話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年07月24日

「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれC・今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれC・今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局


全食品にセシウムが検出されたわけではないですが、でも、かといって検出されていないわけでもありません。


だって、全量検査していないんですもの。



ということで、大本営の「食べて応援」「飲んで応援」のコンセプトの下、気になる様々な「セシウム入リかも食品」の拡散、おっと失礼、拡販、にガンバッテル皆さんのニュース記事を、最近気がついたものだけですが、軽〜くまとめてみました。


今回は、その第四弾。


以前の分は、下記リンクからどうぞ。



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれB・今日の放射能拡散予測(6/26〜6/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ@・今日の放射能拡散予測(5/28〜5/30)スイス気象局



あっと言う間に記事がたまります。怖いくらい。
内容もさることながら、この記事の多さ、
大本営が、どれだけセシウム拡散にやっきになっているかの証拠ですね。


自己防衛のご参考までに。

漏れていたら、すみません。m(__)m

(●は、軽〜くひとことコメントです)






★★最後の方には、食品以外の拡散、拡販記事も掲載しています。






ーーーーーーーー

●いまだに「風評被害」って。。。
実害だからみんな躊躇してるのに。。。
払拭したければ、全量検査が一番。

25日から上野駅で県産品フェア 風評被害払拭へ
http://www.minyu-net.com/news/news/0723/news3.html
本県産の新鮮な農産物や特産品を首都圏に売り出す福島フェア「福島のもの」は25日、東京・JR上野駅構内の地産品ショップ「のもの」でスタートする。
 夏休みに合わせ、県産品や観光地をPRし、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)と本県への誘客促進を図る。8月21日まで。
 同ショップは、JR東日本が取り組む「地域再発見プロジェクト」で開店。福島フェアは県や東邦銀行、JRなどの主催、東京都の共催で実現した。
 25日は、佐藤雄平知事が現地でトップセールスを展開。フラガールやミスピーチキャンペーンクルー、飯坂温泉のおかみと共に本県の魅力をアピールする。
(2012年7月23日 福島民友ニュース)




●まさにズバリ「食べて応援」「買って応援」(大汗)


東日本大震災被災地の「食」 食べて買って応援+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120722/trd12072208140001-n1.htm
2012.7.22 08:10
 いまだに大きな傷痕を残す東日本大震災の被災地。こうした被災地を元気づけたいと、「食」を通じて応援を続ける人も多い。都心や駅に設けられた復興応援ショップでは被災地の状況を分かりやすく情報発信し、震災の風化を防いでいる。(村島有紀)
全額、生産者へ
 昨年10月、東京・銀座にオープンした「東日本復興応援プラザ」。東急不動産(東京都渋谷区)が自社ビル(銀座TSビル)の1、2階を無償で提供し、東北の物産、写真や映像の展示、イベントの開催を支援している。運営する気仙沼地域開発(宮城県気仙沼市)のスタッフ35人は、国の緊急雇用創出事業での雇い入れで、5人ずつ計10人が東京と気仙沼を交代で勤務。売り上げは全額、生産者にわたる仕組みだ。被災や復旧の様子を記したパネル展示や被災企業からのメッセージもある。
 事務局によると、オープン当初の品ぞろえは30社150品目。復旧・復興に歩を同じくして現在は90社600品目まで増えた。メカジキや海藻、フカヒレなどの海産物やクッキー、ジャムなどの食材を販売する「銀座いきなり市場」では品切れが出る人気商品も。ご当地グルメ「メカカツバーガー」などを提供する「銀座つながる食堂」も人気だ。
「何もなかった所からプレハブの工場を建て、ここまで回復した。商売をやめようと思った人も立ち直った。(被災地の)みんなの思いが詰まった商品です」と及川順一事務局長。
 オープン当初より売り上げは減少したが、社内イベントなどでまとめて購入する企業やリピーターも多いという。今月から東京勤務になったスタッフの土屋宏貴(ひろき)さん(30)は「想像より被災地のことを考えてくれる人が多くてうれしい」。
 応援プラザはビルの建て替えのため、営業は8月末まで。及川事務局長は「復興までには何年もかかる。被災地の情報発信をしながら風化を防ぎたい」と、その後の展開を模索している。
利益は義援金に
 JR仙台駅3階新幹線中央改札横にあるのが、復興応援ショップ「絆」。東北3県のJRの駅でエキナカショップなどを運営する東北総合サービス(仙台市青葉区)が昨年12月、2年間の予定でオープン。収益を全額東日本大震災の義援金に充てる、JR東北新幹線の沿線駅で唯一のショップだ。
 ショップ内には、コメやみそ、海産物や土産品など被災企業を中心に300品目以上が並ぶ。震災で工場が全壊した木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の鯨の缶詰、震災後に養殖したカキの塩ゆでや炙(あぶ)り焼きなどが人気だ。
 総合サービスの本間規文(のりふみ)さんは「来客数は非常に多く、応援の気持ちを感じる。被災地の様子が分かるよう情報発信もしているので、ぜひ立ち寄ってほしい」と話している。





●水産業者による調査。。
当然の結果でしょう。やらせとは申しませんが。。。
それに「販売の仕方を工夫」して、もっともっと拡散するようです「魚」を!


親は“肉より魚を食べさせたい”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120722/k10013766011000.html
7月22日 17時9分
魚の消費量は年々落ち込んでいますが、子どもがいる親の多くが、肉より魚を食べさせたいと考えているという調査結果がまとまりました。
調査した団体は、「潜在的には魚の需要はあり、工夫次第でもっと魚が食卓に並ぶ可能性がある」と分析しています。
この調査は去年9月、水産業の関係者でつくる団体が、魚と肉の消費動向を比べるため、子どもがいる30代40代の男女およそ1200人を対象に行いました。
それによりますと、魚介類について「週に3、4回以上購入する」と答えたのは半数足らずの49%で、「週に1回程度」という答えが43%にのぼりました。
一方、肉類については「週に3、4回以上購入する」が91%で、食卓には魚より肉が多く並んでいることがうかがえました。
そして、魚への評価が低かった人にその理由を聞いたところ、「調理方法をあまり知らない」が24%、「骨があって面倒」が13%、「においが気になる」が12%などとなりました。
一方、「肉と魚のどちらをもっと子どもに食べさせたいか」を聞いたところ、魚と答えた人が94%で、肉と答えた人は6%。
「健康によい」と答えたのも魚が95%、肉は5%。
「栄養価が高い」も魚が69%、肉は31%でした。
調査した大日本水産会は、「潜在的には魚の需要はあり、販売の仕方の工夫で魚がもっと食卓に並ぶ可能性がある」と分析しています。大日本水産会魚食普及推進センターの宮本博紀事務局長は「魚を食べさせたい人は多いが、買うときに調理方法が分からないという人が多い。簡単な食べ方を店頭などで紹介するような取り組みを進めていきたい」と話しています。




●うひゃああああああ!!

