話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年03月28日

原発排水「クエ」を救え??!・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発排水「クエ」を救え??!・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局

1月に、原発排水を利用した真鯛・アワビ・サザエの養殖の記事を書きましたが、

<食と放射能汚染>原発温排水で真鯛・アワビ・サザエ養殖・今日の放射能拡散予測(1/21〜1/23)スイス気象局

またもや、同じように、原発温排水を利用した魚介類、今回は、「クエ」の養殖の記事が目に留まってしまいました。
気がついた以上は、やはり、書いておくべきだと思って、掲載します。

ちょっと長いけど、まずは全文を引用;


http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001203210002
クエ救え 浜岡原発温排水停止で養殖危機
2012年03月21日
中部電力浜岡原子力発電所の全炉停止で温排水の供給が止まり、危機に陥っていたクエやマダイなどの養殖を継続させようと、県が対策に乗り出している。ポンプでくみ上げた海水を、ボイラーで温めて高級魚などを育てようという作戦だ。対策費は、国から4年で約10億円。県は出荷数量は維持できるとみるが、先行きは不透明だ。
御前崎市の浜岡原発は、発電用タービンを回し終えた蒸気を冷やすのに海水を利用している。蒸気を冷やして温度が高くなり排出されるのが温排水。中電は、原発から温排水と、自然海水をそれぞれ日量1万5千トンずつ、県側に無償提供してきた。
 年中無料で供給される大量の温排水のおかげで原発に隣接する「県温水利用研究センター」はクエの養殖に成功。マダイ、ヒラメの稚魚を孵化(ふか)・育成し、年2回、海に放流してきた。
 県によると、県沿岸でとれるマダイの3割、ヒラメの2割は放流もの。マダイは5割を占めた年もあるという。
 ■サイクル見直し
 だが昨年5月、原発は全炉停止し、温排水の供給も止まった。温排水が途絶えたことで、特に、海水温が下がる冬や春、マダイやヒラメの産卵停止や、稚魚の生育の遅れ、寒さに弱いクエの病死などが懸念されている。
 県は1月までに約3千万円をかけて研究センターに大型ボイラーを新設。当面、原発からの海水の一部を温め、養殖用の水槽に供給している。ボイラーの燃料代は4年間で約1400万円を見込む。
 さらに、養殖サイクルを見直した。温水が使える水槽は限られるため、1歳以上のクエの養殖には温水を使わない。また冬から春に各2回ずつ行ってきたマダイとヒラメの採卵、孵化(ふか)、育成、放流のサイクルを見直し、時期が重ならないように各1回に変更した。
 ■国が10億円負担
 新年度には、本格的な手を打つ。養殖には常に新鮮な海水の循環が不可欠で、原発用ポンプを養殖のためだけに稼働させると高コストなため、中電に、養殖向けの水中ポンプ2基(日量1万5千トンと同5千トン)を新設してもらう。
 新設費は2億2千万円。4年分の運転・維持管理費は約7億2500万円を見込む。電気代は中電の利益を含んだ料金。全額の約9億5千万円を、国からの交付金約10億円から支払う。
 県は「余裕をみており、実費だけ支払う」とする。またマダイやヒラメ、アワビなどが出荷できなくなると県内経済に1年で約11億円の悪影響が出ると試算しており、「費用以上の効果がある」と説明する。
 ■「見通し立たぬ」
 県は、この対策で稚魚などの出荷数量は維持できると見込む。一方、クエの養殖期間は従来の2〜3年が、4〜5年に延びるとみる。マダイやヒラメの放流回数が2回から1回に減ることで、引き受ける漁業者にしわ寄せがいくという。
 県の担当者は「初めての取り組みで計画通りにいくとは限らない。何より原発がどうなるのか、今後の見通しが立たない」と不安も漏らした。(上沢博之)
 ◇クエ 1キロ当たり1万円以上するものもある高級魚。深海にすみ天然ものの漁獲高は少ない。御前崎市の県温水利用研究センターは、浜岡原発の温排水を利用してクエの孵化から育成までの「完全養殖」に全国で初めて成功。「御前崎クエ料理組合」もつくられ、冬の味覚になっている。小ぶりだが値段が手頃で、鮮度がいいのが売り。年間約2千〜4千匹が養殖される。

ーーー引用ここまでーーーー

関連リンク;

中部電力浜岡原子力発電所
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/index.html

温排水で養殖漁業を支援
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_kankyo/onhaisui/index.html





問題点は、今更言うまでもないですよね。
つっこみどころ満載の記事ですね。(笑)


1.原発温排水には、当然、ろ過してもろ過しきれない残留放射性物質が含まれているのはご存知の通り。
国際法で定められた原発の排水基準値は、1リットルあたりヨウ素40ベクレル、セシウムは90ベクレル。
ところが、原発温排水利用と誇らしげに謳った中部電力のHPには、健康上一番大事なこの残留放射性物質の「検出限界値」も、測定データも掲載されていません。
残念です。
私たちは、基礎知識として、ヨウ素40ベクレル、セシウム90ベクレルが含まれているということを知っておくべきでしょう。
また、全くろ過できない「トリチウム」も当然ながら100%含まれています。
こんな水をたっぷり飲んで育つんですね、クエやマダイやヒラメやアワビは。

