話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年04月14日

「騙されたあなたにも責任がある」・今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局

「騙されたあなたにも責任がある」・今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局

京都大学の小出裕章先生の言葉です。
今まで小出先生が、講演などでよくお話になっていることです。
今日またお聞きしました。

原発に関しては、まさに、その通りだと思いました。

自分は関係なかったからとは言えない、とても耳の痛いお話です。
確かに、原子力ムラの住人ではないし、そこから直接間接に利益を得ている原子力産業にも全く関係ないけれど、でも、でも、電気は使ってきた。
ずっと、それに原発の電力が含まれていることすら知らないままに。
「原発」を知らないままに、何も考えず日々を過ごしてきた。
そして、意識する事無く知らないままに、騙されてきた、あるいは騙された事すら気がつかなかった、
そんな気がします。

知らなさすぎた、そんな自分にもやはり「無知の責任」はあると思いました。


原発の怖さを知った今、何をすれば良いのか?

以前から小出先生は、「自分が出来ることをやってください」と言われていました。

色々考えって、節電くらいならば、私にもすぐに出来ると思い、意識して、極力、無駄な電気を使わないようにしました。
そして、一年たった今、気がついたら月々の電気代が事故前の半分になっていました。
それでも何の不自由もありません。
今までどれだけ無駄な電気を使ってきたのか、改めて反省しています。
今まで無頓着に電気を使って来た自分が恥ずかしい限りです。


これからも、大きなことはたぶん出来ないだろうけれど、原発に頼らないですむように、自分に出来ることは何かを考えながらコツコツと出来ることからやっていきたいと思います。



以下、「騙されたあなたにも責任がある」の小出先生のお話の部分を書き起こしします。
心に刻んでおきたいと思います。

下記動画9:30頃から。


小出先生:
「原子力を日本はずっと進めてきてしまって、今回の福島の事故を起こしてしまった。
その責任はもちろん、原子力の旗を振ってきた日本の国、電力会社、原子力産業に重たい責任があると思うが、私のように、原子力の旗は振らなかったが、それでも原子力の場にいた人間には、特別の責任があると私は自分で思います。
ただし、ここまで原子力を許してきてしまった普通の人たちは、無罪なんだろうかと思うと、やはり、私にはそうは思えないのです。
巨大な力が原子力を進めようとして絶対安全なんだと宣伝し続けて来た、失礼ながらマスコミも含めて。
多くの人がそういう宣伝を信じた。
仕方ないという思いはありますけれども、それでも騙されたから仕方が無いんだと言ってしまえば、また騙される事になりますので、しっかりとお一人お一人が責任を考えて欲しいという願い(から)です。」

20120411 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実
小出 裕章  出版社: 幻冬舎



その他、下記お話の関連記事及び再稼動問題、その後の展開記事;

●大飯原発の安全基準「おおむね適合」
大飯原発の中長期的な安全対策の実施計画(工程表)について

●大阪府市統合本部エネルギー戦略会議「再稼働の8条件」について



http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2012041002000211.html
大飯原発「おおむね適合」 再稼働の安全基準
2012年4月10日
関電工程表提出で閣僚協議
中長期対策 「十分に具体性」
 関西電力は九日、大飯原発(おおい町)3、4号機の中長期的な安全対策をまとめた工程表を政府に提出した。これを受け、野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら三閣僚が同日夜、再稼働をめぐって協議し、同原発は政府が定めた再稼働の基準におおむね適合していると判断した。次回会合で、再稼働がない場合の電力需給を見極め、週内にも再稼働を認めるとみられる。その後、福井県など地元に再稼働への協力を要請するとみられる。
 首相らは協議で、大飯原発3、4号機について、緊急安全対策は既に実施されており、安全評価(ストレステスト)の一次評価で、東京電力福島第一原発事故と同じような地震や津波に襲われても、炉心溶融には至らないと判断。中長期対策についても、十分に具体性があると判断した。
 また、関電管内の電力需給は、原発の再稼働がなければ一昨年夏の猛暑の場合、約二割の電力が不足するとの関電の試算も示された。枝野氏は「再稼働を判断する上で考慮する要素と考えている。本当にさらなる(節電などや)積み上げが不可能なのかどうか、精査を指示した。その結果を待って判断する」と述べた。
 首相らは近く再協議した上で、枝野氏を福井県に派遣し、大飯原発3、4号機の再稼働への協力を要請。福井県やおおい町は県原子力安全専門委員会や説明会を開いて意見を聞き、再稼働の是非を判断するとみられる。
免震施設15年度整備
関電工程表 ベントフィルターも
 関西電力の八木誠社長は九日、大飯原発3、4号機の中長期的な安全対策をまとめた工程表を枝野幸男経済産業相に提出。福井県とおおい町にも提出した。事故時に前線基地となる免震施設の建設を一年前倒しするなど政府の意向を踏まえた内容となった。
 関電は、放射性物質対策を施した免震施設の完成時期を、当初の予定より一年前倒しして二〇一五年度とする方針を表明。時期は「未定」としていたベントフィルターの設置は一五年度とした。専用の建屋に設置する恒久的な非常用発電機も一五年度に整備する。
 枝野氏からさらに早い実施ができないか問われた八木社長は「現時点でできるだけ前倒ししている。引き続き検討したい」と述べた。完了までの間は「(前線基地は)既存の対策室などで対応は可能で、格納容器も容量が大きく、ほかに除熱機能も多様化させている」と安全性を強調した。
 政府は六日にまとめた判断基準で、格納容器の圧力を下げるベント(排気)時に放射性物質を取り除くフィルターの設置など時間がかかる対策は、再稼働前に実施されていなくても、期限を示した具体的な計画があればよいとした。