自主活動 「食べよう! 福島のお米」福島原発行動隊
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0721&f=column_0721_046.shtml
2012/07/21(土) 14:04
福島原発行動隊より、自主活動「食べよう! 福島のお米」が行われている。
  これは、公益社団法人「福島原発行動隊」によるプロジェクトで、健康被害の少ない老人が福島の米を食い尽くそう、というもの。
  東京都内の米販売でほとんど店頭に並んでいない福島産の米。これは、全く販売不能の状況と言っても過言ではない。外食産業には産地表示が義務付けられていないため、外食業者が買い叩いている現実なのだそうだ。
  この状況では、若者子供たちが必然的に食べることとなる。
  そこで、健康被害の少ない老人が、福島の米を食い尽くそう、という考えのもとで今回のプロジェクトは発足された。2500万人の老人が食べれば、解決する問題なのだと言う。
  福島原発行動隊はボランティアとして、業者と購入者のつなぎを果たすのみであり、商行為には介在しない、と福島原発行動隊の平井 秀和さんは語る。
【記事:フェイトちゃん】(情報提供:日刊テラフォー)





●長崎にまで。。。。関東では、売れてないんですね、「福島の桃」。

福島のももを市場でPR 長崎
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5033574671.html
福島県産の桃のキャンペーンガールが21日朝長崎市中央卸売市場を訪れて福島の桃の安全性とおいしさをPRしました。
長崎市中央卸売市場で取り扱っている桃は産地別では福島県産のものが最も多く、去年は全体の54パーセントを占めました。
福島の桃のうち甘みなどが特に優れたものは「ミスピーチ」という品種名で売られており、同じミスピーチという名前のキャンペーンガールが全国でPRを行っています。
21日は第50代のミスピーチの2人が福島市の片平憲市副市長らと中央卸売市場を訪れました。
競りを前にミスピーチの2人は「農家の方が一生懸命つくったのでぜひご賞味ください」と話し、うちわを配って競りにかけられる福島の桃をアピールしました。
競りに出されたのは「日川白鳳」という品種で、福島県産の桃では最も早い時期の品種の1つで、少し酸味があるのが特徴です。
競りでは15個入りの箱に例年よりやや高い2700円ほどの値段がつきました。
JA新ふくしまの吾妻雄二組合長は「原発事故で大変だったが一生懸命作ってきました。歯触りも良く、美味しい桃ができていると思います」と話していました
07月21日 12時34分




●福島の桃、御用タレントさんがPR。桃からはセシウム出てるんですけどね。
こんな形で内部被曝を若者や子供にまで奨励するのは、許せない!
あ、今、気がついたけど、こうして大々的に宣伝しないと売れないということは、みんなヤバイと知ってるわけか。。。うんうん。


県産モモの魅力「TOKIO」がPR 首都圏でCM放映開始
http://www.minyu-net.com/news/topic/0714/topic1.html
 人気グループ「TOKIO」が県産モモの魅力をPR―。県は14日、主力産品のモモを売り出すため、首都圏でテレビコマーシャルの放映を開始する。TOKIOのメンバー5人全員が出演、原発事故の風評被害に苦しむ県産農産物の販売促進を応援する。
 内容はメンバーの城島茂さん、山口達也さん、国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんが1人ずつ県産のモモを手に「福島のモモは愛情が詰まっている」などと語り掛け、おいしさの理由をアピールする。
 農家の風景も映し出し、長瀬さんがモモにかぶりつくシーンも。最後に全員で「ふくしまは、元気です」とのメッセージを送る。県による農産物の安全確保の取り組みも紹介する。
 県は風評被害対策の一環として県産農産物の安全性を広く伝えるPR戦略を策定。情報発信の強化に向けコマーシャルを製作した。
(2012年7月14日 福島民友トピックス)





●セシウム、プルトニウム、ストロンチウムに、トリチウムたっぷりの海の思い出。


週刊茨城ニュース:きれいな海で夏の思い出を 17の海水浴場で海開き /茨城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120721-00000107-mailo-l08
毎日新聞 7月21日(土)12時17分配信
 梅雨が明け、待ちに待った本格的な夏の到来です。子どもたちは21日から夏休み。高校球児も連日、暑さに負けない熱戦を繰り広げています。みなさんは「夏」と聞いて何を思い浮かべますか?
 夏といえば、海です。南北に長い県内ではこの夏、17カ所の海水浴場が順次海開きしています。21日には全てが海開きを迎えます。
 昨年は東日本大震災の影響や、東京電力福島第1原子力発電所事故による風評被害で客足が遠のき、県内の海水浴場を訪れた方は一昨年と比べ84%減の約28万人にまで落ち込みました。北茨城市の磯原二ツ島海水浴場は、昨年に引き続き今年も海開きを見送ります。まだ「震災の影響はなくなった」と言える段階にはないでしょう。
 それだけに関係者の皆さんは、何とか海に戻ってきてもらおうと、知恵を絞っています。県は昨年3回だった海水の放射性物質濃度と砂浜の放射線量の測定を、4月から4回実施しました。いずれも海水からは検出されず、砂浜も沿岸市町村の大気中と同じかそれ以下の値でした。海水浴場に行くことを、不安に思う必要はありません。期間中にも、さらにもう一度検査するそうです。
 津波注意報や警報が出た場合の対策も万全です。スピーカーで呼びかけるのに加え、発煙筒や大きな旗を使い、沖合まで届くよう工夫しました。赤やオレンジなど目立つ色で、音が聞こえなくても「何か起きた」ということを伝えます。国の指針には「視覚」についての定めはありませんが、県が協力を呼びかけ、今年から17海水浴場全てでこの方法が採用されることになりました。
 海は楽しみに行くところですから、安全なのは「当たり前」かもしれません。しかし県内の海水浴場には「わざわざ足を運ぶ価値がある」と自慢できる点があります。それは「海のきれいさ」です。
 海水浴場の水質は、環境省の「水質判定基準」により▽ふん便性大腸菌群数▽油膜の有無▽有機物の量▽透明度−−の4項目から、「AA」「A」「B」「C」「不適」の5段階に判定されます。県の調査で今年、日立市の▽会瀬▽河原子▽水木▽久慈浜、鹿嶋市の▽下津▽平井、神栖市の波崎の計7カ所が最高の「AA」でした。残り10カ所がAAを逃したのも、震災による津波で海底の土からプランクトンの死骸が海中に巻き上げられ、有機物の量が増えたことが原因とみられるそうです。県環境対策課は「震災がなければAAがもう少し増えたのでは」と話しています。
 このほか、環境省が自然景観や環境への配慮など五つの評価基準から選ぶ「快水浴場百選」では、関東7カ所のうち5カ所を県内が占めています。県観光物産課は「きれいな海で夏の思い出を」と呼びかけています。
 昨年は海水浴を控えた方も、今年は不安材料はありません。今年だけの楽しい夏の思い出を、海で作ってみてください。【酒井雅浩】





●ブルーベリーって、大本営の検査でも、セシウム出てるのに。。。

【群馬】南牧 ブルーベリー一色に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120720/CK2012072002000154.html
2012年7月20日
 南牧村千原の道の駅「オアシスなんもく」で「ブルーベリー祭り」が開かれ、行楽客らで大にぎわいだった。
 村ブルーベリー生産組合が、同組合と村のPRを兼ね開催。収穫最盛期の採れたてのブルーベリーとブルーベリーの各種加工品を販売し、今年で六回目。
 同組合の今井淳子組合長が「今年は大当たり」と太鼓判を押す大粒のブルーベリーや、ジュース、ジャムなどの加工品、限定販売されたブルーベリーの草もちなどが並んだ。来場者はブルベリーを試食し「おいしい」と購入していた。 (樋口聡)


【群馬】「甘酸っぱさ」 旬の味 39のブルーベリー園 沼田でオープン
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120718/CK2012071802000143.html
2012年7月18日
沼田市ブルーベリー組合(豊野勝組合長、四十三人)の開園式が同市奈良町のあららぎ園(芝崎兼一園主)であり、市内に点在する観光園三十九カ所がオープンした。摘み取りは八月中旬まで楽しめる。
 豊野組合長は「生育が若干遅れたが、作柄は良好。ちょっぴり甘酸っぱい上品な味のブルーベリーができた。安全安心なブルーベリーを味わってほしい」とあいさつした。
 地元の池田幼稚園(横坂好枝園長)の四、五歳児二十二人が摘み取りに招かれ、濃い紫色に熟した大粒を口にすると、「甘いよ」とはしゃいでいた。
 同市では約八ヘクタールに多品種が栽培され、東京の市場へも出荷する。組合は地元洋菓子店と加工品の研究なども行い、この日は、ブルーベリージャムを塗ったパンが披露された。
 ブルーベリー園の入園料は、三十分食べ放題で三百円。持ち帰りは百グラム百五十円から。問い合わせは沼田ふるさと館=電0278(20)1300=へ。






●やめてええええええ!子供たちに何の罪があるの!!
子供を内部被曝させるのだけは、勘弁してあげて!!

