話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年03月16日

ガレキ広域処理に大反対!

ガレキ広域処理に大反対!

昨日に引き続き、震災がれきについて。

今日は、二木啓孝さんのお話です。
こちらも、なかなか興味深いお話でした。

地元が望んでいないガレキの広域処理を、なぜ、国は強引に全国に拡散しようとするのか?

それは。。。。



そして、最後のこの一言、


ガレキの広域処理に関する、

「自治体及び腰、遅々として進まない、住民の反対」というマスコミの報道は、全部、嘘。


インパクトありました。




後々のためにも、以下要点を書き起こししておきます。
動画は、この下へ。



ーーー以下書き起こしーーー

被災3県のがれきの推定量は、だいたい2200万トン。
阪神淡路大震災のガレキは、2000万トン。
この阪神淡路大震災のガレキ2000万トンは、3年間で、全部神戸市が処理した。
実質2年でやった。
どうやって処理したか?
コンクリート系ガレキと、木で出来たガレキに分けた。
コンクリート系ガレキは、神戸港の液状化を防ぐための基礎材料にした。
木で出来たガレキは、焼却処分にした。
焼却処分をして更に残ったものを埋め立てに使った。


野田総理は、(被災3県の震災がれき)2200万トンをみんなで負担してくれと言っているが、地元の人たちはどう言っているのか?


例えば、陸前高田市・戸羽市長の場合(下記関連記事@参照)
陸前高田の市内にガレキ処理の施設を作れば、雇用も生まれるし自分たちでも処理できると県に相談したら、門前払いで断られた。
現行の法律にないので色々手続きがあるので無理ですと言われた。
1000年に一度なんだから、前例がないに決まっているのに。
自分達で雇用を生んで、護岸工事に使いたいのに、門前払いを食らった。


これも岩手県。
岩泉町の伊達町長の場合。(下記関連記事A)
早く片付けなければいけないと言うが、まずは、被災地から山に運んで、そこから片付ければ、地元に雇用が生まれお金が落ちてくる。
今再建する町からガレキを山へ移せば、とりあえず処理しなくても大丈夫。
税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるんだ。


南相馬市・桜井市長
なぜ、運び出さなければいけないのか?
放射性物質に汚染されたガレキは別にして、南相馬は、津波を食らったから、護岸工事をしたい。
南相馬で出た災害がれきを護岸工事の基礎工事に使いたい。
防潮堤に使いたい。18キロ使いたい。
南相馬のガレキでは足りないので、三陸から持ってきたい。
これを、県と国に言ったが、うちの所管じゃないと言われ、
環境省、国土交通省、厚生労働省、総務省、どこへ行ってもこのことを受け入れてくれない。



今必要なのは、地元で使えるんだから、なんでそういうふうにしないのかが地元の声。


2200万トンを全国に持って行くとすれば、10トン積のダンプカーで換算すると、220万台分。
220万台が全部税金で全国を走り回ることになる。
わざわざ税金で外へ運び出し、(被災地は)わざわざ、護岸工事用に新しいコンクリートを買う。
税金の二重の無駄だと思いませんか?


例えば、
東京都は50万トン引き受けると言ったが、東京は、今、ゴミ処理場の夢の島が満杯状態。これに50万トン加算されるから、極端に言えば、それだけ、ゴミ収集処分が遅れる。
また、全国に2200万トンを全国で処理するとなると、新しいプラントも必要になるだろうし、なぜ、広域処理しようとするのか、なぜ引き受けるのが絆の証だというのか分からない。


中央から人が来ない。
視察はするけれども、持ち帰っても何の結果も出てこない。
宮城は、57%しか要望が通らなかったと村井知事は怒っていた。(下記関連記事B参照)

陸前高田市・戸羽市長の話や岩泉町の伊達町長の話は、地元の新聞には出ているが、でもマスコミはこれを書かない。
新聞もテレビも(瓦礫を受け入れないのが)まるで住民のエゴといわんばかりに「瓦礫処理遅々として進まず」のような記事を書く。
なぜ、こんな政府寄りのキャンペーンをするのか。

関東大震災の時の瓦礫は、みんな地元で処理した。
例えば、「戸越銀座」は、1923年の関東大震災後、銀座の瓦礫をここに運び、低地を埋め立てたことから『戸越銀座』と命名された。

「戸越銀座(とごしぎんざ)」ウィキペディアWikipedia


なぜ、東京のマスコミは、野田のような現場も知らない人の話ばかりで、「絆が試される」とかよく平気で書くなぁと思う。
現実が全然見えていない。
役人も、一日か二日、被災地へ行って回れば(分かるが)、瓦礫がうずたかく積みあがっているところは、自治体の再生計画がまだ出来ていないから置いてあるのであって、復興計画が出来て初めて動かせるもの。

テレビで、瓦礫がうずたかく積みあがっている場面を映し出し、まだ進んでいませんと強調するが、それは間違い。

地元の人たちが、何を求めているかが分かれば、がれきの広域処理なんていう話はない。

石巻でも、震災1ヵ月後に、再生プランを作っていたが、その中に瓦礫再利用がある。

野田総理は、全国が引き受けてくれなければ、国有林を伐採して、そこに置くとも言っているが、なぜ?(下記関連記事C参照)

