話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年05月05日

全原発停止、あとからくる者のために・今日の放射能拡散予測(5/4〜5/6)スイス気象局

全原発停止、あとからくる者のために・今日の放射能拡散予測(5/4〜5/6)スイス気象局

いよいよ、今日5月5日「子供の日」で、日本の商業用全原発50基がすべて止まります。

最後は、泊で、とまり。


今、日本で唯一稼働している商業用原発、北電の泊原発3号機は、今日午後5時頃、核分裂を抑えるための制御棒を原子炉に入れ始め、午後11時頃に発電がとまる予定です。



北海道電力 ほくでん
http://www.hepco.co.jp/

泊発電所(泊原発)

・泊発電所1号機は、現在、定期検査のため停止しています。

・泊発電所2号機は、現在、定期検査のため停止しています。

・泊発電所3号機  運転中



最後の1機
泊原発3号機出力リアルタイムデータ
http://www10.hepco.co.jp/gen_out_realtime.html

2012年5月5日 8時00分現在、90万kW。
0まで、あと、残り15時間。



http://mainichi.jp/select/news/20120504k0000m010097000c.html
泊原発3号機:5日に停止で国内稼働ゼロに 42年ぶり
5月03日 23時00分
国内の原発がすべて止まるのは70年5月、当時2基しかなかった原発が検査のため同時停止して以来42年ぶり。
北電によると、泊3号機は検査に向け、4月28日から徐々に出力を落としてきた。5日午後5時ごろ、核分裂を抑えるための制御棒を原子炉に入れ始め、同11時ごろ発電を止める。
6日午前2時ごろ制御棒の挿入を終え、原子炉が停止。7日午後、炉内の水温が100度未満に下がる冷温停止状態になる見通しだ。




泊原発の地元、北海道新聞にとてもいい記事が載っていました。(下記)
とくに、最後に引用された坂村真民の詩、「あとからくる者のために」は、感動的です。
今の私の思いは、この詩に尽きます。

略されていますので、ここに全文、掲載させて頂きます。


ウィキペディアWikipedia・坂村真民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年12月11日)は日本の仏教詩人。熊本県荒尾市出身。本名昂(たかし)。。。。。






 (坂村真民 『詩集・詩国』より)


あとからくる者のために        

あとからくる者のために

苦労するのだ

我慢するのだ

田を耕し

種を用意しておくのだ

あとからくる者のために

しんみんよお前は

詩を書いておくのだ

あとからくる者のために

山を川を海を

きれいにしておくのだ

ああ後からくる者のために

みんなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる

あの可愛い者たちのために

未来を受け継ぐ者たちのために

みな夫々自分でできる何かをしてゆくのだ







異聞風聞
あとからくる者のために
 これほどの大事故があり、これほどの塗炭の苦しみを福島の同胞に与えたのだ。
日本政府も電力会社も原発推進の姿勢を改めるだろうー。
そう考えた筆者は浅はかだった。
 国民の命を守る安全の証明もなく、原発政策の将来展望もなく、経済(それも特定の業界)が大事だからと大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に向かう野田佳彦政権の無定見の先に、何が待ち受けているのか。
 広島の原爆があっても戦争を止められず、長崎の原爆があったように、福島があっても原発を止められないなら、第2の福島が待っているのではないか。
「原発停止は日本の集団自殺」(民主党・仙谷由人政調会長代行)というのは暴論に違いないが、「停止」を「再稼働」に置き換えれば至言である。
 日本海に面した小浜湾を挟んで対岸の大飯原発から約10`。
福井県小浜市にある、明通寺の中嶌哲演住職と言えば、知る人ぞ知る僧衣の反原発運動家である。
広島の被爆者との出会いを機に、「原発銀座」と呼ばれる若狭地方で半世紀近く原発政策の非道を唱えてきた。
 「計り知れない憂慮をこめて断じて大飯の再稼働を認めることはできません」ー声明文を読み上げ、中嶌住職が福井県庁ロビーで1週間断食を敢行したのは3月末のことだ。
 身をていした抗議の訴えに共鳴が広がる。
今月15日に大阪市内であった「原発を問う民衆法廷」。
模擬裁判で市民の側から福島事故や原発再稼働を問う試み。
大飯原発で福島級の事故が起これば関西全域が壊滅し影響は全国に及ぶ。
そんな危機意識で札幌をはじめ各地から約300人が集まった。
 中嶌住職は断食中に収録されたビデオで会場に訴えた。
 「大飯が一点突破されれば、各地の原発群がなし崩しに再稼働され、延命が図られていくでしょう」。
福島の教訓から学ばないなら、全て元のもくあみ。
それを許してはならないー。
 事故前から大地震と原発事故の同時発生を予見した神戸大の石橋克彦名誉教授(地震学)は「起こる可能性のあることはすぐにも起こる」と警鐘を鳴らす(「原発震災」七つ森書館)。
 それが福島の大きな教訓の一つだ。
地震の活動期に入ったとみられる日本列島。
なかでも活断層が密集し大地震の空白域ある福井県・若狭湾地域は大震災の恐れが強いのだという。
 石橋氏は1年前、国会で以下の意見陳述をした。
 「やはり心配なのは若狭湾地域です。あそこは要するに地震の活動帯です。(略)若狭湾一帯が非常に危険であることはもう間違いありません」 (昨年5月23日・参院行政監視委員会)
 なのに政府はその場しのぎの安全評価(ストレステスト)に逃げ込むのみ。
原発震災再来の不安にも耳を貸さず、福島の事故がなかったかのように振る舞うのは国民を欺く行為だ。
 福島県郡山市から子供2人と大阪に避難した母親は、民衆法廷で言った。
「原子力は命よりも大切なのですか」
 中嶌住職は最後に次の詩を読んだ。
大人たちの責任を問い、未来に希望を託してー。
 あとからくる者のために
 苦労をするのだ
 我慢をするのだ
 田を耕し
 種を用意しておくのだ
 (略)
 あとからくる者のために
 山を川を海を
 きれいにしておくのだ
 (略)
 未来を受け継ぐ者たちのために
 みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ
 (坂村真民「詩集・詩国」)
 5月5日、泊原発3号機が止まれば、日本の原発全50基が止まる。
ちょうどこどもの日だ。