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=15509
学校給食用パン 超強力「ゆめちから」+地場産 小麦粉 国産シフトへ 全パン連
(2012年07月19日)
学校給食向けにパンを納入する製パン業者団体の全日本パン協同組合連合会(全パン連)が、全国の学校給食で使うパンの原料小麦を2013年度から、段階的に輸入から国産に切り替える体制づくりを本格化させた。
超強力系品種の「ゆめちから」と各地域の中力品種をブレンドし、地域ごとのオリジナルパンとして提供することを計画。製パン、製粉、学校給食会といった関係者を集め製造方法などの研修会を開催中だ。
輸入小麦粉より原料価格が高くなることが課題で、食料自給率向上へ国に支援を求めている。





●ぎゃああああああ。大手流通が「福島県産品販売促進」の大応援団結成。
あなたは、逃げられるか?

セブン&アイが福島県産品の販売を促進 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120718/biz12071819260023-n1.htm
2012.7.18 19:25
セブン&アイ・ホールディングスが開いた福島県産品の販売促進イベント=18日、東京都葛飾区のアリオ亀有 セブン&アイ・ホールディングスは18日、東日本大震災で被災した東北企業を支援する「東北かけはしプロジェクト」の一環として、東京都葛飾区の大型商業施設、アリオ亀有で、福島県産品の販売促進イベントを開いた。
 福島県の佐藤雄平知事は「生産、流通の各段階でしっかり(放射性物質の)検査をして安全なものを提供するので、支援をお願いしたい」と述べた。
 セブン&アイが行う東北支援のプロジェクトは3回目。東北に本社や製造拠点などがある食品メーカー81社の製品を17日から全国の店舗で販売している。東北産品などを扱うオリジナル商品ブランド「東北かけはし屋」も立ち上げた。
 21日には東京都江東区のアリオ北砂で岩手県産品の、仙台市泉区のイトーヨーカドー仙台泉店で宮城県産品の販売促進イベントをそれぞれ行う予定。


大手流通 被災地と連携し商品販売 7月18日 16時47分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120718/k10013672791000.html
東日本大震災の被災地の復興を支援しようと、大手流通グループが福島産のコメを使ったオリジナルの食品など、被災地と連携して作った商品の販売に乗り出しました。
これは、大手流通グループの「セブン&アイ・ホールディングス」が行っているもので、被災地の3県の農作物を使ったり現地で生産したりしたオリジナルの食品の販売を、18日から全国の400店舗で始めました。
この中には、福島県産のコメを使ったレトルト食品や、福島県の工場で製造した芋煮のカップうどんなどがあります。
さらに、東京・葛飾区にあるグループのスーパーでは、福島県産の桃やトマトなどのほか、福島県の小名浜港に水揚げされたカツオも販売され、客が早速買い求めていました。
福島県の佐藤知事も店を訪れ、「福島産の商品が並ぶようになり、生産者にとって光明が見え始めた。
しっかりとした放射性物質の検査態勢を敷き、安心な物を消費者に届けていきたい」と話していました。
また、買い物客の女性は「福島県の農作物は現地で検査されているし、復興支援にもつながるので買いました」などと話していました。






●MOX佐藤県知事さん、
ついでに、ご自分のポケットマネーで、全部買ってあげてください。

福島の農産物「安全」 知事、都内でトップセールス
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/07/post_4535.html
福島県産農産物をアピールしようと佐藤雄平知事は18日、東京都葛飾区のイトーヨーカドーアリオ亀有店でトップセールスを繰り広げた。
 佐藤知事は福島市出身の女優白羽ゆりさんと登壇。来場者にこれまでの支援に対するお礼を伝えるとともに、本県産のモモやキュウリ、トマトなどを手にして農産物の安全性をアピールした。来場者には実際に試食してもらい、本県農産物の購入を呼び掛けた。
 会場では会津キャンペーンクルーによる白虎隊剣舞なども披露された。
 今回は夏のトップセールス第1弾。佐藤知事はセブン&アイ・ホールディングスが東日本大震災で被災した東北企業を支援する「東北かけはしプロジェクト」に参加した。佐藤知事と内堀雅雄、村田文雄両副知事は8月4日までに計5回、県内外でトップセールスを実施する。
(2012/07/19 12:04)




●福島のカツオ。。。。ヤバすぎ。

地元産・カツオ食べて いわきのスーパーなどキャンペーン
http://www.minyu-net.com/news/topic/0718/topic5.html
いわき市の小名浜港で水揚げされたカツオを多くの市民に食べてもらおうと、同市は17、18の両日、市内のスーパーや鮮魚店に呼び掛けてカツオの販売促進キャンペーンを実施している。
 東京電力福島第1原発事故の風評被害払拭(ふっしょく)につなげようと、17日朝に小名浜港で水揚げされたカツオを販売。カツオは、太平洋沖合北部で漁獲したもので、小名浜魚市場で放射線量を検査した結果、「ND(検出限界値以下)」だった。マルトやイオンいわき店など約50店舗で実施している。
 イオンいわき店にも、新鮮な刺し身が店頭に並んだ。試食も行い、買い物客が次々と買い物かごに入れていく姿が見られた。会場を訪れた小名浜機船底曳網漁業協同組合の前田久さんは「安全でおいしいカツオを地元の皆さんに楽しんでほしい」と話した。キャンペーンは、店舗により商品が売り切れた時点で終了する。
(2012年7月18日 福島民友トピックス)




●またまたタイムリーな「お茶飲め」キャンペーン御用ニュース。
研究も御用研究?
セシウムさえなければ。。。

Dr.中川のがんの時代を暮らす:/44 緑茶は養生の仙薬
http://mainichi.jp/feature/news/20120716ddm013070025000c2.html
毎日新聞 2012年07月16日 東京朝刊
 また、同センターが40?69歳の男性約5万人を対象に行った調査の結果、緑茶を飲む頻度が多いほど、進行型の前立腺がんのリスクが低下していました。緑茶を1日5杯以上飲むグループでは、ほとんど飲まないグループよりもリスクが半分くらいに下がりました。
 一方、乳がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓(すいぞう)がんなどでは、男女ともに緑茶によるリスクの低下は認められませんでした。緑茶の予防効果を過信することはできませんが、お茶の生産と消費が日本一の静岡県では、特に女性のがんが全国平均よりも少ない傾向があります。お茶が大好きな僕も、栄西禅師に感謝したい気持ちです。(中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長)






