話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年06月28日

疑惑の検査結果!福島県産魚介類、初販売・今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局

<食と放射能汚染>疑惑の検査結果!福島県産魚介類、初販売・今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局


福島県産魚介類が、検査の結果、放射性物質が検出されなかったということで、ついに震災後初めて出荷され、かつ、誇らしげに完売しましたとのニュースがありました。

ほんとに不検出なの???!

信じられないのですが。。。。

と、いうことで、

まずは、引用記事から;




<福島産魚介>タコと貝、震災以来1年3カ月ぶり店頭に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120625-00000019-mai-soci
毎日新聞 6月25日(月)11時33分配信
拡大写真
相馬沖の試験操業で水揚げされ、原発事故以来初めて店頭に並んだタコを手に取る地元の買い物客=福島県相馬市のヨークベニマル相馬黒木店で2012年6月25日午前9時39分、木葉健二撮影
 福島県沖の試験操業で県漁連が水揚げしたタコと貝が25日、県内のスーパーで販売され、福島の魚介類が震災以来初めて1年3カ月ぶりに店頭に並んだ。27日には3回目の試験操業を行い、県外にも出荷される。
【「どんなに難しくても少しずつ前に歩む」】相馬沖で水揚げされたタコの放射能検査をする漁協職員
 販売されたのは、相馬双葉漁協の漁船が22日に取ったミズダコ、ヤナギダコ、シライトマキバイ(ツブ貝)の3種類。食品スーパーのヨークベニマル(本社・同県郡山市)が漁協の地元、相馬市の2店に並べた。県漁連の放射性物質検査ではいずれも不検出(検出限界値は1キロ当たり5〜7ベクレル)で、店頭には検査結果と捕獲海域を示す地図も掲示した。
 価格はミズダコ100グラムで148円など震災前の3〜4割安。開店と同時に買い物客が訪れ、試食した同市内の主婦、鎌田ひとみさん(40)は「軟らかくてとてもおいしい。心配ないことはないけれど不検出なので安心できそう。子供たちにも食べさせたい」と、ミズダコをかごに入れていた。鮮魚担当の有馬善二・同社執行役員は「独自に検査もしたので安心して提案できる。福島県の漁業再生の第一歩なので私たちも協力したい」と話した。【高橋秀郎】




出荷再開へ水揚げ 相馬双葉漁協 検査し加工品販売
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/06/post_4282.html
相馬双葉漁協がタコ、ツブ貝三魚種に限定して取り組んでいる試験操業で、初出荷を伴う水揚げが22日、相馬市の松川浦漁港で行われた。22、23の両日の放射性物質サンプル検査で問題がなければ、ゆでた加工品の販売が25日、相馬市を中心に県内のスーパーや小売店で始まる。
 同漁協所属の底引き網漁船6隻が相馬沖約50キロの150メートルより深い海域で操業した。ミズダコ約830キロ、ヤナギダコ約123キロ、シライトマキバイ約440キロを水揚げした。
 販売は加工品のみ。23日に検査、加工を終えて松川浦漁港の保冷施設に保管する。週明けの25日朝から流通させる見込み。28日までを目安に販売し、消費動向などを調べる。今月14日に続く2回目の試験操業で、台風4号の影響で延期されていた。
 初めて試験操業に出た第三鹿島丸船長の佐藤幸男さん(52)は「取った魚介類が食卓に並ぶ姿を思い浮かべて取った。ぜひ消費者に受け入れてもらいたい」と話していた。
(2012/06/23 12:24)



福島・相馬市で原発事故後に水揚げの魚介類初販売 ほぼ完売に
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226131.html
(06/25 17:37)
福島県で、福島第1原発事故以降に水揚げされた魚介類が、初めて販売された。
漁協関係者は「不安の方が大きい」と語った。
不安だというのは、消費者の動向。
福島県沖の操業は、原発の事故以降、自粛されていた。
今回販売されたのは、ミズダコ、ヤナギダコ、ツブ貝の3種類。
地元の漁協が行った試験操業の結果、水揚げされたものから放射性物質は検出されなかったため、25日から地元の福島・相馬市で販売された。
スーパーには専用の販売コーナーが設けられ、「水揚げ再開」の文字とともに、地元でとれた3種類の魚介類が並べられた。
福島県沖50kmの海域で水揚げされた、タコとツブ貝。
試食した子どもは「おいしい。タコ大好き」と語った。
客は「やっぱり地元のは、待ちに待っていた感じです」と語った。
店の人は「漁協でも2回の検査。社内でも自主検査をやっているので。それで放射能不検出ということで、自信を持って販売していきたいと考えています」と語った。
販売価格を通常の半値程度に設定したこともあってか、午後には、ほとんど売り切れ状態になったという。






