っている。
 半世紀にわたって強力に推進されてきた国策の原発事業の、一大転換点である。
 東京電力福島第1原発事故で、「これまでの安全」への信頼は無残に裏切られた。
 古里という過去も、被災者の現在も、子どもの未来も奪われ、真の収束まで何十年、何百年かかるか分からない。そんな事態を引き起こした全容の解明はもちろん、「次」を確実に防げる手だても判然としないまま、応急の安全策や「再稼働条件づくり」に追われ、それでも全国で原発が動き続けていたことが、思えば恐ろしく、不思議だった。
 さまざまな社会的影響の大きさを鑑みても、ここはいったん立ち止まり、一人一人が暮らしを、未来を、真摯(しんし)に見つめ直す契機とせねばならない。そして、もはや押しとどめようのない「脱原発」の流れを加速し、一歩を踏み出す英知と決断を求めたい。
 四電側は、早期の再稼働を目指す姿勢を崩していない。しかし、ストレステスト(耐性評価)の審査終了など事務的な要件が整ったとしても、また新しい安全基準が設けられ、四電はじめ電力会社がそれをクリアしたとしても、それだけで立地県として、県民として、再稼働を容認できるわけではもちろんない。
 新たに見直された運転「40年規制」に照らせば、1977年運転開始の伊方1号機をはじめ、四国の原発は早晩、廃炉を視野に入れた計画の再構築を迫られるだろう。延命や再稼働の模索より前に、あるいは並行して具体的な進路を示さなければ、県民の理解と納得は到底得られない。
 まして、電力不足を盾に、再稼働ありきの結論を導くことはあってはならない。
 四電は「綱渡り」を強調するが、昨夏の「節電の夏」、そして現にこの冬も、火力発電所の運転再開などの対策もあって乗り切れそうな情勢。今後もし、本当に不足が見込まれるのなら、そのときは企業や住民が、より自覚的に節電に取り組む番である。
 目先の利便性、経済性を優先し、不安を抱えながら原発に依存する社会は本当に正しいのか。私たちはそんな社会を本当に望んでいるのか―。「原発のない社会」が期せずして実現する今こそ、ただ国の判断を待つのでなく、主体的に判断し、自ら未来を選び取る覚悟が問われている。
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201201157660.html


ということで、今後の全原発停止へ向けたカウントダウンの予定は、下記の通りです。

北海道電力
泊原発3号基2012/4月下旬定検停止
東京電力
柏崎刈羽原発5号基2012/1/25定検停止
柏崎刈羽原発6号基2012/3月定検停止
関西電力
高浜原発3号基2012/2/20定検停止
中国電力
島根原発2号基2012/1月27日定検停止



おまけ♪

今、日本が使ってる原発の電力は、わずかこれだけ。

北海道電力 泊原発 3号基 91.2万kW
東京電力 柏崎刈羽原発 5号基 110万kW
東京電力 柏崎刈羽原発 6号基 135.6万kW
関西電力 高浜原発 3号基 87万kW
中国電力 島根原発 2号基 82万kW
     合計/ 505.8万kW



全原発停止まであと6機!・今日の放射能拡散予測(12/28〜12/30)スイス気象局


ほら、やっぱり!原発なしでも電気は足りている・今日の放射能拡散予測(11/23〜11/25)スイス気象局



「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



posted by news at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。