●ホ、ホタテ。。。
「ホタテをおいしそうに頬張った小学校五年。。。。」

【栃木】津波で道具失うも…寄贈受け野球部存続 石巻・牡鹿中学関係者 ホタテで恩返し
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120715/CK2012071502000147.html
2012年7月15日
東日本大震災で被災した宮城県石巻市立牡鹿中学校の野球部関係者が十四日、足利市を訪れ、地元の野球少年らに焼きたてのホタテを振る舞った。足利市民有志が、津波で失われた野球道具を寄贈したことへのお礼。関係者は「おかげで部が存続できた。恩返しのつもり」と感謝の気持ちを特産品に託した。 (清水祐樹)
 震災では、高台にある牡鹿中の校舎は無事だったものの、校区の大部分が津波の被害に遭い、当時の野球部員の自宅はほとんどが流された。部活動がない日だったため、家に置いてあった野球道具も一緒に失われた。
 震災直後から、現地でボランティア活動を始めた足利市の呉服業飯嶋宏行さん(55)が、野球部の苦境を聞き、足利の知人に相談。市内の野球団体でつくる足利野球協会の呼び掛けで、昨年五月にグラブやユニホームなどの野球道具約百二十点が集まった。
 道具は飯嶋さんを通して野球部に届けられ、大きな大会にも出場できた。その後、部員は避難所から仮設住宅へと移り、今年は新入部員を迎えてグラウンドでの練習も再開。徐々にではあるが、復興が進んできたことから、保護者らが「恩返し」を企画した。
 この日、足利市総合運動場で開かれた少年野球大会にあわせて実現。提供したホタテ約八百個は、震災後に初めて養殖したもの。保護者代表の渥美政雄さん(34)は「皆さんが喜んで食べてくれ、うれしい。どんどん宮城のホタテを味わって」と地元漁業の復興もPRした。
 会場では、飯嶋さんが被災地の写真パネルを展示し、震災直後の状況などを児童らに説明。「ホタテを食べた思い出と一緒に、被災地のことを忘れずにいてくれたら」と願いを込めた。
 ホタテをおいしそうに頬張った足利市立けやき小学校五年の関谷勇冴君(10)は「被災地への関心が高まった。大きくなったら、復興を手伝いたい」と話していた。




●枝豆、大豆。。。移行率高いよね(汗)

甘みもどうぞ「天狗印枝豆」 収穫と出荷が本格化 沼田
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120712/CK2012071202000179.html
2012年7月12日
沼田市を中心に周辺のみなかみ町、高山村など県北部で枝豆を生産する約百九十戸の農家でつくる「沼田利根蔬菜(そさい)出荷組合」で、枝豆の出荷が本格的に始まり、農家は収穫作業に追われている。
糖類とアミノ酸を豊富に含む特産の枝豆は「天狗(てんぐ)印枝豆」の登録商標で、沼田市下川田町の「塩野商店」が生産管理から販売まで一括して担当。今年の出荷量は約千七十五トンが見込まれ、県内のほか、京浜地区のスーパーやデパートなどで「高級ブランド」の枝豆として販売されている。
沼田市今井町の枝豆生産農家、宇敷政与さん(77)方では、早朝から夕方まで枝豆のもぎ取りと選別作業に大忙し。「品質は平年並みで、甘みも十分」という。出荷は十月上旬まで続く。 (山岸隆)




●水耕栽培、いいんですが、大事なのは水。
セシウムにトリチウムたっぷりでは。。。。。(大汗)

復興レタス、育ってます 岩手・陸前高田のドームハウス
http://www.asahi.com/national/update/0710/TKY201207100481.html
2012年7月11日17時53分
東日本大震災の津波で塩害を受けた岩手県陸前高田市の浜田川地区に、水耕栽培のレタス栽培工場ができた。レタスは順調に育ち、今月末にも初収穫の見込みだ。
 直径約30メートルの白いドームハウス8基が、国道沿いに並ぶ。中には直径約20メートルの水槽があり、可動式のシリンダーにレタスが1株ずつ植えてある。水槽が回転すると、中心部のレタスの列が外側に1周ずれ、より広い場所に移って育つ仕組みだ。すでに7基で栽培が始まり、残りの1基も間もなく苗を植える。フル稼働すれば1日3200〜3600株が生産される。
 横浜市中区の野菜工場開発・農産物販売会社「グランパ」が開発し、関連の農業生産法人が運営する。現地で被災者ら17人を雇用した。山田篤志プロジェクトマネジャーは「地元の目玉になるような品質の良いレタスを生産し、復興に貢献したい」と話している。





●「ウナギのかば焼きもどき」、おいしそうですが、原材料が気になります。
「おからと豆腐、魚のすり身を混ぜ合わせて作る」。。。。(大汗)


【食品】金沢の日本海藻食品研究所、「ウナギのかば焼きもどき」を開発 皮までリアルに再現[12/07/10]
http://kanazawa.keizai.biz/headline/1829/
(2012年07月10日)
金沢の食品開発会社「日本海藻食品研究所」(金沢市本江町)が7月6日、「ウナギのかば焼きもどき」の技術開発に成功したと発表した。
「ウナギのかば焼きもどき」は、同社の白石良藏会長が6年前から開発に取り組んできたもので、原料提供などで提携する金沢豆冨(専光寺町)との「約束」でもあった。
ウナギの「身」は、おからと豆腐、魚のすり身を混ぜ合わせて作る。
見た目と食感は本物そっくりだが、カロリーは控えめでかなりヘルシー。
冷凍できるため、作り置きも可能だ。「皮」にもこだわった。
通常のかば焼きもどきにはノリが使われることが多いが、同社の特許技術のペースト化した海藻と海藻エキスを使うことで、ウナギの皮の形状と食感をリアルに再現した。
これまで溶けないソフトクリームや「白子もどき」をはじめ、数々の独創的な食品の開発を行ってきた白石会長だが、全てのケースに共通するのは「おからや型崩れした豆腐、商品にならない海藻など、通常廃棄される食材を使う」という信念だ。
今回、かば焼きもどきの試作品を作るためのウナギの「型」は、白石会長の信念と情熱に共感した金沢美術工芸大学の学生がシリコンで制作してプレゼントしてくれたという。
ウナギの消費が増えるシーズンを迎えたが、今年は稚魚の不漁が原因で全国的にウナギの価格が高騰している。
白石会長は「本物の代替品としてはもちろん、カロリーが高い食事を制限している人にも、かば焼きの味を気軽に味わってもらえたら」と話し、販路開拓への期待を込める。
http://images.keizai.biz/kanazawa_keizai/headline/1341879745_photo.jpg
日本海藻食品研究所 http://www.japan-sfl.com/






●前回も書いたけど、山形のさくらんぼ、セシウム出てるのに。。。


山形県知事がサクランボをPR
http://www.news24.jp/nnn/news8714888.html
(石川県)出荷量が全国の7割を占める山形県のサクランボ。10日、地元の知事が、金沢市内でトップセールスした。
石川県も参加する「ふるさと知事ネットワーク」の事業として来県したのは、吉村山形県知事らPR団の一行。同日から県内4か所の直売所で山形県産のサクランボ「紅秀峰」が販売されることになり、初めて金沢市内でセールスを展開した。会場には谷本知事も駆けつけ、両県知事がそろって買い物客にサクランボを配り、今が旬のおいしさをアピールした。紅秀峰は大粒で、果肉が引き締まり甘みが強いのが特徴で、山形では有名な「佐藤錦」に次ぐ生産量だという。県内の直売所では同日から4日間で100キロが販売される予定。
[ 7/10 13:50 テレビ金沢]



●セシウム入りのポテトチップスか。。。

【千葉】多古町産ポテトチップスあす販売 2週間、地域限定7/8
2012年7月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120708/CK2012070802000129.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120708/images/PK2012070802100081_size0.jpg
商品は「丸大豆しょうゆ味」と「もんじゃ焼き味」の二種類。いずれも多古町産ジャガイモを100%使用。PRのため、ジャガイモの生産者と製造元・カルビー(本社・東京都)の関係者らが、県庁の森田健作知事を表敬訪問した=写真。





●水が大事なんですよね、水が。。。。(汗、汗)

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所製造「伊逹」、宮城限定で発売 /宮城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000066-minkei-l04
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000066-minkei-l04.view-000
みんなの経済新聞ネットワーク 7月9日(月)19時41分配信
 アサヒビール(東京都墨田区)は7月2日、ブレンデッドウイスキー「ニッカ伊逹」の販売を宮城県内限定で始めた。(仙台経済新聞)
 ニッカウヰスキー仙台工場・宮城峡蒸溜所(仙台市青葉区ニッカ)で製造したカフェモルトとカフェグレーンをブレンドして製造した同商品。「モルティーな香りとクリーミーな味わい、ほどよい苦味」(同社)が特徴だという。アルコール度数は43度。
 2008年・2009年に500ミリリットル入り瓶を数量限定で発売し好評を得たが、今回さらに味の改良を行い、「業務用としても使いやすいように」と700ミリリットル瓶を通年で販売。新しいラベルは、やわらかい茶色をベースに蒸留所のイラストをあしらい「飲みやすさと親しみやすさ」を、ゴールドの箔(はく)で「高級感」を表現。中央には村井嘉浩宮城県知事が揮毫(きごう)した「伊達」のロゴを配置した。
 発売開始から1週間がたち、自宅用や土産物として県民・観光客などが購入し売れ行きは「好調」という。同社担当者は「地元の皆さまのみならず仙台・宮城を訪れる多くの人々に親しまれ、観光の盛り上げにも貢献できれば」と期待を寄せる。
 オープンプライスで、参考価格は3,075円。県内の酒販店、スーパーなどで扱う。




●福島の蜂蜜だって。。。ぎゃあああああ。ヤバすぎ!