店の人が言う「漁協の検査」とは、どんなものかというと、



福島漁連 6月22日と23日の放射性物質検査結果

http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/kensakekka20110623.pdf
平成24年6月23日
福島県漁業協同組合連合会
試験操業漁獲物の検査結果について
6月22日に行った試験操業の漁獲物について、放射性物質の検査を6月22〜23日に実施しましたが結果については下記のとおりです。


放射性物質検査結果




種 名  生鮮品   加工品
Cs134+137(Bq/kg) 検体数Cs134+137(Bq/kg) 検体数
ミズダコ 全て不検出 6 全て不検出 5
ヤナギダコ 全て不検出 6 全て不検出 2
シライトマキバイ 全て不検出 6 全て不検出 3

*検査機器:
相馬双葉漁協設置のNaI シンチレーションスペクトロメータ
(CAPINTEC 社製 CAPTUS3000)
*検査方法:1Lマリネリ容器で30分間測定。
*参考:検出下限値は5〜7Bq//kg。


照会先:福島県漁業協同組合連合会
電話番号 0246−28−9335





あっちゃ><
これはひどい。
手抜きもいいとこ。


@まずは、サンプル数について

それぞれの水揚げ数は、

ミズダコ約830キロ、
ヤナギダコ約123キロ、
シライトマキバイ約440キロ


これに対して
サンプル数が、わずか

ミズダコ 11杯
ヤナギダコ 8杯
シライトマキバイ 9個

これはひどい。ザルすぎる。
ほんとうに、形だけの検査のような。。。
これでは、たまたま検査したサンプルだけは、この数値だったが、
その他大多数の数値は不明としか言いようのない検査報告書では。。



A検査時間がわずか30分。まともに誠実に検査しようとしたら、数時間をかけなかればならないはず。
ほんと、お笑いレベル。
やりましたよって、言うためだけの検査レベルみたいですね。



Bしかも、検出限界値が、5〜7Bq//kg。高すぎ!(ゆるすぎ)
ありえない!
でも、100ベクレルはokの国の基準は満たしていますが。。。


C自分で検査して「全部不検出」すなわち、合格として出荷。
第三者検査機関の裏づけ検査なし。
どうにでも出来る自己採点。。
これで、信じろと言われても。。。


Dなおかつ、放射性銀やプルトニウム、ストロンチウムは検査さえされていない。



ということで、まるで子供だまし。
いい加減な検査としか思えない検査報告のような気がします。
どう見ても、目的は、販売のため。
申し訳ないのですが、
消費者の安全を考えてとは、到底思えないです。



それにしてもなぜ、セシウム以外の放射性銀やストロンチウム、プルトニウムの検査をしないのか?
以前はやっていたのに。。(下記、参考資料一)
北海道さえずっと検査し続けて、検出されているのに。。(下記、参考資料ニ)

検査したら、検出されて出荷できなくなる、とう言うか、
数値が分かると販売しても売れなくなるから、故意に検査していないような気がする。


これで、安心して食べろと言われても。。。。。





以下参考資料;


参考資料一。


厚生労働科学研究費補助金による測定結果

福島県の魚介類からプルトニウムを検出【厚生省】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000023p4a-att/2r98520000023pas.pdf

検体採取日:平成23年6月21日(冷凍保管試料)
検査機関:(独)放射線医学総合研究所(90Sr:(財)九州環境管理協会)
検体採取場所:福島県小名浜沖水深120?300m

魚種 134Cs 137Cs 110mAg 239+240Pu 90Sr*
カタクチイワシ10.1 10.8 0.3 0.003 ―
マダラ27.5 30.2 0.2 0.019 <30
エゾイソアイナメ30.5 33.4 0.2 ― <30
アカガレイ63.3 68.8 0.1 0.008 <30
ミキガレイ13.2 14.1 0.8 ― <30
スルメイカ10.6 11.5 24.9 0.003 ―
ダンゴイカ類5.4 5.7 37.6 ――
ズワイガニ7.2 7.8 3.4 0.003 ―