2200万トンを10トン積のダンプカー220万台で全国に持って行くとか、
産廃の新しい施設を作ってとか、

誰かが儲けようとしているとしか思えない、税金で。


「自治体及び腰、遅々として進まない、住民の反対」という報道は、全部、嘘。

ーーー書き起こしここまでーーー

二木啓孝さんのお話 (3月14日)
「 瓦礫の広域処理に疑義 」 via 文化放送くにまるジャパン(120314)




関連記事@
被災地の本当の話を知るべし! 陸前高田市長が見た「規制」という名のバカの壁とは?
http://www.cyzo.com/2011/08/post_8323.html
岩手県 陸前高田市長 戸羽 太 氏
『陸前高田市内にがれき処理専門のプラントを作れば、自分たちの判断で今の何倍ものスピードで処理ができると考え、そのことを県に相談したら、門前払いのような形で断られました。現行法に従うといろいろな手続きが必要になり、仮に許可が出ても建設までに2年はかかると言うんです。ただそれは平時での話であって、今は緊急事態なんですね』
(日刊サイゾー2011年8月)


関連記事A
岩手県 岩泉町長 伊達 勝身 氏
『現場からは納得できないことが多々ある。がれき処理もそうだ。あと2年で片付けるという政府の公約が危ぶまれているというが、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。
もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか』
(2012年2月28日朝日新聞岩手地方版)
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001202290001


関連記事B
【復興交付金】 宮城・村井知事「あまりにもひどい」 初回配分額、申請の57%に抗議 一方、岩手の配分額は満額に近い95%
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120304ddlk04040047000c.html
 村井嘉浩知事は3日、仙台市内で開かれた会合で同席した郡和子内閣府政務官(宮城復興局担当)
に対し、東日本大震災の復興に向けた「復興交付金」の県への初回配分額が申請額の57%にとどまったことに抗議した。配分額が決まった2日以降、政府への怒りが収まらない村井知事だが、被災市町の関係者からは申請段階での県と市町の調整不足が背景にあるとの声も上がっている。
 「あまりにもひどい。これだと県も市町村もまったく何もできない」。被災者の「二重ローン問題」 に対応する政府の東日本大震災事業者再生支援機構の発足式終了後、知事はその場で郡氏と数分間立ち話をし、強く抗議。郡氏は「重く受け止めたい」と述べるにとどめた。知事は6日、平野達男復興相に正式に抗議する考えだ。
 県への配分額が申請額の6割に満たなかったことについて政府は「十分中身が練られていない申請もあった」(平野氏)と理由を説明している。県内の自治体別では石巻市の交付率がわずか31%に
とどまる一方、岩手県への配分額は約95%の798億円で、満額に近かった。
 南三陸町の職員は「とりまとめ役の県があまり力を発揮していない。問い合わせをしても県庁内を
たらい回しにされることがある。復興庁からも『県と連携してるんですか』と言われた」と県の
調整力不足を指摘している。
▽毎日新聞



関連記事C
がれき処理 必要なら国有林活用検討
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120312-916497.html
自民党の川口順子氏が国有林活用を再三求めたのに答えた
野田佳彦首相は12日の参院予算委員会で、東日本大震災で生じたがれき処理に関し「既設処分場の活用を徹底する。どうしても必要があれば国有林も活用する判断をしていきたい」と述べた。自民党の川口順子氏が国有林活用を再三求めたのに答えた。
 [2012年3月12日22時29分]






関連記事&動画↓↓


ガレキで首相官邸を作って欲しい...小出先生・今日の放射能拡散予測(3/14〜3/16)スイス気象局

焼却場と福島セシウム降下量・今日の放射能拡散予測(1/23〜1/25)スイス気象局

世界も心配!日本の汚染がれき問題・今日の放射能拡散予測(1/2〜1/4)スイス気象局

不安が募る、大阪の被災地ガレキ焼却問題・今日の放射能拡散予測(12/29〜12/31)スイス気象局

がれき焼却には、放射能捕捉フィルターを!・今日の放射能拡散予測(12/22〜12/24)スイス気象局

ゴミ・ガレキ焼却でセシウム再拡散!・今日の放射能拡散予測(11/5〜11/7)スイス気象局

汚染瓦礫の焼却は危険!・今日の放射能拡散予測(8/27〜8/29)
今日は、ガンダーセン博士の最新動画です。




「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------

★本日3月16日(金曜)午前8:00現在、更新されていませんので、昨日の分を再掲します。
ご了承ください。


今日の放射能拡散予測(3/14〜3/16)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日3/15(木曜)は、大部分が太平洋上へ流れ本土への飛散はなさそうですが、明日3/16(金曜)午前中は、福島から関東地方のいずれも太平洋沿岸沿い地域一帯へ飛散しそうです。



★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間3/14(水曜)午前3:00〜3/16(金曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(3/14〜3/16)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(3/14〜3/16)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)




posted by news at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。