話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年06月09日

大飯原発再稼働=事故容認・今日の放射能拡散予測(6/8〜6/10)スイス気象局

大飯原発再稼働=事故容認・今日の放射能拡散予測(6/8〜6/10)スイス気象局

これは、下記動画の最後に後藤政志さんが言われた言葉です。


もう、これに尽きると思います。



電気が足りているにもかかわらず、
原発以外で、電気を融通する方法は、今現在でさえ、いくらでもあるにもかかわらず、
関電と政府は、その努力を過去1年間一切しないで、
また、その十分な電力内容を国民に隠し、
あくまでも、原発の電気がないから電気が足りないというように見せかけて、
どこまでも原発にこだわり、
挙句に、現政府が、政治判断で、
大飯原発を再稼働するということは、



福島のような、史上最悪の原発の過酷事故がもう一度起きても構わない、

今はかろうじて、西日本はなんとか助かっているけれども、
(現在、様々な形で放射性物質が拡散中だから、いつまで安泰かは分かりません)

今度、大飯原発で事故が起きたら、その時は、

生き残っている西日本すら、壊滅。

つまり、日本が、全滅することになる。

そうなっても、かまわないということ。



そうなったら、一体、どうやって責任をとるつもりか、
野田という人は。



現に、福島第一原発事故が起きて最悪の悲劇が進行中なのに、
誰も責任を取っていない。



つまり、結局は、誰も、責任は取らなくてもすむと思っているから、
「責任をとる」と言うのか?


一体、どういう責任を取るのか、
その内容を具体的に聞かせてもらいたい。
軽く言葉だけで、責任を取るなどど言って欲しくない。

死んでもその責任の重さは、贖いきれないのに。



事故は、必ず又起きる。

起きてからでは、間に合わない!



大飯原発再稼働、絶対に、納得できない。




20120607 そもそも再稼動して本当に安全なのだろうか?
モーニングバード・そもそも総研より。







●野田首相 大飯原発再稼働容認 記者会見

野田内閣総理大臣記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/2012/0608.html


守るのは、国民の生活ではなく、自分達の原子力ムラの利益でしょ。
ネットの時代。国民はみんな、原発の不都合な真実を知っている。
福島第一原発事故で知ってしまった。
全部バレバレなのに。それも承知で言ってるのか?
だとしたら、まさに茶番劇の主人公。

電気がなければないで、それなりの生活をすればいい。

原発事故で被曝させられるより余程マシ。
原発事故で、ふるさとがなくなるより、余程マシ。
日本の未来がなくなるより余程マシ。
子供達に核廃棄物という負の遺産を残すより余程マシ。

そんな国民の思いすら、この人には理解できないようだ。





野田首相が会見「大飯原発3,4号基を再稼働すべき」
「夏限定の再起動だけでは国民の生活は守れない」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120608-OYT1T00964.htm?from=top
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120608-00000964-yom-pol
読売新聞 6月8日(金)18時15分配信
野田首相は8日夕、首相官邸で記者会見し、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、「国民の生活を守るために、3、4号機を再起動するべきだ」と述べ、国民に理解を求めた。
首相は「夏場限定の再起動だけでは国民の生活は守れない」と語った。また、「(原発)立地自治体への敬意と感謝の念を新たにしなければいけない」と述べ、福井県やおおい町に配慮を示した。
福井県の西川一誠知事は、再稼働の同意の前提として、原発の必要性などを首相が国民に説明することを求めていた。政府は、地元の同意手続きが終わり次第、来週中にも再稼働を最終判断する。




大飯「再稼働が私の判断」=来週にも最終決定―首相
時事通信 6月8日(金)18時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120608-00000132-jij-pol
 野田佳彦首相は8日、首相官邸で記者会見し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について「国民生活を守るために再起動すべきだというのが私の判断だ」と述べ、運転再開の必要性を訴えた。これを受け、福井県の西川一誠知事は来週にも再稼働に同意する見通し。首相は、知事の同意が得られ次第、速やかに関係閣僚会合を開き、再稼働を最終決定する考えだ。
 首相は会見で「原発を止めたままでは、日本社会は立ち行かない」と指摘。夏場に計画停電を行った場合、「日常生活や経済活動は大きく混乱する。事態回避に最善を尽くさないといけない」として、大飯再稼働の必要性を強調した。
 京都府の山田啓二知事らが、大飯原発の再稼働を電力需給が逼迫(ひっぱく)する夏場に限定するよう提言していることに関しては「夏場限定では、国民生活は守れない」と否定的な考えを示した。 