http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012041090121502.html
大阪府・市、原発再稼働で8条件 
2012年4月10日 12時15分
 大阪府と大阪市でつくる府市統合本部のエネルギー戦略会議は10日、大阪市内で会合を開き、関西電力の大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働などに際し、原発から100キロ圏内の自治体との安全協定締結など8条件を固め公表した。
 「独立性の高い原子力規制庁の設立」「使用済み核燃料の最終処理体制の確立」なども盛り込み、大飯3、4号機の再稼働に向け、安全性を事実上確認した政府側には高いハードル。今後の政府の判断にも影響を与えそうだ。
 大阪府市統合本部エネルギー戦略会議が提示した原発再稼働の8条件は次の通り。

 一、国家行政組織法3条による独立性の高い原子力規制庁の設立

 一、新体制のもとで安全基準を根本から作り直す

 一、新しい安全基準に基づいた完全な安全評価(ストレステスト)の実施

 一、事故を前提とした防災計画と危機管理体制の構築

 一、原発から100キロ圏内の住民同意を得て、自治体と安全協定を締結する

 一、使用済み核燃料の最終処理体制の確立

 一、電力需給の徹底検証

 一、損害賠償など原発事故で起きる倒産リスクの最小化

(共同)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000093-mai-bus_all
<大飯再稼働>政治決断「妥当」 経産相14日福井へ
毎日新聞 4月13日(金)21時26分配信
野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は13日夕、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について、首相官邸で6回目の協議を行い、再稼働を妥当と判断した。2基が政府の決めた「安全性の判断基準」を満たしていると最終確認し、関電管内の電力不足を緩和するために再稼働が必要と結論づけた。政府は14日に枝野氏を福井県に派遣し、西川一誠知事らに再稼働への理解を求める考えだ。
これに対し、福井県の西川知事は「再稼働は、国が福島第1原発事故の知見を反映した暫定的な安全基準を示すことが大前提だ」と主張してきた。これを踏まえ、首相と3閣僚は「安全性の判断基準」をまとめたが、西川知事はこの基準や首相らの議論について評価を明らかにしていない。また、福井県に隣接する京都、滋賀両府県は再稼働に慎重で、電力供給を受ける大阪府・市は反対姿勢を強めている。
 当初4月に予定した原子力規制庁の発足が遅れる中、3日の初会合から10日余りで再稼働妥当と判断したことへの「拙速」批判もあり、再稼働決定に向け、政府は引き続き難しい政治判断を迫られることになる。【小倉祥徳】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000183-jij-pol
大飯再稼働「許してはいけない」=民主政権と対決姿勢―橋下大阪市長
時事通信 4月13日(金)21時56分配信
 大阪市の橋下徹市長は13日、政府が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転再開が妥当と判断したことについて、「原子力安全委員会が(同原発の安全性に関する)コメントを出すというプロセスがない限り、絶対に許してはいけない」と厳しく批判した。市役所内で記者団の質問に答えた。
 その上で、「次の選挙の時に民主党政権には代わってもらう。もう(国の)統治は任せられない」と強調。同党との対決姿勢を鮮明に打ち出した。大阪府・市の有識者会議がまとめた原発の再稼働に関する8条件については「出しても意味がない」と語り、政府への提出を取りやめる考えを示した。同市は関電株の約9%を保有する筆頭株主。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120413/dst12041322240007-n1.htm
大飯視察の嘉田・滋賀知事「(再稼働は)見切り発車。ブレーキない政権」
2012.4.13 22:23
 滋賀県の嘉田由紀子知事は13日、県庁で記者団に対し、京都府の山田啓二知事とともに12日に視察した大飯原発3、4号機の安全性について「応急措置はしているが、恒久措置はしていない」と指摘。そのうえで自身が打ち出した原発の近隣府県を指す「被害地元」との言葉を用い、「万一事故が起きたらどうなるか。絶対の安全性をどう担保するのか。何よりも守らないといけないのは命」と述べ、強い懸念を表明した。
 また、政府に対しては「再稼働は切り捨て見切り発車。アクセルをかけるだけで、ブレーキのない政権」と断じ、改めて枝野幸男経産相が滋賀県に説明するよう求めた。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120413-OYT1T00940.htm
日本科学者会議は、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に反対する声明をまとめ、13日に経済産業省と内閣府に提出した。
 声明は10日付。声明では〈1〉政府の事故調査・検証委員会による東京電力福島第一原発事故の調査が終わっていない〈2〉地震や津波に対する原発の余裕度を調べる「ストレステスト(耐性検査)」が2次評価まで終了していない――ことなどから再稼働に反対し、現存する全原発の廃止も求めた。
(2012年4月13日19時11分 読売新聞)


ウォール・ストリート・ジャーナル 日本語版
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/10389/
みなさんは、大飯原発の再稼働に賛成?反対?

賛成 (7%, 884票)
反対 (92%, 11,401票)
どちらでもない (1%, 64票)
計12,348票




「再稼動はありえない」元東電社員木村俊雄さん、爆弾証言!



「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日4/14(土曜)から明日4/15(日曜)午前中にかけは、宮城、山形、福島から関東地方一帯まで、広範囲に飛散しそうです。


★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間4/13(金曜)午前3:00〜4/15(日曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。