話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年02月14日

福島セシウム超激増!2号機温度400度超えた!・今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局

福島セシウム超激増!2号機温度400度超えた!・今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局

毎日毎日、ハラハラドキドキ。
全然安定しない福島原発。
今日は、久々にびっくり!が2つ。

一つ目は挙動不審が続く2号機原子炉の温度が一気に400℃超えに!

二つ目は、福島のセシウム降下量が、激増。
数日落ち着いていたと思ったら、なんということ!


まずは、2号機から。

ハラハラさせる2号機の原子炉温度ですが、なんと、100℃どころか、一気に、400℃を超え、針が振り切れてしまいました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000878-yom-sci
2号機温度計の上限振り切れる
2号機原子炉温度計「確実に故障」…回路に異常
読売新聞 2月13日(月)20時42分配信
 東京電力は13日、温度上昇を示していた福島第一原子力発電所2号機の原子炉圧力容器底部の温度計が同日午後の点検後、記録上限の400度を超えて振り切れるなど、異常な数値を示したと発表した。
 東電は「ほぼ確実に故障している」とみている。温度計は炉心溶融で高温にさらされた後、湿度の高い環境に置かれていた。
 東電は同日午後2時頃から、中央制御室内で温度計の電気回路の点検を実施。回路の電気抵抗が通常より大きく、温度計の指示値が高く出やすいことが判明した。検査直後、回路を元に戻した際には342度を示し、一時振り切れるまで数値が上昇した。
 温度計は、2種類の金属を接合したセンサー(熱電対(ねつでんつい))で温度を検知する。センサーが熱を受けると電流が流れる仕組みで、回路に異常が生じたために電圧が変化し、極端な値が表示された可能性がある。 最終更新:2月13日(月)20時42分



今まで徐々に100度近くになっていた温度計、東電が「点検」を行った途端に、一気に400度を超えて、針が振り切れた!!
この図だと一目瞭然。図中に「点検」の文字も。

2012年2月13日 福島第一原子力発電所2号機 原子炉圧力容器下部温度(底部ヘッド上部) 温度(TE-2-3-69H1)の状況
図5 RPV 底部ヘッド上部温度計指示値(0°)(1 秒サンプリング)挙動例



一体どんな「点検」を行ったんでしょうかねぇ。
何かを隠すために、故意に温度計を狂わせたようにしか思えない「点検」作業。
ほんとうに、原子炉内で、何らかの問題が起きていないことを祈るのみです。

昨夜の東電会見では、やはり、ほぼ計器の故障と言っていました。
再度、「予想通り」。

昨日の記事でも書いたように、私も温度計の故障だと信じたいけど、でも、まだ疑っています。

小出先生のお話では、測定器自体の信頼性はなく、今回はやはり、温度計の故障だろうとのことです。
また、キセノンが出ていないと東電が公表しているから、再臨界でもないだろうとのことです。
「温度計で、温度を測る事自体、意味がないのです、燃料はすでに、そこにないのだから」
確かに。
いつも、小出先生のお話を聞くとほっとします。
20120213 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


でも、私は、燃料の一部はまだ残っていて、それがこの事態を引き起こしているように思えるんですが。。。
東電発表のキセノンデータは信じられないけど、ただ、各地の空間線量も今のところ顕著な変動は見られないし。。。
あーーー、分かりません。
なにわともあれ、あとしばらく、見守るしかないかな。





次に、これも気になる福島のセシウム降下量です。
昨日の発表では、激増していました。

http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu47.pdf
定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第47報)
平成24年2月13日 17時現在
(単位:MBq/km2)

ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 合計

2月1日9時〜2月2日9時ND 32.6 39.0  71.6
2月2日9時〜2月3日9時ND 9.26 15.1 24.36 2号機温度上昇傾向開始
2月3日9時〜2月4日9時ND 13.4 17.3 30.7 注水量増量開始
2月4日9時〜2月5日9時ND 7.19 11.9 19.09  70度超え
2月5日9時〜2月6日9時ND ND ND
2月6日9時〜2月7日9時ND 4.17 ND   4.17
2月7日9時〜2月8日9時ND 24.9 38.5 63.4
2月8日9時〜2月9日9時ND 32.3 46.1  78.4
2月9日9時〜2月10日9時ND 4.07 9.01 13.08
2月10日9時〜2月11日9時ND 4.45 6.46 10.91
2月11日9時〜2月12日9時ND 98.2 139 237.2 ←new 


これは、先月1月2日に記録した、
1月2日9時〜1月3日9時
1.2.09AM?1.3.09AM ND 180 252 432
に次ぐ大きな数値です。


福島セシウム増加中&CTBT最新・今日の放射能拡散予測(2/10〜2/12)スイス気象局
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1285/2012/02/1285_020118.pdf
定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第35報)
平成24年2月1日 14時現在
(12月27日〜1月31日9時までの一覧)



