話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年01月19日

まだ降り続く福島セシウム・今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局

まだ降り続く福島セシウム・今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局

今日(1月16日9時〜1月17日9時)は、
セシウム134 セシウム137が、
14.5+24.0=38.5と、
昨日の200ベクレルの約5分の一になりました。
変動が激しいですね。


以下、最新データ


http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu21.pdf
定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第21報)【訂正版】
平成24年1月18日 14時現在

ヨウ素131 セシウム134 セシウム137

12月27日9時〜12月28日9時ND 14.8 23.4
12月28日9時〜12月29日9時ND 5.36 ND
12月29日9時〜12月30日9時ND 35.7 51.9
12月30日9時〜12月31日9時ND 29.0 40.7←地震1
12月31日9時〜1月1日9時ND 6.57 8.10
1月1日9時〜1月2日9時ND ND ND(未測定?)←地震2
1月2日9時〜1月3日9時ND 180 252←4号機水漏れ
1月3日9時〜1月4日9時ND 54.3 71.8
1月4日9時〜1月5日9時ND 18.9 26.0
1月5日9時〜1月6日9時ND 10.9 17.0←3号機Cs3倍に
1月6日9時〜1月7日9時ND 30.8 40.5
1月7日9時〜1月8日9時ND 37.1 53.7←地震3
1月8日9時〜1月9日9時ND 58.4 79.4
1月9日9時〜1月10日9時ND 10.4 18.2
1月10日9時〜1月11日9時ND 37.4 48.1
1月11日9時〜1月12日9時ND 26.2 34.4
1月12日9時〜1月13日9時ND 26.4 37.2←地震4&5、
                    2号機原子炉温度急変
1月13日9時〜1月14日9時 ND 7.67 10.5←2号機原子炉温度急変
1月14日9時〜1月15日9時ND 13.5 21.1←2号機原子炉温度140℃超え
1月15日9時〜1月16日9時ND 81.7 115←2号機原子炉温度140℃超え
1月16日9時〜1月17日9時ND 14.5 24.0←new2号機原子炉温度急低下



 セシウム134  セシウム137
合計:699.6 973 総合計:1672.6(MBq/km2)




1月16日9時〜1月17日9時の福島は、どんな天気だったか見てみると、
http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2012&month=1&day=16

16日は、風速1〜5mで、北西の風。降雨降雪なし。
17日の0時〜早朝9時までは、風速1〜3mの北東の風。降雨降雪なし。
気象的には、まあまあ穏やかな日だったようです。

このような穏やかな日でも、セシウムは降るんですね。。。。

変動が激しく原因が分からない、福島へのセシウム降下。

武田先生もおっしゃっているように、引き続き、自己防衛を続けましょう。


http://takedanet.com/2012/01/115_0fa7.html
武田邦彦(平成24年1月18日)
福島のセシウム降下物がやや落ち着いて来たと思ったら、1月15日に再び跳ね上がり、約200ベクレルを観測しました。「ゆるい警戒」を続けてください。範囲は宮城県南部から福島、茨城、千葉、栃木北部と考えられます。
警戒は、風の強い日のマスク、洗濯物は取り込むときに叩く、外出から帰ったら玄関に入る前に衣服を叩く、そろそろ水道に出る可能性もあるので発表データに注するなどです。子供は背が低いので、大人より被曝しますので、長期間の外の遊びなどはしばらく止めた方が良いでしょう。




続いて、異常が続く2号機原子炉温度。

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/csv_temp_data_2u-j.csv
2012/1/11 11:00 47.9
2012/1/11 17:00 47.7
2012/1/11 23:00 47.6
2012/1/12 5:00 47.5
2012/1/12 11:00 47.5
2012/1/12 17:00 48.4
2012/1/12 23:00 102.3←突如、100℃超え
2012/1/13 5:00 116.4
2012/1/13 11:00 47.7←元に戻る
2012/1/13 17:00 116.4←また100℃超え
2012/1/13 23:00 127.3
2012/1/14 5:00 127.8
2012/1/14 11:00 94.4
2012/1/14 17:00 57.9
2012/1/14 23:00 142.1←去年の4月レベル
2012/1/15 5:00 135.2
2012/1/15 11:00 138.5
2012/1/15 17:00 142.1
2012/1/15 23:00 144.7
2012/1/16 5:00 146
2012/1/16 11:00 148.7
2012/1/16 17:00 149.1
2012/1/16 23:00 126.1
2012/1/17 5:00 19.1←急降下
2012/1/17 11:00 -6.3←冷温停止!?
2012/1/17 17:00 -62.3←冷温停止!?
2012/1/17 23:00 -52←冷温停止!?
2012/1/18 5:00 -70.3←冷温停止!?
2012/1/18 11:00 -91.4←冷温停止!?

すごい!!
最新は、マイナス90℃!
もしこれが正常な状態なら、最高。万々歳。
これで、ほんとうの冷温停止と世界に堂々と宣言出来るんですが。

でも、この挙動、どうやら、やっぱりおかしいみたい。
残念。


昨日の夕方の東電会見では、
「2号機のガス管理システムから採取したガスを分析した結果、
Xe135は検出限界未満で、再臨界の恐れはない」とのこと。


ほんとうなら、うれしいですが。
嘘かほんとうか、とりあえず、記録しておきます。

また、先日も書きましたが、今日19日午前中から、2号機の内視鏡調査が行われます。
これで、2号機に関しては、更に多くの真実が明らかになり、疑惑、疑念が払拭される手がかりがつかめるのではないかと注目してます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120118-00000123-jij-soci
格納容器内、19日に調査=2号機、工業用内視鏡で―福島第1
時事通信 1月18日(水)18時37分配信
 東京電力は18日、福島第1原発2号機の格納容器内部を工業用内視鏡で調査するための最終的な準備を終えた。19日午前から調査を始める予定。容器内の温度や水位などを調べ、冷温停止状態の維持を改めて確認するのが狙いで、廃炉作業にも役立てたい考えだ。
 東電によると、2号機では1、3号機と同様、炉心溶融(メルトダウン)が起き、溶けた核燃料の一部が圧力容器から格納容器に落下した。格納容器には現在、底から約5メートルの高さまで水がたまっているとみられる。

関連記事&動画↓↓


激増!福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/17〜1/19)スイス気象局

また増加!福島セシウム&2号機温度140℃突破!・今日の放射能拡散予測(1/16〜1/18)スイス気象局

福島セシウム量、やっと下がった!・今日の放射能拡散予測(1/15〜1/17)スイス気象局

福島セシウム減らず&2号機温度乱高下・今日の放射能拡散予測(1/14〜1/16)スイス気象局

降り止まぬセシウム、福島

千葉セシウム降下止まらず!福島また増加・今日の放射能拡散予測(1/12〜1/14)スイス気象局

セシウム降下、注意継続を!今日の放射能拡散予測(1/11〜1/13)スイス気象局

福島セシウム、また3倍に増加!・今日の放射能拡散予測(1/8〜1/10)スイス気象局

福島セシウム急増:まだまだ要注意!今日の放射能拡散予測(1/7〜1/9)スイス気象局

緊急速報:福島、関東は要注意!

速報:福島セシウム急増!マスクして!

マスクは有効!放射性物質、風で再浮遊・今日の放射能拡散予測(11/12〜11/14)スイス気象局





「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日1/19(木曜)から明日1/20(金曜)午前中までは、関東・信越、東海・近畿・北陸、中国、四国と広範囲に飛散しそうです。



★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間1/17(火曜)午前3:00〜1/19(木曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局




---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)



posted by news at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。