話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年04月06日

「再稼動はありえない」元東電社員木村俊雄さん、爆弾証言!

「再稼動はありえない」元東電社員木村俊雄さん、爆弾証言!

今までも何度か様々なメディアで暴露話や告白証言をされていた木村俊雄さんですが、今回も、その主張は今までと変わらず、ブレがなく、原発に危機感を持ち、真摯に語られています。

今回は原発再稼動問題について。
元東電社員で福島第一原発で実際に原子炉の運転に携わってこられた方だからこそ、原発の内情を知る人だからこそ話せる大変重い証言です。

今回、メジャーなテレビ番組への出演で語られるということに、大きな意義があり、インパクトも大きいのではないかと思います。

テレビ以外のメディアには普段なじみのない人たちにも、その証言が影響を与えるのではないでしょうか。

また、お話された内容は、別に東電に限らないと思います。

他の電力会社の原発にも共通する問題ではないかと思います。
規制側の国と電力会社、同じ関係ですから。



とても大事なお話だと思いますので、ここに掲載させて頂きます。


要約:

●運転日記の書き換えをやっていた。
都合の悪い事は、コンピューターにアクセスして書き換えた。
規制側は、技術力がないから、分からない。
●安全審査の過酷事故に津波はタブー。
メルトダウンの恐れを指摘するも、対策はとられなかった。
●世界の地震学会の定説に合わせると、日本では原発は造れない。
みんな知っていること。知っているのに知らないふりをしている。
●保安院はズブの素人、技術力は甚だ疑問。
●ストレステスト評価手法はまるで漫画の世界。理屈ぬきに再稼動はありえない。



今後のためにも、以下、書き起こしておきます。
(動画はこの下へ)



ーーー東京電力元社員の木村俊雄さん。
社員時代は、福島第一原子力発電所の原子炉の運転などを担当。
今は、高知県で自給自足の生活。


木村さん:
「(停止中の原発は)まだ運転できる段階にはないと思う。
(福島第一原発は)ほとんどの重要機器が格納容器の中に入っているわけだから、その中がまだ近づけない状況において、故障原因も、どれがどのくらい壊れたのかさえもまだ洗い出していないのに。
格納容器の蓋さえ開いてない状況で、安全だ、妥当だとよく言えるもんだよね。



ーーー福島第一原発の原子炉の運転や制御棒などの管理をしていた木村さん。
原発を規制する政府側が様々なごまかしを行っていたと証言する。



木村さん:
「発電所の運転管理する上では、例えば、運転日誌を書き換えたりとか、そういうことはやっていた。
都合が悪い事は、コンピューターにアクセスして書き換える。
でも、書き換えても(規制側は)分からない。技術力がないから。
東京電力に手玉にとられていますよ、規制側は。
1991年の10月30日に福島第一原発の1号機で海水漏洩があり、タービン(建屋)の地下一階にある非常用ディーゼル発電機が水没し機能が喪失した。
『津波が来たら大変じゃないか。メルトダウンするんじゃないか』と言ったら、上司は『その通りだ。鋭いよね』と褒めてくれました。
『これは安全審査をやっている裏方の中では、津波を過酷事故の(想定)の中に盛り込むのは実はタブーなんだ』と。
その言葉を聞いた時に、僕は愕然としたし、そんなもんなんだなと思った。
耐震の指針もきちんと世界の地震学会の定説に合わせて造ったとすると、日本の国土には、原子力発電所は造れませんと。
知っているのに、知らないふりをしている。少なくとも電力会社の人間は知っている。



ーーー東電の体質を原発の実態に嫌気がさし、10年前に東電を退社した木村さん。
福島の事故後、業界の現実を語る決意をした。


木村さん:
「保安院などの規制側は)原子炉理論とかは原子炉工学科を出ていれば詳しいかもしれないが、実物は、実物を動かし、見た人間でないと分からないわけだから、そういう意味では、全くのズブの素人。
ストレステスト自体の評価手法も甚だ漫画のような世界だし。
保安院が、どれくらいの技術力を持っているか甚だ疑問だし、そういった人間たち、しかも政治かも一緒になって判断していること。
原子力安全委員会だって、本当は、まだダメだと言ってるわけじゃないですか。
それが一番もっともな答えであり理屈ぬきに再稼動はありえない。」



元東電社員木村俊雄氏 原発再稼動 わたしはこう思う




目下、焦眉の急は、関西電力・大飯原発再稼働のようです。

以下、大飯原発再稼動関連記事;