前日に比べたら、一気に、20倍強の激増で、恐怖です。
突風でも吹いたのでしょうか?
いつものように、お天気チェックしてみます。
http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2012&month=2&day=11
2月11日9時〜2月12日0時
北西の風、風速1〜6m、降雨なし、降雪2cm、晴
2月12日0時〜2月12日9時
風向き不定、風速0〜2m、降雨0〜0.5mm、降雪2〜5m、

大本営の説を引用して考えると、12日深夜は、風も弱く、雪が降り積もっていますので、舞い上がりは難しいでしょうから、日中の風による舞い上がりということになるようですね。
今まで見てきた経験では、このくらいの風(風速6m)で、数値が大きくなったこともありましたが、でもここまで大きな数値は初めてのような気がします。。。
ちょっと、納得出来ない感じが。

2号機原子炉の温度が上昇を始めたのが、今月初め頃から。

それとほぼ同じタイミングで、このセシウム降下量の激増。

福島第一原子力発電所2号機 原子炉圧力容器下部(底部ヘッド上部/支持スカートジャンクション上部)温度(参考値)
(2月1日からの温度データ一覧表)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120213_08-j.pdf


2号機原子炉で何かが起きて、新たなセシウムを福島市内へ運んできたことも、この激増の一因のような気もするんですが。。。
もし、2号機が原因とすると、セシウム降下量の多さが納得できるのですが。
でも、風向きが違うから、微妙かなぁ。
単なる偶然の一致かもしれないけど、なんだか、不気味。



それにしても、油断大敵です。
注意事項、再掲。

1.外出は控えて。
2.マスクして。
3.外出から帰ったら、服は玄関先で、はたいて。
4.子供の服は頻繁に洗濯を。
5.まもなく、水道や葉物野菜が汚れる。
6.とりあえず、福島、関東は要注意。

緊急速報:福島、関東は要注意!

気を引き締めて、自己防衛を続けましょう。


今年になってから、日々の全国のデータがないので、福島だけを取り上げていますが、この傾向は、その他の汚染されている地域にも共通かと思いますので、同じように、気をつけて。




関連記事&動画↓↓

2号機90℃超えた!でも温度計の故障?!・今日の放射能拡散予測(2/12〜2/14)スイス気象局

浄水発生土からセシウム!群馬 不検出のマジック・今日の放射能拡散予測(2/11〜2/13)スイス気象局

*2号機について
ところで、気になる2号機の原子炉温度ですが、なかなか下がりません。
高温安定?状態です。11日午後11時に74.9℃になり、「冷温停止状態」宣言後、最高温度になりました。


福島セシウム増加中&CTBT最新・今日の放射能拡散予測(2/10〜2/12)スイス気象局

2号機4号機とセシウム降下・今日の放射能拡散予測(2/9〜2/11)スイス気象局・今日の放射能拡散予測(2/9〜2/11)スイス気象局

福島セシウム降下急増、やっと正式見解

春野菜の汚染はどうなる?!福島セシウム降下・今日の放射能拡散予測(1/31〜2/2)スイス気象局

先月の2.4倍に!福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/29〜1/31)スイス気象局

10倍に激増!福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/28〜1/30)スイス気象局

まだまだ続く福島セシウム降下・今日の放射能拡散予測(1/26〜1/28)スイス気象局

福島セシウムやや減少&東京でもセシウム!

また増加、福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/19〜1/21)スイス気象局

まだ降り続く福島セシウム・今日の放射能拡散予測(1/18〜1/20)スイス気象局

激増!福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/17〜1/19)スイス気象局

また増加!福島セシウム&2号機温度140℃突破!・今日の放射能拡散予測(1/16〜1/18)スイス気象局

福島セシウム量、やっと下がった!・今日の放射能拡散予測(1/15〜1/17)スイス気象局

福島セシウム減らず&2号機温度乱高下・今日の放射能拡散予測(1/14〜1/16)スイス気象局

降り止まぬセシウム、福島

千葉セシウム降下止まらず!福島また増加・今日の放射能拡散予測(1/12〜1/14)スイス気象局

セシウム降下、注意継続を!今日の放射能拡散予測(1/11〜1/13)スイス気象局

福島セシウム、また3倍に増加!・今日の放射能拡散予測(1/8〜1/10)スイス気象局

福島セシウム急増:まだまだ要注意!今日の放射能拡散予測(1/7〜1/9)スイス気象局

緊急速報:福島、関東は要注意!

速報:福島セシウム急増!マスクして!

マスクは有効!放射性物質、風で再浮遊・今日の放射能拡散予測(11/12〜11/14)スイス気象局





「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



--------------------------------------------------------------------



今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日2/14(火曜)から明日2/15(水曜)午前中は、東北地方から関東地方までのいずれも東部太平洋沿岸地域一帯へ広く飛散しそうです。




★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間2/13(月曜)午前3:00〜2/15(水曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)



posted by news at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。