小名沖の平成23年6月21日冷凍保存試料のカタクチイワシ、マダラ、アカガレイ、スルメイカ、ズワイガニから0.003〜0.019mBq/kgのプルトニウムが検出されて、放射性銀mAgもイカからはかなり検出されています。
ストロンチウムの検出限界値は30で、かなり緩めの設定で、詳細は分かりませんが、29.9あるかも。。。
また、これは、去年の6月に検査されたもの。
一年経った今は、もっと生体濃縮が進んでいると考えられるのでは。。。。




参考資料ニ。

北海道の放射性物質検査結果;
(去年の8月から、今年の5月まで)

イカ、タコ、あわび、ほたてからも、セシウム、放射性銀が検出されています。

(具体的な数値に関しては、リンク先へ)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/index.htm

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/oshirase20120511.pdf
平成24年5月11日
泊発電所周辺地域における放射性物質の検出について
(降下物、農畜産物(生乳)及び海産物(ほっけ、たこ))
北海道及び北海道電力鰍ノおいては、「泊発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定」に基づき泊発電所周辺地域の環境放射線監視を実施しており、降下物(3月採取分)、生乳、ほっけ及びたこから別表のとおり放射性物質(セシウム134、セシウム137、銀110m)が検出されましたので、お知らせします。



http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/20111202oshirase.pdf
平成23年12月2日
泊発電所周辺地域における放射性物質の検出について
(降下物、指標植物(クマイザサ)及び海産物(さけ、あぶらこ、あわび))
北海道及び北海道電力鰍ノおいては、「泊発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定」に基づき泊発電所周辺地域の環境放射線監視を実施しており、降下物(10月採取分)、クマイザサ、さけ、あぶらこ及びあわびから別表のとおり放射性物質(セシウム134、セシウム137、銀110m)が検出されましたので、お知らせします。



http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/20120106oshirase.pdf
泊発電所周辺地域における放射性物質の検出について
平成24年1月6日
(降下物及び海産物(ほっけ、いか、たこ))
北海道及び北海道電力鰍ノおいては、「泊発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定」に基づき泊発電所周辺地域の環境放射線監視を実施しており、降下物(11月採取分)、ほっけ、いか及びたこから別表のとおり放射性物質(セシウム134、セシウム137、銀110m)が検出されましたので、お知らせします。




http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/20110804oshirase.pdf
泊発電所周辺地域における放射性物質の検出について
平成23年8月4日
(大気中浮遊じん、降下物、農畜産物(いちご)及び海産物(ほたて))
北海道及び北海道電力鰍ノおいては、「泊発電所周辺の安全確保及び環境保全に関する協定」に基づき泊発電所周辺地域の環境放射線監視を実施しており、大気中浮遊じん(6月採取分)、降下物(6月採取分)及びいちごから放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)が、また、ほたてから放射性銀(銀110m)が別表のとおり検出されましたので、お知らせします。






「<食と放射能汚染>」関連記事&動画↓↓



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれB・今日の放射能拡散予測(6/26〜6/28)スイス気象局



<食と放射能汚染>日本海側にも汚染が!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのC・今日の放射能拡散予測(6/19〜6/21)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれC・今日の放射能拡散予測(6/14〜6/16)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷停止、 出荷自粛、規準超えA・今日の放射能拡散予測(6/10〜6/12)スイス気象局


<食と放射能汚染>ついに、ワースト記録更新!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのB・今日の放射能拡散予測(6/9〜6/11)スイス気象局


<食と放射能汚染>東京湾で、奇形魚が増えている!食べるなと警告!千葉南房総の漁師さんが衝撃の告白!!・今日の放射能拡散予測(6/5〜6/7)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ@・今日の放射能拡散予測(5/28〜5/30)スイス気象局


<食と放射能汚染>スズキ1610ベクレル!東電、魚介類検査結果ワースト10その@今日の放射能拡散予測(5/27〜5/29)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10そのA


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれA・今日の放射能拡散予測(5/21〜5/23)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>神奈川沖から北海道太平洋沖までの魚は、様子見を!・今日の放射能拡散予測(4/27〜4/29)スイス気象局

水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)【平成24年4月以降公表分】(4月23日現在)
(エクセル:287KB)PDFファイル



セシウム、ついにアラスカに到達か!?・今日の放射能拡散予測(4/26〜4/28)スイス気象局
アラスカ鮭(アラスカサーモン)は、食べられるか?


