話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年06月19日

セシウム拡散、癌ばろう日本!@・今日の放射能拡散予測(6/18〜6/20)スイス気象局

セシウム拡散、癌ばろう日本!@・今日の放射能拡散予測(6/18〜6/20)スイス気象局

拙ブログに「セシウム食品拡散もとい拡販」というシリーズ記事がありますが、「食品以外のセシウム拡散」もずっと気になっています。

ということで、「食品以外のセシウム拡散もとい拡販」関連記事を、「セシウム拡散、癌ばろう日本!」こんなタイトルで、まとめてみました。
(シリーズ化するかもなんで一応、@がついてます(笑い))


漏れていたら、すみません。m(__)m
(●は、軽〜くひとことコメントです)




これもなかなか怖いですよ。
暑い夏も、この記事を読めば、涼しくなる事、請け合い(笑い)


セシウムの魔の手は、思いがけない所まで伸びています。
ほら、あなたのすぐそばに!!



自己防衛のご参考までに。








●千葉の海へ行って、泳ごう。
海にはセシウム以外に、ストロンチウムやトリチウムなどもたっぷり。
もし、放射性物質を飲んじゃったら、
それは、それで貴重な経験です。
ひと夏の思い出に。

ということかな?(笑い)




千葉 有料道路の無料券を配布へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120618/k10015898281000.html
6月18日 7時44分
原発事故の影響で去年、大幅に減少した海水浴客などを呼び戻そうと、千葉県や沿岸部の自治体は来月から宿泊施設の利用客などを対象に一部の有料道路の無料券を配布することを決めました。千葉県内の海水浴場は、去年、原発事故による放射性物質への不安などから海水浴客が例年の半分程度にまで落ち込みました。
このため県と沿岸部に位置する鴨川市、君津市、一宮町、白子町、長生村の5つの市町村は、夏の海水浴客などを呼び戻そうと、来月から宿泊施設や観光施設の利用客などを対象に、一部の有料道路の往復無料券合わせて4万5000枚を配布することを決めました。






●ぎゃああああ!誰か行って線量測ってみて!


震災がれき200点展示へ 気仙沼のリアス美術館
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012061801001908.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
2012年6月18日 16時22分
 東日本大震災で被災し閉館中の宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館が、来年4月に予定する本格再開に向け、震災がれきの常設展示を計画している。
 被災地の多くで、遺構保存が難航し、震災の記憶をとどめるものが少なくなる中、「震災がれきを、津波の脅威を伝える『被災資料』として展示し残したい」と、岡野志龍さん(35)ら学芸員2人が街を歩き、200点を収集した。
 津波後の火災で膨張したドラム缶、ガラスの割れた信号機、ノブの部分だけが残ったドア…。2人が「立ち上がれないほどの喪失」を感じたものだけを集めた。
(共同)






●「福島で家族再会を」だって。
放射能が危ないから、わざわざ他県に避難している人を福島に呼び戻すのに、大金を使うらしい。
なんか、逆じゃない?
どうせお金を使うなら、福島で被曝している人たちを、一時的にでも他県へ避難させることに使えばぁ?



今夏に家族旅行に招待 福大とアサヒグループなど
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/06/post_4185.html
福島大はアサヒグループなどの協力による産学共同プロジェクト「ふるさとで過ごそう!!家族の夏in南会津」を実施する。原発事故で山形県や新潟県に避難している中学生以下の子どもと県内に残る家族を、2泊3日の旅行に無料招待する。
 放射性物質の不安から離れて暮らす家族が、だんらんのひとときを過ごせるよう企画した。南会津町のホテルに宿泊し、キャンプファイヤーやウオークラリー、木工体験を通して家族の絆を強める。
 第一弾は山形県への避難者が対象で8月11〜13日に実施。第2弾の新潟県分は8月20〜22日に行う。今冬には首都圏への避難者を対象とした第3弾も予定している。各回とも定員150人で、応募多数の場合は抽選となる。
 避難先や福島、郡山両市から無料送迎バスを運行する。費用は、アサヒビール福島工場の製造再開記念プロジェクトで集まった約656万円や、同社のロンドン五輪応援商品の売り上げ1本につき1円の合わせて約2300万円を充てる。
 問い合わせは、JTB東北担当デスク フリーダイヤル(0120)989960へ。
 プロジェクトの記者会見は12日、福島大で開かれた。福島大の入戸野修学長が「離れ離れの家族が一堂に集うことで、家族の絆を再確認してほしい」とあいさつ。アサヒビールの田中晃福島支社長は「素晴らしい夏休みになるよう手伝いたい」と述べ、入戸野学長に目録を手渡した。入戸野学長は田中支社長に感謝状を贈った。
(2012/06/13 11:39)





●原発の電気がないとリニア新幹線は作れない。
だから、JRも必死に被曝を応援。
子供まで、巻き込んで。
良心があるのなら、子供が行きにくいように、高い値段にして欲しいよ。


JR、子ども千円で東北観光を 夏休みフリー切符
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012060501002048.html
 夏休みに家族連れで東北地方を観光してもらおうと、JR東日本は5日、首都圏からの往復切符と組み合わせ、東北の五つのエリアでの普通列車がそれぞれ5日間乗り放題となる「東北フリー乗車券」を21日から販売すると発表した。小学生は一律千円。
JR東は「東北への観光需要創出を継続し、震災復興を支援していきたい」としている。
 大人料金は秋田・青森エリアが1万1400円、岩手・三陸が1万300円、宮城・山形と庄内がいずれも8600円、福島・磐越が7600円と、通常より17〜46%お得。新幹線や特急は特急券が別途必要となる。
2012/06/05 18:36 【共同通信】





●ミカンはヤバイよ!しかも、又又、幼い子供を利用するとは!