東北復興産直市:商品通し被災地感じて 4県からの産直市、青森市にオープン /青森
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120708-00000065-mailo-l02
毎日新聞 7月8日(日)13時1分配信
東日本大震災の被災地の農産物や加工食品を直売する施設「東北復興産直市」が、青森市本町1にオープンした。買い物客で連日にぎわっている。同市出身で農産物の直売を手掛ける阿部高志さん(47)が発案。商品販売を通して復興に一役買うことを目指す。宮城県で被災者に配られたロールケーキ「絆ロール」、原発事故の風評被害で客足が落ちる中で作られた福島県のハチミツ−−。
産直市の商品棚や軒先には、東北4県の被災者が再起の思いを込めた商品約200種類が並ぶ。
「ちょっと見ていってください」。運営スタッフが元気に声をかけると、通行人が次々に入店していた。




●日光のそばって。。。ヤバイ。検査してよ。

「日本一早い新そば」ツルッ、日光で
http://www.asahi.com/food/news/TKY201207080164.html
2012年7月8日14時28分
「日本一早い新そば」を冠に掲げた「日光夏の新そばまつり」が7日、日光市瀬川の日光ブランド情報発信センターで始まった。8日までの2日間に2千食を提供する。
 市内106のそば店が加盟する「日光手打ちそばの会」(我妻一義会長)が主催。北海道産のそばの種を、気温差を利用して、日光で4月にまいた。先月下旬に刈り取り、約7・5トンを収穫。早播(ま)き早刈りで完熟していないため、そばは淡い緑色に仕上がる。味わった人は「新そばだけあって香り高く、見た目も清涼感があり、夏にぴったり」と話していた。
 まつりは午前10時〜午後4時。メニューはもり500円、おろし600円、冷やしたぬき600円。
 まつり後は今月いっぱい、市内の12店舗で提供する予定。問い合わせは同会事務局(0288・21・5170)へ。




●こ、怖すぎる。<福島産「全力で売る」>
全品全量、放射能検査されてるの????


福島産「全力で売る」=売り上げ、原発事故後も維持−アンテナショップ店長・東京
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012070700178
 福島県のアンテナショップ「ふくしま市場」(東京都江戸川区)は、東京電力福島第1原発事故の後も、堅調な売り上げを持続している。福島市出身の店長、桜田武さん(42)は「福島の代表として、全力で福島のものを売っていきたい」と話す。
 「自然薯(じねんじょ)、福島の自然薯、いかがですかー」。今月初旬、店頭で試食用のてんぷらを揚げながら、買い物客に熱心に勧める声が響く。冷凍食品を手に持つ客を見つけると、「それじゃあ凍傷になっちゃいますよ」と、笑顔で買い物かごを差し出す。常に店内の様子に気を配り、休みなく動き回る。
 「町の八百屋、魚屋さんの感覚でやっています」と桜田さん。ふくしま市場は、営業は午前9時〜午後9時で年中無休。毎朝宅配便で送られてくる新鮮な野菜や果物などが並ぶ。品質にこだわり、支援者が作った菓子を置いてほしいという福島県議の依頼を断ったこともある。
 2006年のオープン時、店長に就任。順調に売り上げを伸ばしてきたが、昨年3月の原発事故が直撃した。牛乳、牛肉、コメなどから次々と基準を超える放射性物質が検出され、全ての食品検査を業者などに要請した。一方、売れ行きが鈍った商品でも、「わざわざ福島の価値を下げる必要はない」と値段は変えなかった。
 11年度(昨年4月〜今年3月)の売り上げは1億8100万円で、10年度を3300万円上回った。今年は一時の「応援買い」が減り、事故前の水準は維持しているが、11年度には及ばない状態という。
 秋にかけ、桃、梨、リンゴやコメなど主力農産物の出荷が本格化する。桜田さんは「事故から2年目の今年が勝負。スタッフ全員でお客さん一人一人に声を掛けて福島をアピールしていく。愚直にやるだけです」と語った。
(2012/07/07-15:17)




●67社が、一気に、攻めて来るそうです(大汗)

【静岡】《経済》 67社、野菜や魚介自慢の商品PR
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120706/CK2012070602000071.html
2012年7月6日
ヤードウエスト浜松が開発した有機栽培野菜のペースト
 食品関連の展示商談会「第九回しずぎん@gricom(アグリコム)」(静岡銀行主催)が五日、静岡市駿河区のホテルで開かれた。県内と周辺の食品加工業者、農林水産業者など計六十七社が出展し、訪れた量販店の仕入れ担当者らに商品を売り込んだ。
 出展者のうち二十五社が初参加。地元特産の野菜や魚介の加工品はじめ、洋菓子、調味料など幅広い商品が並んだ。新商品を出した企業からは、新東名高速道路の商業施設での販売に期待する声が多く聞かれた。
 有機堆肥製造・販売のヤードウエスト浜松(磐田市)は、堆肥の納入先の農場で栽培した野菜のペーストを出品。調味料や保存料を使わず、野菜自体の甘みを生かした。離乳食や介護食のほか、パンやスープに混ぜる材料にもなるという。
 農場から販路拡大の相談を受けたことをきっかけに、初めて食品加工に乗り出した。山田将行・企画営業本部長は、「土づくりから食卓まで手掛ける事業モデルを確立して、他社との差別化を図りたい」と語った。
来場者に試食を勧めて新商品を売り込むマツダ食品の担当者=いずれも静岡市駿河区のホテルで
 マツダ食品(浜松市東区)は、浜名湖特産の青のりのつくだ煮をふんだんに使用した新商品のカレー「ノリノリはまなこ海苔(のり)カリー」を売り込んだ。
 「“ノリ”で試作したら、意外に好評だったので商品化した」と松田和敏社長。青のりの滑らかな舌触りを残すため、レトルトではなく低温殺菌パックにした。一個五百円で販売する予定で、「土産物店で取り扱ってくれたら」と期待した。
 干し芋製造・販売のまるととづか(牧之原市)は、遠州産のサツマイモを一口大にカットして天日干しにした「ころいもちゃん」を紹介。角切りやスライスに向かない小さなサツマイモを活用した。
 同社オンラインショップの前田さやか店長は、「イモの繊維が短いので、幼児やお年寄りにも食べやすい」とPR。今は通信販売が主体だが、「新東名のサービスエリアで売りたい」と意欲的だ。




●で、水の検査は???米の検査は???