  トリチウムの恐怖については、下記記事へ。

暴露!ICRP規準に根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(12/30〜1/1)スイス気象局


2.「中電は、原発から温排水と、自然海水をそれぞれ日量1万5千トンずつ、県側に無償提供してきた。」

  「無償提供」、つまり、寄付金と同じで、これも、当然、私たちが支払っている電気料金、この場合は、中部電力を使用している皆様の電気代に上乗せされているお金から提供されています。もとを正せば、「タダ」「無償」ではないんですけどね。


3.「新年度には中電に、養殖向けの水中ポンプ2基(日量1万5千トンと同5千トン)を新設してもらう。新設費は2億2千万円。4年分の運転・維持管理費は約7億2500万円を見込む。
電気代は中電の利益を含んだ料金。全額の約9億5千万円を、国からの交付金約10億円から支払う。」

ほらほら、また、お金がかかってますよねえ。
「10億円は国からの交付金から払う」、これ、つまり、私たち国民の税金です。


つまり、本(もと)を正せば、ぜ〜んぶ、私たち、一般国民の税金や電気代なんですよね、原発の魚介類の養殖事業って。
そこまでして、「クエを救え」って。。。。
その上、確実に放射性物質が含まれているんですものねぇ。


3.11以降、原発の真実を知ってしまった今、こんな「クエ」、どれだけ「食え」と言われても、やっぱり、ちょっと、遠慮したいかな、個人的には。

養殖事業に従事されておられる方々には申し訳ないけど。







<食と放射能汚染>関連記事&動画↓↓


<食と放射能汚染>全然使えない、牛乳の放射性物質検査結果・今日の放射能拡散予測(3/1〜3/3)スイス気象局

放射能タバコ、発売中・今日の放射能拡散予測(3/5〜3/7)スイス気象局

水道水セシウム10Bqに。ストロンチウムは?トリチウムは?・今日の放射能拡散予測(2/18〜2/20)スイス気象局

<食と放射能汚染>本当に怖いのは魚介汚染 福島原発事故・今日の放射能拡散予測(2/15〜2/17)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳児は牛と同じ!?新規制値・今日の放射能拡散予測(2/4〜2/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発温排水で真鯛・アワビ・サザエ養殖・今日の放射能拡散予測(1/21〜1/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能無縁!?真水育ちのクロマグロ・今日の放射能拡散予測(1/5〜1/7)スイス気象局

<食と放射能汚染>岩手原乳もセシウム止まらず・今日の放射能拡散予測(1/3〜1/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>徳島の光食品、検出限界1Bq/kg検査も!・今日の放射能拡散予測(12/31〜1/2)スイス気象局

暴露!ICRP規準に根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(12/30〜1/1)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城原乳、セシウムが止まらない・今日の放射能拡散予測(12/24〜12/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/17〜12/19)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城の牛乳、ヤバい!?・今日の放射能拡散予測(12/14〜12/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>NPO法人TEAMニ本松「市民放射能測定所」・今日の放射能拡散予測(12/12〜12/14)スイス気象局

<食と放射能汚染>明治粉ミルクからセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/6〜12/8)スイス気象局

<食と放射能汚染>大豆、一検体検査で全量出荷ok 栃木・今日の放射能拡散予測(12/4〜12/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能汚染から身を守る“除染食”のススメ

<食と放射能汚染>「冷凍ほうれん草」からセシウム!・今日の放射能拡散予測(10/29〜10/31)スイス気象局

<食と放射能汚染>サカナは食べられるか?・今日の放射能拡散予測(10/26〜10/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「放射能汚染危険度食品リスト」と「セシウム137 野菜への蓄積率」・今日の放射能拡散予測(10/24〜10/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>グリーンピース「秋のお魚調査」結果発表・今日の放射能拡散予測(10/21〜10/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島米農家、孫には「他で買ってくれ」と...・今日の放射能拡散予測(10/16〜10/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>セルフサービスで、放射性物質検査「ベクミル」・今日の放射能拡散予測(10/7〜10/9)スイス気象局

<食と放射能汚染>日本人は、今までどのくらいのセシウム米を食べていたか?・今日の放射能拡散予測(10/4〜10/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>今年の秋は、セシウムの秋・今日の放射能拡散予測(10/3〜10/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>魚介類と土の汚染・今日の放射能拡散予測(9/30〜10/2)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳から放射能検出!?241Bq/L ・今日の放射能拡散予測(9/10〜9/12)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所

今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?

今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。







「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日3/28(水曜)から、明日3/29(木曜)午前中にかけても、昨日に引き続き、大部分が太平洋上へ流れ、本土への飛散はなさそうです。



★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間3/27(火曜)午前3:00〜3/29(木曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。