蒲郡ミカン廃木を「箸」に 市が業者と共同開発...愛知県
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20120606/CK2012060602000042.html
2012年6月6日
蒲郡市は、特産ミカンの植え替え時に生じる廃木を再利用した塗り箸を、木材を扱う関連業者や箸メーカーと共同開発した。新たな蒲郡土産として今夏の発売を目指し、子どもたちの食育に活用していく予定だ。
 蒲郡市では、ミカン農家による栽培品種の変更や樹勢の衰えた老木の処分に伴い、年間約二百トンのミカン樹木の廃材が発生する。その多くは焼却、埋設処分されてきた。
 ミカン樹木は、加工すると変形しやすい上、低木のため、材料となる部分の比率を表す「歩留まり」が悪いという難点があった。これまで木製コースターなどの製品化を試行してきたが、本格的な再利用に至っていない。
 市産業振興課(現農林水産課)が三年前、木製公園施設を手掛けるエコム(名古屋市)に木の特性調査や活用方法の検討を依頼。しなやかな材質の特性を生かした箸作りが提案され、エコムが福井県小浜市の塗り箸製造卸業「フナイワークス」と連携し商品化を目指してきた。
 箸に使う最適部分の研究や加工処理法の試行錯誤を重ね、変形しやすい材質の難点をクリア。約六十種類の試作品を作り上げた。木肌はミカン果汁のような薄いオレンジ色で独特な風合いがある。
 今後はフナイワークスが製造、エコムがミカン農家からの材料調達と販売を担う。市やエコムは、蒲郡市内の観光施設での販売や温泉旅館での活用を見込み、PRを始めた。市内の保育園児が食育で作る「マイばし」に役立ててもらう方針だ。市農林水産課の三浦次七郎主査は「蒲郡の特産物と観光、食をつなぐ懸け橋になると期待したい」と話している。
 (細井卓也)





●大本営の魔の手は、もちろん、海外へも容赦なく伸びています。
でも、赤っ恥かいちゃったね。
それにしても、3.11以前なら、立場が逆で、日本が輸入禁止していただろうに。
情けない。



通関時、基準を大きく超える放射性物質を検出=千葉から運ばれた廃金属から
―浙江省寧波市
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00000014-rcdc-cn
Record China 6月6日(水)13時49分配信
2012年6月5日、中国新聞網によれば、中国浙江省の寧波税関において日本から輸送された廃金属1127トンから基準を大きく上まわる放射線が検出され、貨物の持ち込みを禁止する措置がとられた。
寧波税関によれば、測定されたガンマ線の線量は上限値を200%上まわっており、放射線源はセシウム137だという。輸入されるはずだった廃金属は寧波のある金属再生有限会社が輸入を届け出ていたが、全貨物が日本へ積み戻されることになった。
基準を超える放射線量が検出された廃金属は千葉県の千葉港から運ばれたもので、東日本大震災に伴う放射性物質放出事故を起こした福島第1原発から遠くない場所にあることから貨物が汚染される危険性が高いと寧波税関は指摘している。
なお、福島第1原発が事故を起こして以降、寧波税関ではすでに廃金属8544トンから基準を超える放射線が検出されている。(翻訳・編集/岡田)








●ロンドンの皆さん、福島の足湯をどうぞ(汗)
ロンドンっ子は、ありがた迷惑かも。


全世界の支援に感謝! 足湯と「ありがとう」をロンドンに
http://www.fct.co.jp/news/#201205292193734
http://www.fct.co.jp/news/20120529.html
2012年05月29日 19:37
全世界の支援に感謝! 足湯と「ありがとう」をロンドンに2012年05月29日 19:37
震災後に世界から寄せられた支援に「ありがとう」のメッセージを募り、オリンピック中にイギリス・ロンドンに届けようという取り組みが始まっています。
 「ジャパン フェスティバル2012」と題したこの取り組みは、震災後に全世界から寄せられた支援に感謝の気持ちを表そうと、有志が始めました。
 キャラバンは、今月26日に岩手県の宮古市を出発し、きょうは、会津若松市の飯盛山のふもとでイベントを開きました。
 キャラバンは足湯と共に全国を回り、「ありがとう」のメッセージを募っていて、会津若松市の室井市長は「会津は元気!」のメッセージを記しました。
 トラックは、ミニライブなどを開きながら、来月9日の福岡・博多をゴールに全国を縦断し、オリンピックの開催期間中、ロンドンで「ありがとう」のメッセージと足湯を届ける計画です。






セシウム食品拡散拡販記事は、こちらから↓


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局





その他、セシウム入り食品関連記事は、こちらから↓


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれC・今日の放射能拡散予測(6/14〜6/16)スイス気象局









「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(6/18〜6/20)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日6/19(火曜)午後から明日6/20(水曜)午前中にかけては、東北地方全域及び北海道の道南に飛散しそうです。





★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間6/18(月曜)午前3:00〜6/20(水曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(6/18〜6/20)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(6/18〜6/20)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)



posted by news at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。