日本酒「親父の小言」発売  浪江のショッピングセンター
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/07/post_4397.html
原発事故で避難している福島県浪江町のショッピングセンター「サンプラザ」の運営会社マツバヤ(松原茂社長)は、事業を再開した町の鈴木酒造(鈴木市夫社長)と提携し、日本酒「親父の小言」を発売した。
 「朝きげんよくしろ」「自らに過信するな」「家内は笑うて暮らせ」などの「親父の小言」は、昭和3年に町内の大聖寺の青田暁仙住職(当時)が揮毫(きごう)した人生訓。昭和30年代にマツバヤの前身の会社が額にして売り出し、全国に知られるようになった。
 深みのある人生訓が大震災からの復興を目指す人々の励ましになれば−と、マツバヤが日本酒のラベルに使った商品づくりを計画した。「磐城寿」の蔵元で山形県長井市で事業を再開した鈴木酒造が大吟醸、純米酒、本醸造の3種類のそれぞれ1.8リットルと720ミリリットル入りで製品化した。
 マツバヤ(サンプラザ)のカタログ販売で電話注文を受けるほか、近く酒販店にも並ぶ。電話注文の問い合わせは0247(73)8146へ。
(2012/07/04 11:36)





●普段は陰で操っている大本営が表に顔を出しました。

【茨城】地元野菜で「筑西きむち」 名物化へ官民一体
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120704/CK2012070402000152.html
2012年7月4日
 筑西市の官民一体の地域活性化プロジェクト「ちっくタッグ」は、新たな特産品「筑西きむち」の本格的なPRに乗り出した。
 ちっくタッグは健康志向、美容効果などで人気のあるキムチに注目し、料理研究家などを招いて試作を重ねてきた。筑西きむちは本場の韓国スタイルとは異なり、地元産の野菜を使い、漬けだれに「和」のうまみを生かしたのが特徴。店などで取り入れられるよう共通レシピも作った。
 昨秋から市内の朝市などで販売しており、市民に好評なことから今月中旬には大阪市内で開かれる物産展に出展し、ご当地グルメとして全国へ発信する。市内の飲食店や食品加工業者などをメンバーに「筑西きむち協議会」も設立。第一弾として市内で筑西きむちを扱う認定店を約二十店選び、九月から本格販売する予定。小学校の給食メニューにも加えていく方針だ。
 ちっくタッグは「食による町おこしに向け、筑西きむちを活用した料理や、お土産品も開発していければ」とさらなる広がりを目指す。 (原田拓哉)




●「クルミの実を混ぜたり、そばやマイタケを油揚げに詰めた」いなり寿司。。。。
うひゃああああ。(大汗!)

【茨城】茨城自慢のうまい食べ物 全国へ飛び出せ 笠間のいなり寿司
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120704/CK2012070402000154.html
2012年7月4日
本県自慢の味や特産品を全国に広め、地域活性化につなげようとする取り組みが各地で相次いでいる。
 笠間市のいなりずしで町おこしを目指す「笠間のいなり寿司(ずし)いな吉会」(沼田淳二郎会長)が、日本一のB級グルメを競う「B−1グランプリ」を主催する愛Bリーグの準会員から正会員に県内で初めて昇格した。正会員になるとB−1グランプリ全国大会に出場できる。沼田会長が、県庁を訪れて報告した。
 このいなりずしは、日本三大稲荷(いなり)の一つに数えられる同市の笠間稲荷神社の門前町で参拝客に古くから販売されてきた。二〇〇六年、近くの飲食店や旅館業者らが「ご当地グルメに」と、いな吉会を設立し、新種のいなりずしで町おこしをと開発に取り組んできた。
 さまざまな食材を使った変わり種が特徴。同神社は境内にクルミの木が自生していることから「胡桃(くるみ)下稲荷」と呼ばれて親しまれている。このことからいなりずしにクルミの実を混ぜたり、そばやマイタケを油揚げに詰めるなどしている。
 愛Bリーグの正式名称は「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」。静岡県の富士宮やきそば、山梨県の甲府鳥もつ煮などB級グルメ自慢の六十六団体が正会員になっている。いな吉会は同リーグの関東支部に加盟する準会員で、参加はB−1グランプリ地方大会まで。今回、東北の被災地での炊き出しなど積極的な活動が認められ今年五月に正会員に昇格した。
 今年十月、北九州市で開催される「第七回ご当地グルメの祭典!B−1グランプリin北九州」で全国大会に初参戦する。沼田会長は「恵まれた県産の農作物を使い、新商品を開発し、これからも皆さんに喜ばれるいなりずしを作って、笠間の町を元気にしていきたい」と抱負を述べた。(林容史)





●セシウム拡散もとい、拡販に協力的なイオン。
民主党岡田さんの実家だもん、当然か。

【茨城】笠間の貯蔵栗 甘み2〜3倍増 イオンと連携、流通網を活用
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120704/CK2012070402000153.html
笠間市特産の「貯蔵栗(ぐり)」を広めようと市や県、地元農協、小売業のイオンリテールなどが研究会を発足させた。新商品を開発し、イオンの流通網を生かして全国展開を目指す。




●今は「応援」の意味で、福島は何でも1位かも。。。


ついに福島の酒が念願の日本チャンピオンに! 全国780種のきき酒審査会
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/02/kiji/K20120702003587360.html
[ 2012年7月2日 06:00 ]
福島の酒日本一 全国780種のきき酒審査会
日本酒の消費が落ちている中、市販品のうち「日本一うまい酒」を決めて市場を盛り上げようと、
全国約300の蔵元から約780種類の酒を集めたきき酒審査会が1日、東京都内のホテルで開かれた。
小売りのはせがわ酒店(東京)と酒販卸の岡永(同)が共同で企画。会場には蔵元のほか一般の清酒ファンら約1000人が詰め掛け、各地の酒を楽しんだ。

審査は4部門で「純米」部門の1位は、広木酒造本店(福島県会津坂下町)の「飛露喜 特別純米 生詰」だった。
他3部門の1位は、「純米吟醸」が磯自慢酒造(静岡県焼津市)の「磯自慢 純米吟醸」、「純米大吟醸」は高木酒造(山形県村山市)の「十四代 龍月」、「生もと・山廃」は澄川酒造場(山口県萩市)の「東洋美人 山廃純米」
[ 2012年7月2日 06:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/02/kiji/K20120702003587360.html




●カゴメは福島のトマト使用らしいです。
セシウムトマトを食べて、内部被曝するか、それとも、疲労軽減か。
どちらかといえば、効果が「疲労軽減」程度ならば、あえてトマトを食べなくても。。。。

【研究】トマトジュースで疲労軽減=運動前が効果大―カゴメ
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000141-jij-soci
時事通信 7月2日(月)21時20分配信
運動前に100%のトマトジュースを飲むと、運動後の血中の疲労物質の増加が抑えられることを、
カゴメ(名古屋市)と鈴鹿医療科学大(三重県鈴鹿市)の共同研究チームが2日、マウス実験で突き止めたと発表した。
研究チームは、あらかじめ運動の1時間前にトマトジュースを飲ませたマウスと、運動直後に飲ませるマウスを用意。
それぞれのマウスをランニングマシンに見立てた装置で1時間走らせ、6時間後に血液検査を行い、疲労の度合いを示すたんぱく質の血中濃度を調べた。
その結果、運動前にジュースを飲ませたマウスの疲労度は、運動後に飲ませたマウスの7割にとどまったという。





●茨城の「ジャガイモ、ひき肉、キュウリ、ナス、ニンジン、コーン」のコロッケ。
うひゃああああ。

【茨城】龍ケ崎の野菜をコロッケに サクサクの食感 夏季限定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120701/CK2012070102000115.html
2012年7月1日
コロッケで町おこしに取り組む龍ケ崎市の市商工会女性部(吉田京子部会長)が、夏季限定の新商品「野菜コロッケ」を発売する。一個九十円。
 野菜コロッケはジャガイモとひき肉のベースに、地元産のキュウリとナスを入れ、ニンジンやコーンも交じっている。
 食べてみると、キュウリとナスの印象はやや薄いが、サクサクした衣が味を引き立てる。十五日に静岡県三島市で開かれる「三島フードフェスティバル」で全国デビューする。 (坂入基之)