以下、同じような目線の記事2つ、あわせて引用させて頂きます。;


全原発の停止 安全な未来への出発点に
(5月4日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/369804.html
東日本大震災まで日本の電力供給の3割を占めていた原発が送電を停止する日がやってくる。
北海道電力泊原発(後志管内泊村)3号機があす定期検査に入り、国内の全原発50基が運転を止める。
全原発の停止は、政府が議論を積み重ねた末に行った選択ではない。それどころか、政府はこの状況を避けようと、なりふり構わず再稼働を急いできた。
政府の拙速な姿勢にブレーキをかけたのは、「できれば原発に頼りたくない」「再稼働は安易に認められない」という民意だろう。
福島第1原発事故の惨状を目の当たりにした国民が、期せずして「原発ゼロの日」を実現させたと言える。
私たちは、この日を原発のない未来に向けた真の意味での転換点としなければならない。




【社説】泊停止・原発ゼロへ 私たちの変わる日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012050402000102.html
あす、原子力発電の火が消える。私たちは、それを日本の大きな転換点と考えたい。
新しく、そして、優しいエネルギー社会へ向かう出発点として。





もう汚れてしまった国土だけれど、もう絶対、二度と汚してはいけない!
未来の子供たちのために。
未来の日本のために。





関連記事&動画↓↓

あと1機!全原発停止まで。東電の全原発停止・今日の放射能拡散予測(3/25〜3/27)スイス気象局


2011.3.11から1年と1日目、新生日本の誕生へ!・今日の放射能拡散予測(3/11〜3/13)スイス気象局
全国にあった54基もの原発が、ほんとうは、ほとんど、必要がなかったことが、一年経った今、見事に証明されたことです。

現在の稼動原発は、わずか2機。

あと、2機!全原発停止まで。関電の全原発停止・今日の放射能拡散予測(2/19〜2/21)スイス気象局

でも、
電気は、今日も十分足りています。
この供給電力15498万kw中、原発発電は、わずか、226.8万kW!!
1.46%にすぎません。



あと3機!全原発停止まで。中国電の全原発停止・今日の放射能拡散予測(1/27〜1/29)スイス気象局

あと4機!全原発停止まで・今日の放射能拡散予測(1/25〜1/27)スイス気象局

全原発停止まであと5機!四国電の全原発停止

ほら、やっぱり!原発なしでも電気は足りている・今日の放射能拡散予測(11/23〜11/25)スイス気象局





「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------


今日の放射能拡散予測(5/4〜5/6)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日5/5(土曜)は、東日本全域に飛散し、日付が変わる頃から、翌5/6(日曜)午前中にかけては、大部分が太平洋上へ流れ、本土への飛散はなくなりそうです。


★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間5/4(金曜)午前3:00〜5/6(日曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(5/4〜5/6)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(5/4〜5/6)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。