【政治】首相、大飯再稼働8日にも要請
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012040401002190.html
野田佳彦首相は4日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け8日にも枝野幸男経済産業相を同県に派遣し、西川一誠知事に協力を要請する方針を固めた。東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえた暫定的な安全基準を週内に決定。西川氏には暫定基準を満たせば再稼働の安全性は確保されると説明する。政府関係者が明らかにした。
夏場の電力需給の逼迫を見据え、経済停滞や市民生活への影響を回避するため、安全性確保を前提条件に再稼働は必要と判断した。 (共同)




【政治】原発再稼働、地元同意義務ない 藤村官房長官
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012040501001301.html
藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、定期検査により停止中の原発の再稼働に関し、地元の同意は必ずしも前提条件にならないとの認識を示した。



橋下市長「政権持たない」 大飯原発再稼働要請方針を批判
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120405/plc12040515090017-n1.htm
2012.4.5 15:08
 大阪市の橋下徹市長は5日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働に向け野田佳彦首相が同県に協力要請する方針を固めたことに関し「安全性をしっかりチェックした上で動かすという当たり前のプロセスをすっ飛ばした判断だ。政権は持たない」と批判した。
 同時に、安全基準をつくる過程が最も重要だとの考えを強調。「(原子力安全)保安院が、ぱっぱと安全基準をつくって、それでオーケーと判断するなら(政府に)もう統治能力はない」と苦言を呈した。市役所で記者団に述べた。




あの保安院が“安全対策”/大飯原発 再稼働へ暫定基準/いつまで国民欺くのか
http://news.livedoor.com/article/detail/6438807/
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けて、野田佳彦首相が経済産業省原子力安全・保安院に、原発の安全対策の暫定基準づくりを指示しました。「1日か2日でやってくれ」(藤村修官房長官)などと、再稼働を強行する免罪符にする思惑を隠しておらず、保安院を使って新たな「安全神話」づくりをはかるものです。
 保安院は東京電力福島第1原発事故を引き起こした重大な責任を負っている当事者です。しかも、規制機関を標ぼうしながら、原発推進のためには、電力会社に「やらせ」を繰り返し指導するなどした「前科」が国民に見抜かれ、本来、3月31日付で廃止され、新「規制庁」に吸収されることが決まっています。このような組織に、安全対策を任せること自体、国民を欺くものです。
 保安院は「安全神話」にどっぷり漬かり、数々の危険を見逃してきました。
 福島第1原発をはじめ、原発の地震・津波対策について日本共産党議員が国会で取り上げ、住民団体が要請してきても、保安院は電力会社の言い分をそのまま認め、対策を怠ってきました。福島第1原発事故が起きる前に東電は、巨大な津波が襲ってくる可能性があるという試算をし、保安院はそれを承知していたのに何の手だても打とうとしませんでした。事故はそのつけが最悪の形で表れたものです。
 さらに、福島第1原発事故後、国主催の原発シンポジウムで電力会社に“やらせ質問”を工作するよう指示していたことも発覚。保安院長自ら、国の安全行政に対する信用は「地に落ちている」と述べざるを得ませんでした。
 国会の事故調査委員会の聴取で、前保安院長が、欧米の規制機関に比べると保安院の専門性や知見は「弱い」と言うなど、規制機関としての資格と能力のないことを認めています。
 政府が今回、新たな暫定基準づくりを持ち出さざるを得なくなっているのも、「毎日」2日付の世論調査で、ストレステスト(耐性試験)の審査が「十分でない」と答えたのが84%に上るなど、ストレステストの欺まんを国民から見抜かれたためでした。
 この根源にあるのは、保安院や原子力安全委員会など政府の原子力行政そのものへの国民の不信です。にもかかわらず、新たな対策づくりを保安院に丸投げしてやらせても、原発の安全性をなんら保証できないし、国民の納得が得られないことは明らかです。 (三木利博)



http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012040500760
「安全基準」独自に検証=再稼働、不安解消が前提−京都知事 京都府の山田啓二知事は5日午後、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働をめぐり「国が基準を示すわけだから、京都府としても安心、安全を守るための筋は通す」と述べ、政府の暫定的な安全基準の内容について、府の専門家会議で独自に検証する考えを示した。府庁で記者団に語った。
 また、再稼働に地元の同意は必要ないとの見解を藤村修官房長官が改めて示したことには、「(福井、京都、滋賀3府県の)住民が納得できる形で再稼働するのでなければ、本当の意味での理解は得られない」として、安全性などに関する地元の不安解消が必要と重ねて指摘した。(2012/04/05-18:41)