●宮城、福島の和菓子や日本酒、甘酒やスイカ。。。。(汗)
商品券の方がうれしいな。

【神奈川】アイデア勝負 お中元商戦  横浜で集客作戦
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120630/CK2012063002000126.html
横浜高島屋(横浜市西区)でのテーマは、「被災地応援」と「節電の夏」。岩手、
宮城、福島の和菓子や日本酒などのほか、体力維持や水分補給など「節電疲れ」
を癒やす甘酒やスイカなど、二千三百種類をそろえる。




●米粉でセシウム拡散。。。おおおおお大汗。

【茨城】レシピ、HPで提案 米粉宣隊KMK44 2期メンバー紹介
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120628/CK2012062802000142.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120628/images/PK2012062802100055_size0.jpg
2012年6月28日
 米粉を普及させ、県産米の消費拡大に一役買おうと昨年、結成された「米粉宣隊『KMK44』」の二期メンバーが決まり、ネット上でレシピを提案するなど今後の活動予定を県庁で発表した。
 KMKは米粉のローマ字「KoMeKo」の頭文字で44は県内の市町村数。新メンバーは東京都目黒区の「みえ姉」こと岡田美恵子さん(42)、千葉県柏市の「ひとみん」池上瞳さん(29)、ひたちなか市の「きーちゃん」黒沢君予さん(23)、北茨城市の「あーちゃん」鈴木亜里沙さん(24)。
 レシピは開設したホームページ「いばらき米粉推進プロジェクト」で紹介している。「からっと揚がって、とろみも付けられ、もちもちした食感」の米粉の特徴を生かした空揚げやハヤシライス、チヂミなどをメンバーが考案した。東京・銀座にある県のアンテナショップで試食会を開いたり、各地の料理教室に参加したりする。
 実家が農家のきーちゃんは「県の野菜で若い女性向けのレシピを紹介します」、健康オタクを自任する栄養士のあーちゃんは「栄養バランスを考えたレシピを考案したい」とそれぞれ意気込む。
 二〇一一年度、県内の米粉用米の生産量は約五百九十トンで前年度からほぼ倍増した。 (林容史)




●全部、検査さえされていればねぇ。。。

【栃木】「おいしい野菜待っててね」宇都宮「ろまんちっく村」 「ミヤリー農園」オープン
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120628/CK2012062802000147.html
2012年6月28日
宇都宮市のマスコットキャラクター「ミヤリー」が二十七日、同市新里町の市農林公園「ろまんちっく村」に「ミヤリー農園」を開園した。東京電力福島第一原発事故による風評被害に苦しむ地元の農業を盛り上げることなどが目的。市の特別PR担当の面目躍如とばかりに、ミヤリーが“就農者”として新たに立ち上がった。
 タオルを首に巻き、カラフルな腕カバーや、長靴に身を包み気合十分で農園に登場したミヤリーは、麦わら帽子もかぶって熱中症対策も万全。野菜のイラストが付いた「ミヤリー農園」の看板を設置し、早速くわを手にすると、畑の土を耕し、野菜の苗木に水を掛けるなど精力的に農作業に取り組んだ。
 ミヤリー農園は、施設内の体験農園に設けた広さ三十五アールで、ナス、トマト、キュウリ、ピーマンといった夏野菜を栽培。収穫した野菜は夏以降、袋にミヤリーのロゴマークを付けて市内外で販売したり、施設内のレストランなどの食材として提供したりする。
 加えて、ニラも栽培。宇都宮市は総務省の家計調査で昨年、浜松市の後塵(こうじん)を拝し「ギョーザの消費量日本一」の座を十六年ぶりに失った。日本一奪還を目指し、ミヤリーもギョーザの主食材であるニラを栽培し、「宇都宮餃子(ぎょうざ)会」との共同企画を模索している。
 夏には、地元の子どもたちを招き、一緒に野菜を収穫することも計画中とか。ミヤリーは「ミヤリー印のおいしい野菜を、楽しみに待っててね」と話している。 (磯谷佳宏)










●●●大本営は、もちろん、海外への拡散も忘れていません。


●アジアの皆様、ごめんなさい。でも、ブーメランはやめてね(ハート)

日本産食品の輸入規制見直し求める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000085-san-int
産経新聞 7月11日(水)7時55分配信
 東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、中国、韓国の外相級会議が10日、カンボジアの首都プノンペンで開かれ、山口壮外務副大臣は中国と韓国に、東京電力福島第1原発事故を受けた日本産食品の輸入規制を見直すよう求めた。会議では広域インフラ整備や金融、食料安全保障分野などにおける協力の進展を図ることで一致。北朝鮮の核実験など、さらなる挑発行為を防ぐために、緊密に連携していくことも確認した。(プノンペン 青木伸行)




●福島の桃。。。って、今でも、はっきりセシウム出てるのに。。。
タイさん、ごめんなさい。
でも、でも、ブーメランはやめてね(ハート)

8月に県産桃のタイ輸出商談会 ジェトロ
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2012071015
2012年07月10日 10時46分配信
日本貿易振興機構(ジェトロ)は8月、県北地方で県産桃のタイ向け商談会を開く。
東京電力福島第一原発事故以降、県内で一次産品の海外商談会を催すのは初めてで、原発事故の風評被害に苦しむ県産品の再興に向け、海外への販路開拓を後押しする。
タイからバイヤーを招き、農家やJAを案内して旬の桃のおいしさをアピールする。
現場で放射性物質の検査体制や栽培方法などの安全対策も説明する。
今回を契機に、海外向けの一次産品の商談会を推進する。
ジェトロは、海外のバイヤーが県内の実情に触れることで風評被害を払拭(ふっしょく)する取り組みを進めている。
帰国後に県内の状況を口コミで広げてもらう狙いもある。
10月には郡山市で東日本全体の日本酒の海外バイヤー向け商談会を開く予定だ。




●台湾の皆さん、ごめんなさいm(__)m。
でも、ブーメランはやめてね(ハート)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120627/chn12062719160004-n1.htm
被災地の産品売り込み 台北食品展に酒や水産品
2012.6.27 19:15
27日、台北で始まった国際食品展で、福島県の酒造会社のブースを訪れ試飲する台湾のOLら(共同)
 台北で27日に始まった国際見本市「台北国際食品展」で、福島県をはじめとする東日本大震災の被災地の企業などが、地元の日本酒や米、水産品などを出展した。震災の影響で売り上げが落ち込み、海外で販路を拡大する狙いだ。日本の対台湾窓口機関、交流協会が被災地の復興支援のため、会場の一角を借りる資金を出した。
 純米酒などを輸出している福島県喜多方市の酒造会社「ほまれ酒造」の唐橋裕幸社長は「震災で純米酒の中国への輸出計画がだめになり困っている」と語り、台湾への輸出に期待を示した。同社のブースを訪れた台湾のOL(30)は「(原発事故による)放射能の影響は心配していない。日本産品の品質を信じている」と話した。
 このほか、岩手県の「冷たい焼」や、秋田県の稲庭うどん、宮城県のカツオ加工食品、青森県のイカ加工食品などが出展された。(共同)








●●●食品以外のセシウム拡散。



●何も、中学生でなくても。。。

東日本大震災:津市、ボランティアを被災地に派遣へ 中学生に説明会 /三重
http://mainichi.jp/area/mie/news/20120701ddlk24040066000c.html




●「海水から放射性セシウムは検出されていないという」って、セシウムだけじゃないのに。。。
地上1mの砂浜の線量を測っても、意味ないと思うけど。。
だって、砂も移動するからその時だけの線量に過ぎないし、それに、1mの高さで測っても、1m上を歩いて海へ入るわけには行かないし。。。