<食と放射能汚染>嘘でしょ?!食品の放射能検査「独自基準やめて」農水省・今日の放射能拡散予測(4/21〜4/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>男前豆腐店、まさに、男前!検出限界値1Bq/kg未満!・今日の放射能拡散予測(4/18〜4/20)スイス気象局

「食べるな危険!!福島産」by 福島県・今日の放射能拡散予測(4/14〜4/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>飯舘ヤマメ18700ベクレル!魚介類汚染最新データ・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>今後の食生活の注意点・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>食品新基準に要注意!!・今日の放射能拡散予測(4/1〜4/3)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発排水「クエ」を救え??!・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局

<食と放射能汚染>全然使えない、牛乳の放射性物質検査結果・今日の放射能拡散予測(3/1〜3/3)スイス気象局

放射能タバコ、発売中・今日の放射能拡散予測(3/5〜3/7)スイス気象局

水道水セシウム10Bqに。ストロンチウムは?トリチウムは?・今日の放射能拡散予測(2/18〜2/20)スイス気象局

<食と放射能汚染>本当に怖いのは魚介汚染 福島原発事故・今日の放射能拡散予測(2/15〜2/17)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳児は牛と同じ!?新規制値・今日の放射能拡散予測(2/4〜2/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発温排水で真鯛・アワビ・サザエ養殖・今日の放射能拡散予測(1/21〜1/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能無縁!?真水育ちのクロマグロ・今日の放射能拡散予測(1/5〜1/7)スイス気象局

<食と放射能汚染>岩手原乳もセシウム止まらず・今日の放射能拡散予測(1/3〜1/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>徳島の光食品、検出限界1Bq/kg検査も!・今日の放射能拡散予測(12/31〜1/2)スイス気象局

暴露!ICRP規準に根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(12/30〜1/1)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城原乳、セシウムが止まらない・今日の放射能拡散予測(12/24〜12/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/17〜12/19)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城の牛乳、ヤバい!?・今日の放射能拡散予測(12/14〜12/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>NPO法人TEAMニ本松「市民放射能測定所」・今日の放射能拡散予測(12/12〜12/14)スイス気象局

<食と放射能汚染>明治粉ミルクからセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/6〜12/8)スイス気象局

<食と放射能汚染>大豆、一検体検査で全量出荷ok 栃木・今日の放射能拡散予測(12/4〜12/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能汚染から身を守る“除染食”のススメ

<食と放射能汚染>「冷凍ほうれん草」からセシウム!・今日の放射能拡散予測(10/29〜10/31)スイス気象局

<食と放射能汚染>サカナは食べられるか?・今日の放射能拡散予測(10/26〜10/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「放射能汚染危険度食品リスト」と「セシウム137 野菜への蓄積率」・今日の放射能拡散予測(10/24〜10/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>グリーンピース「秋のお魚調査」結果発表・今日の放射能拡散予測(10/21〜10/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島米農家、孫には「他で買ってくれ」と...・今日の放射能拡散予測(10/16〜10/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>セルフサービスで、放射性物質検査「ベクミル」・今日の放射能拡散予測(10/7〜10/9)スイス気象局

<食と放射能汚染>日本人は、今までどのくらいのセシウム米を食べていたか?・今日の放射能拡散予測(10/4〜10/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>今年の秋は、セシウムの秋・今日の放射能拡散予測(10/3〜10/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>魚介類と土の汚染・今日の放射能拡散予測(9/30〜10/2)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳から放射能検出!?241Bq/L ・今日の放射能拡散予測(9/10〜9/12)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所

今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?

今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。












「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




-------------------------------------------





今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日6/28(木曜)から明日6/29(金曜)午前中にかけては、関東北部地方、信越地方、東北地方、及び一部、北陸(石川県)に飛散しそうです。





★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間6/27(火曜)午前3:00〜6/29(金曜)午前8:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)



posted by news at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。