再稼働どころの話ではなくなる!
“大飯原発”原子炉直下に断層!大惨事の危険性も
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120607/dms1206071539016-n1.htm
2012.06.07 
再稼働問題で注目される関西電力大飯原発(福井県)は、何と立地が「不適格」だったかもしれない。専門家が研究で、敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が近くの活断層と連動して動けば地表がずれる可能性があると指摘。原子炉直下の破砕帯が動いて地表がずれると、安全上重要な設備を損傷させる恐れがあるというのだ。
 分析結果をまとめたのは、東洋大の渡辺満久教授(変動地形学)と、名古屋大の鈴木康弘教授(同)。渡辺氏は「原子炉直下を通る破砕帯もあり、早急に現地調査すべきだ」としている。現地調査で安全をおびやかす危険個所が確認されれば、原発の立地場所として不適格となる可能性もある。
 渡辺氏らが指摘したのは「F−6断層」と呼ばれる破砕帯。1985年に関電が国に提出した大飯3、4号機の増設申請書では、F−6断層は1、2号機と3、4号機の間の地下をほぼ南北に走っている。
 当時の掘削調査で、坑内の南側壁面では断層の上を覆う地層が変形していないことから、関電は「国が原発の建設時に考慮するよう定めている、13万〜12万年前以降に活動した活断層ではない」と判断。保安院も2010年に妥当と評価した。
 これに対し、渡辺氏らは、同じ坑内の北側壁面の調査データなどを分析し、F−6断層が地層を上下にずらした可能性があると指摘した。
 また、断層は粘土が混じって固まっていない可能性がある上、上部を覆う地層の年代も特定できておらず、活動が比較的新しい可能性もあると判断した。さらに、F−6断層は海域などにある周辺の活断層と連動して動く可能性もあるという。
 日本原子力発電敦賀原発(福井県)では原子炉直下の破砕帯が動く可能性が4月、保安院の調査で判明。国の基準を満たさず、廃炉の可能性が浮上している。大飯原発もことによっては、再稼働どころの話ではなくなる。





「原発事故対策取れない」57% 6月8日 18時42分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120608/t10015705321000.html
福井県にある関西電力の大飯原子力発電所を巡って、30キロ圏内の自治体に、NHKが、事故に対する備えを尋ねたところ、現状では避難などで実効性がある対策を「取れない」とする回答が57%になりました。
自治体からは、事故から1年以上がたつなかで、国の防災に関する方針が決まらないことなどへの不満が多く寄せられました。
地元の福井県やおおい町は回答せず、別の原発がある福井県の美浜町や高浜町は「どちらかといえば取れない」と回答しました。
自治体からは「県や町の防災計画の見直し作業が進んでいないのが現状」、「未だに避難場所が決まっていない。国が責任をもって、広域行政に対して避難場所の選定に協力することを指示をすべき」など、事故から1年以上がたつなかで、国に対する不満が多く寄せられました。







関連記事&動画↓↓



大飯原発再稼働反対民主議員117人・今日の放射能拡散予測(6/7〜6/9)スイス気象局


暴露!原発再稼働条件に科学的根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(5/20〜5/22)スイス気象局


これはひどい!おおい町議会議長のあきれた言動・今日の放射能拡散予測(5/17〜5/19)スイス気象局


大臣退席に双葉町長が抗議のスピーチA・今日の放射能拡散予測(5/15〜5/17)スイス気象局


大飯原発再稼働、おおい町議会が容認

大飯原発 町議会が運転再開同意へ

大飯原発の再稼働を決めたおおい町の時岡忍町長が 取締役で、
時岡町長の長男が社長の「日新工機株式会社」は、
関西電力などから過去8年間で73件、少なくとも4億6800万円の工事を受注していますよね。
。。。。。。



原発マネー・今日の放射能拡散予測(4/29〜5/1)スイス気象局


原発は、不安だから、金をくれ・今日の放射能拡散予測(12/26〜12/28)スイス気象局



不安!不安!不安!な保安院トップ・今日の放射能拡散予測(4/20〜4/22)スイス気象局





「騙されたあなたにも責任がある」・今日の放射能拡散予測(4/13〜4/15)スイス気象局

大飯原発「おおむね適合」 再稼働の安全基準
関電工程表提出で閣僚協議
中長期対策 「十分に具体性」

大阪府・市、原発再稼働で8条件 

<大飯再稼働>政治決断「妥当」 経産相14日福井へ

大飯再稼働「許してはいけない」=民主政権と対決姿勢―橋下大阪市長

日本科学者会議は、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に反対する声明をまとめ、13日に経済産業省と内閣府に提出した。

大飯視察の嘉田・滋賀知事「(再稼働は)見切り発車。ブレーキない政権」

みなさんは、大飯原発の再稼働に賛成?反対?






「再稼動はありえない」元東電社員木村俊雄さん、爆弾証言!






「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



--------------------------------------------------------------------



今日の放射能拡散予測(6/8〜6/10)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日6/9(土曜)から明日6/10(日曜)午前中にかけては、東北地方全域、及び北海道の道南、道央に飛散し、更には、6/10(日曜)午前には、一部、北陸地方にもかかりそうです。




★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間6/8(金曜)午前3:00〜6/10(日曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(6/8〜6/10)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(6/8〜6/10)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)





posted by news at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。