http://www.nikkei.com/news/category/article/g
=96958A9C93819490E2E6E2E2908DE2E6E2E6E0E2E3E09790E3E2E2E2;at
=DGXZZO0195166008122009000000
滋賀県知事、大飯再稼働「あくまで同意求める」
 滋賀県の嘉田由紀子知事は4日、記者団に対し、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について「近隣自治体として(理解でなく)あくまで同意を求めていく」と改めて強調した。また「6月にまとまる国会の事故調査委員会の報告書を待たずに政府が最終判断してもいいのか」と語り、4月中の最終判断を目指す政府の姿勢に疑問を示した。
 一方、野田佳彦首相が再稼働の前提として「暫定的な安全基準」の作成を指示した点は「少しは慎重になったのかなと評価できる」と述べた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000120-mai-soci
<大飯原発再稼働>「なぜ焦る」周辺自治体、批判の声
毎日新聞 4月5日(木)23時26分配信
 野田佳彦首相と関係閣僚が大飯原発再稼働に向けた安全基準案について議論した5日、地元福井県は説明を受けていないとして静観の構え。周辺自治体からは拙速対応への批判が相次いだ。
 福井県の西川一誠知事は同日、報道陣の問いかけや記者会見の申し入れに応じず、沈黙を貫いた。県幹部も暫定的な安全基準について「公式には何も聞いていない」と語り、政府から正式な報告や説明があるまで静観する構えを示した。おおい町の原発担当者も「どのような安全基準が示されるか明らかにならない限り、判断のしようがない」と話した。
 一方、滋賀県の嘉田由紀子知事は「なぜそんなに焦るのか。手立てできていない対策を先送りして見切り発車をしないといけない理由を国民に示してほしい」と批判した。また、同県と京都府は同日、政府に福井県と同様の説明を申し入れたといい、「国民の命運をかけた判断。福井に説明に行くなら、滋賀、京都にも説明に来てもらいたい」と話した。
 大阪市の橋下徹市長も5日、「基準を慌てて作って、安全性の判断を1週間や2週間でできっこない。こんなことで安全性を認めたら日本は崩壊ですよ。半年はかかる。それぐらいのプロセスを踏んでほしい」と拙速な対応を批判した。
【佐藤慶、姜弘修、松野和生、原田啓之】


http://sankei.jp.msn.com/region/news/120406/shg12040602050003-n1.htm
大飯原発再稼働 「すべきでない」 大津市長、知事に同調
2012.4.6 02:05
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題で、越直美・大津市長は5日の定例会見で「現時点で再稼働すべきではない」と述べ、再稼働に慎重姿勢をみせている嘉田由紀子知事に同調する考えを示した。
 県は、福井県での原発事故に備え、放射性物質が甲状腺に蓄積されるのを防ぐ安定ヨウ素剤の配備が必要な「放射性ヨウ素防護地域」(PPA)を、国が目安とする原発の半径50キロを超え、県内全域に拡大する県地域防災計画を3月にまとめた。越市長は大津市もPPAに入ることをあげ、「嘉田知事の姿勢には賛成している」と述べた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120406-00000014-mai-soci
<大飯原発再稼働>「これで十分」 福井・原子力委員長
毎日新聞 4月6日(金)2時40分配信
 原発の再稼働を巡り、野田佳彦首相と関係閣僚による5日の会合で示された新たな安全基準案の骨子について、福井県に技術的な助言をする県原子力安全専門委員会の中川英之委員長(福井大名誉教授)が同日、毎日新聞の取材に応じ、「私自身はこれで十分だと思う」と答えた。同委員会は、県が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働の可否を判断する際、政府が提示した安全基準を審査する。西川一誠知事や県議会は同委員会の意見を尊重するとみられ、委員会で「妥当」と判断されれば、「同意」への手続きが急速に進むことも予想される。





「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------



★本日4/6(金曜)午前7時現在、予報が更新されていませんので、昨日の分を再掲させて頂きます。
ご了承ください。



今日の放射能拡散予測(4/4〜4/6)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日4/5(木曜)は、大部分が太平洋上へ流れ、本土への飛散はなさそうですが、明日4/6(金曜)午前中は、一部、福島から関東地方の太平洋沿岸沿い地域にかかりそうです。





★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間4/4(水曜)午前3:00〜4/6(金曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(4/4〜4/6)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(4/4〜4/6)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。