話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年01月20日

福島セシウムやや減少&東京でもセシウム!

福島セシウムやや減少&東京でもセシウム!

福島のセシウム降下量が、少し減りました。

セシウム134+セシウム137=
12.9+13.4=26.3 MBq/km2

と、昨日の半分でした。


以下、最新データ

定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第23報)
平成24年1月20日 14時現在
http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu23.pdf

ヨウ素131 セシウム134 セシウム137

12月27日9時〜12月28日9時ND 14.8 23.4
12月28日9時〜12月29日9時ND 5.36 ND
12月29日9時〜12月30日9時ND 35.7 51.9
12月30日9時〜12月31日9時ND 29.0 40.7←地震1
12月31日9時〜1月1日9時ND 6.57 8.10
1月1日9時〜1月2日9時ND ND ND(未測定?)←地震2
1月2日9時〜1月3日9時ND 180 252←4号機水漏れ
1月3日9時〜1月4日9時ND 54.3 71.8
1月4日9時〜1月5日9時ND 18.9 26.0
1月5日9時〜1月6日9時ND 10.9 17.0←3号機Cs3倍に
1月6日9時〜1月7日9時ND 30.8 40.5
1月7日9時〜1月8日9時ND 37.1 53.7←地震3
1月8日9時〜1月9日9時ND 58.4 79.4
1月9日9時〜1月10日9時ND 10.4 18.2
1月10日9時〜1月11日9時ND 37.4 48.1
1月11日9時〜1月12日9時ND 26.2 34.4
1月12日9時〜1月13日9時ND 26.4 37.2←地震4&5、
                    2号機原子炉温度急変
1月13日9時〜1月14日9時 ND 7.67 10.5←2号機原子炉温度急変
1月14日9時〜1月15日9時ND 13.5 21.1←2号機原子炉温度140℃超え
1月15日9時〜1月16日9時ND 81.7 115←2号機原子炉温度140℃超え
1月16日9時〜1月17日9時ND 14.5 24.0←2号機原子炉温度急低下
1月17日9時〜1月18日9時ND 23.9 33.9←2号機原子炉温度零下
1月18日9時〜1月19日9時ND 12.9 13.4←new地震6


2011年12月27日からの総合計

セシウム134  セシウム137
合計:736.4 1020.3 総合計:1756.6(MBq/km2)


地震6
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20120118121000.html
情報発表時刻 2012年1月18日 12時13分
発生時刻 2012年1月18日 12時10分 ごろ
震源地 福島県浜通り
緯度 北緯37.2度
経度 東経140.7度
深さ 10km
規模 マグニチュード 4.2
震度3 福島県 福島県中通り 田村市 田村市滝根町




1月18日9時〜1月19日9時の福島の天気を確認してみます。

http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2012&month=1&day=18
18日は、風速0〜4m、主に南の風。降雨降雪なし。
19日0時〜早朝9時までは、風速0〜2m、主に南の風。降雨降雪なし。
昨日(1月17日9時〜1月18日9時)に引き続き、気象的には穏やかでした。



続いては、東京の最新データ

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/keisoku-2401.pdf
(平成24年1月1日〜19日)平成24年1月20日

ごく微量ですが、大気中にセシウムが観測されています。
以下、検出された部分のみ抜き出し。

単位(Bq/m3)
計測日     採取時間 
    セシウム134 セシウム137

1月20日 1月18日15時〜1月19日15時 
      0.0003  0.0003
1月19日 1月17日15時〜1月18日15時
      0.0002
1月12日 1月10日15時〜1月11日15時
      0.0002
1月5日  1月2日15時〜1月2日15時
      0.0001

1月2日は、福島で降下量が400超えた日。
1月8日9日は、福島でまた激増した日。
1月15日16日は福島で約200に急増した日。

少しずれてるけど、もしかして、福島のセシウムが流れてきてる?
それとも、東京で放射性物質の付着したガレキを焼却しているせい?

何かが、じわじわ迫った来ているような気がします。



武田先生が、この福島のセシウム急増の原因は、「瓦礫とゴミの焼却」から出ている可能性が高くなってきたと言われています。
もし「瓦礫とゴミの焼却」が原因ならば、これからずーーーーーっと続くんですよね。
放射性物質の付着したガレキとごみがなくなるまで。。。
しかも、国策&強要で、全国にセシウムがれきが拡散中だから、これから全国規模で同じような「セシウム降下急増」が起きるということ??!!


http://takedanet.com/2012/01/4_ba65.html
4号機とセシウムの基礎知識 (4) セシウム飛散の原因(速報)
武田邦彦(平成24年1月20日)

福島のセシウムが急に増えたのは、どうも「瓦礫とゴミの焼却」から出ている可能性が高くなって来ました。
各地で瓦礫やゴミが燃やされています。この煙突からでている煙の測定が行われていませんので、きわめて危険です。自治体の市長は「お金がもらえるから、福島の人を助けるフリをして受け入れる」と言っていますが、福島は瓦礫の処理設備が必要で、他の自治体が瓦礫の受け入れをすることは、福島の人を苦しめ、汚染を拡大します。




セシウム急増の原因がいまだにはっきりしませんので、引き続き、気をつけたほうがいいと思います。




関連記事&動画↓↓

また増加、福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/19〜1/21)スイス気象局

まだ降り続く福島セシウム・今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局

激増!福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/17〜1/19)スイス気象局

また増加!福島セシウム&2号機温度140℃突破!・今日の放射能拡散予測(1/16〜1/18)スイス気象局

福島セシウム量、やっと下がった!・今日の放射能拡散予測(1/15〜1/17)スイス気象局

福島セシウム減らず&2号機温度乱高下・今日の放射能拡散予測(1/14〜1/16)スイス気象局

降り止まぬセシウム、福島

千葉セシウム降下止まらず!福島また増加・今日の放射能拡散予測(1/12〜1/14)スイス気象局

セシウム降下、注意継続を!今日の放射能拡散予測(1/11〜1/13)スイス気象局

福島セシウム、また3倍に増加!・今日の放射能拡散予測(1/8〜1/10)スイス気象局

福島セシウム急増:まだまだ要注意!今日の放射能拡散予測(1/7〜1/9)スイス気象局

緊急速報:福島、関東は要注意!

速報:福島セシウム急増!マスクして!

マスクは有効!放射性物質、風で再浮遊・今日の放射能拡散予測(11/12〜11/14)スイス気象局



「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。