【栃木】大洗へ海水浴来てください 町長ら観光PR
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120713/CK2012071302000153.html
2012年7月13日
 茨城県大洗町の小谷隆亮(たかあき)町長ら町職員十一人のキャラバンが十二日、栃木県庁を訪れ、海水浴シーズンのイベントをPRした。
 大洗海水浴場と大洗サンビーチ海水浴場では、東京電力福島第一原発事故の影響で、昨夏は海水浴客が前年の約二割にとどまった。六月末時点で、砂浜の空間放射線量は一時間当たり〇・〇五〜〇・〇九マイクロシーベルト(地上一メートル)。海水から放射性セシウムは検出されていないという。小谷町長は「今年は震災前のにぎわいを取り戻したい」と来町を呼び掛けた。
 営業期間は十四日〜八月十九日。サンビーチで今月二十八日、三千発の花火を打ち上げる「大洗海上花火大会」を開催。同二十八、二十九両日には「ビーチバレーin大洗」もある。 (神田要一)




●海女さん、もう、泳いでしまった後なのですね、セシウムの海で。。。。

http://www.nhk.or.jp/chiba-news/20120717091310_02.html
南房総白浜「海女まつり」
海女の素もぐり漁が盛んな千葉県南房総市で16日夜、「海女まつり」が開かれ、夜の海で泳ぎが披露されました。この祭りは、南房総市の白浜地区の港で海の安全と豊漁を願って毎年この時期に開かれています。
16日夜は、午後8時ごろから祭りで最も盛り上がる「海女の大夜泳」が行われ、かつて素もぐり漁で使われていた「磯着」と呼ばれる白い服を着たおよそ50人の海女さんたちがたいまつを持って次々と海に入っていきました。そして港の中央に浮かべられたかがり火の周りを輪になってゆっくりと泳ぎ、最後に海の上で花火が打ち上げられました。会場にはおよそ1万人の観光客が訪れ、暗い海に映えるたいまつの明かりと夜空に打ち上げられた花火の競演を楽しんでいました。海女の数は、年々少なくなっているため、ことしは東京などから7人の女性がボランティアとして参加したということです。東京・墨田区から参加した鎌田佳緒里さん(37)は「伝統のある白い衣装を着て海女を体験することができ、気持ちが引き締まりました」と話していました。南房総市の海女まつりは17日夜も開かれます。





--------------------------------------




「<食と放射能汚染>」関連記事&動画↓↓


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれD・今日の放射能拡散予測(7/10〜7/12)スイス気象局



<食と放射能汚染>疑惑の検査結果!福島県産魚介類、初販売・今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれB・今日の放射能拡散予測(6/26〜6/28)スイス気象局



<食と放射能汚染>日本海側にも汚染が!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのC・今日の放射能拡散予測(6/19〜6/21)スイス気象局



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれC・今日の放射能拡散予測(6/14〜6/16)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷停止、 出荷自粛、規準超えA・今日の放射能拡散予測(6/10〜6/12)スイス気象局



<食と放射能汚染>ついに、ワースト記録更新!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのB・今日の放射能拡散予測(6/9〜6/11)スイス気象局


<食と放射能汚染>東京湾で、奇形魚が増えている!食べるなと警告!千葉南房総の漁師さんが衝撃の告白!!・今日の放射能拡散予測(6/5〜6/7)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ@・今日の放射能拡散予測(5/28〜5/30)スイス気象局


<食と放射能汚染>スズキ1610ベクレル!東電、魚介類検査結果ワースト10その@今日の放射能拡散予測(5/27〜5/29)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10そのA


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれA・今日の放射能拡散予測(5/21〜5/23)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>神奈川沖から北海道太平洋沖までの魚は、様子見を!・今日の放射能拡散予測(4/27〜4/29)スイス気象局

水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)【平成24年4月以降公表分】(4月23日現在)
(エクセル:287KB)PDFファイル



セシウム、ついにアラスカに到達か!?・今日の放射能拡散予測(4/26〜4/28)スイス気象局
アラスカ鮭(アラスカサーモン)は、食べられるか?


<食と放射能汚染>嘘でしょ?!食品の放射能検査「独自基準やめて」農水省・今日の放射能拡散予測(4/21〜4/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>男前豆腐店、まさに、男前!検出限界値1Bq/kg未満!・今日の放射能拡散予測(4/18〜4/20)スイス気象局

「食べるな危険!!福島産」by 福島県・今日の放射能拡散予測(4/14〜4/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>飯舘ヤマメ18700ベクレル!魚介類汚染最新データ・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>今後の食生活の注意点・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>食品新基準に要注意!!・今日の放射能拡散予測(4/1〜4/3)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発排水「クエ」を救え??!・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局

<食と放射能汚染>全然使えない、牛乳の放射性物質検査結果・今日の放射能拡散予測(3/1〜3/3)スイス気象局

放射能タバコ、発売中・今日の放射能拡散予測(3/5〜3/7)スイス気象局

水道水セシウム10Bqに。ストロンチウムは?トリチウムは?・今日の放射能拡散予測(2/18〜2/20)スイス気象局

<食と放射能汚染>本当に怖いのは魚介汚染 福島原発事故・今日の放射能拡散予測(2/15〜2/17)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳児は牛と同じ!?新規制値・今日の放射能拡散予測(2/4〜2/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発温排水で真鯛・アワビ・サザエ養殖・今日の放射能拡散予測(1/21〜1/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能無縁!?真水育ちのクロマグロ・今日の放射能拡散予測(1/5〜1/7)スイス気象局

<食と放射能汚染>岩手原乳もセシウム止まらず・今日の放射能拡散予測(1/3〜1/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>徳島の光食品、検出限界1Bq/kg検査も!・今日の放射能拡散予測(12/31〜1/2)スイス気象局

暴露!ICRP規準に根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(12/30〜1/1)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城原乳、セシウムが止まらない・今日の放射能拡散予測(12/24〜12/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/17〜12/19)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城の牛乳、ヤバい!?・今日の放射能拡散予測(12/14〜12/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>NPO法人TEAMニ本松「市民放射能測定所」・今日の放射能拡散予測(12/12〜12/14)スイス気象局

<食と放射能汚染>明治粉ミルクからセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/6〜12/8)スイス気象局

<食と放射能汚染>大豆、一検体検査で全量出荷ok 栃木・今日の放射能拡散予測(12/4〜12/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能汚染から身を守る“除染食”のススメ

<食と放射能汚染>「冷凍ほうれん草」からセシウム!・今日の放射能拡散予測(10/29〜10/31)スイス気象局

<食と放射能汚染>サカナは食べられるか?・今日の放射能拡散予測(10/26〜10/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「放射能汚染危険度食品リスト」と「セシウム137 野菜への蓄積率」・今日の放射能拡散予測(10/24〜10/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>グリーンピース「秋のお魚調査」結果発表・今日の放射能拡散予測(10/21〜10/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島米農家、孫には「他で買ってくれ」と...・今日の放射能拡散予測(10/16〜10/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>セルフサービスで、放射性物質検査「ベクミル」・今日の放射能拡散予測(10/7〜10/9)スイス気象局

<食と放射能汚染>日本人は、今までどのくらいのセシウム米を食べていたか?・今日の放射能拡散予測(10/4〜10/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>今年の秋は、セシウムの秋・今日の放射能拡散予測(10/3〜10/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>魚介類と土の汚染・今日の放射能拡散予測(9/30〜10/2)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳から放射能検出!?241Bq/L ・今日の放射能拡散予測(9/10〜9/12)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所

今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?

今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。










「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」



--------------------------------------------------------------------


今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日7/24(火曜)から明日7/25(水曜)夜にかけては、福島県から宮城県、岩手県に飛散しそうです。






★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間7/23(月曜)15:00〜7/25(水曜)20:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)





posted by news at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。