話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年08月17日

「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれE・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれE・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)スイス気象局


全食品にセシウムが検出されたわけではないですが、でも、かといって検出されていないわけでもありません。


だって、全量検査していないんですもの。



ということで、大本営の「食べて応援」「飲んで応援」のコンセプトの下、気になる様々な「セシウム入リかも食品」の拡散、おっと失礼、拡販、にガンバッテル皆さんのニュース記事を、最近気がついたものだけですが、軽〜くまとめてみました。


今回は、その第六弾。


以前の分は、下記リンクからどうぞ。



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれD・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれC・今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれB・今日の放射能拡散予測(6/26〜6/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ@・今日の放射能拡散予測(5/28〜5/30)スイス気象局



あっと言う間に記事がたまります。怖いくらい。
内容もさることながら、この記事の多さ、
大本営が、どれだけセシウム拡散にやっきになっているかの証拠ですね。





自己防衛のご参考までに。

漏れていたら、すみません。m(__)m

(●は、軽〜くひとことコメントです)






★★最後の方には、食品以外のセシウム拡散、拡販記事も掲載しています。






----ここから-------




●で、タコ、小麦粉は国産?
タコは、福島のタコが、解禁になったしねぇ。。。
だしも国産?かつおだし?
タダでも、遠慮したいかな。


http://www.asahi.com/national/update/0809/OSK201208080216.html?ref=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=news_bot_1
秘伝技を結集「ドリームたこ焼」 大阪で限定888個
たこ焼き有名店5店が共同開発した「ドリームたこ焼き」
2012年8月9日15時41分
 大阪・ミナミのたこ焼き店からなる「道頓堀たこ焼連合会」が8日発足し、記念に究極のたこ焼き「ドリームたこ焼」が道頓堀沿いで888人に配られた。
 連合会加盟の5店が秘伝の粉やだしを持ち寄り、2カ月かけて共同開発した。各店の味がバランスよく混ざり、ソースをかけずに味わえる逸品となった。
 新商品と思いきや、今後、販売や試食会の予定は一切無い。会の担当者は「門外不出のノウハウは、もう二度とライバル相手に見せられません」。





●「福島の桃」拡販記事、何回、出てきたかな。
売れてないのね。
仕方ないよね、検査したら、どんどん出るもん、セシウム。


県産桃の安全性PR 郡山 県が「あかつき」出荷で
福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/201208092963
2012/08/09 08:16
写真 イベントで県産桃「あかつき」を受け取る来場者(右)
http://www.minpo.jp/common/lib/phpThumb/phpThumb.php?src=/common/news/localnews/201208092963-2.jpg&w=310&q=100
 県産桃「あかつき」の出荷が進んでいるのを受け、県は「ふくしまの桃〜安全・安心の取り組み」を8日、
郡山市のイトーヨーカドー郡山店で開き、消費者に桃の安全性とおいしさをアピールした。
 県職員が直接、消費者に安心・安全への取り組みを説明し、県産農産物の消費拡大を図るのが狙い。
県内では初開催となった。
 吉田肇県農産物流通課長が「あかつき」の生育状況や、県の放射性物質検査体制などを説明した後、先着50人に1人1個ずつ県産の「あかつき」を無料配布した。吉田課長の説明とモモの無料配布は計3回行った。
 店内には「あかつき」の特設売り場を設けたほか、野菜ソムリエコミュニティ福島がモモを使った特製ジュースの試飲を行った。





●皇室「献上桃」福島。
これ、悠仁親王様も食べるのかなぁ。
60キロ離れているから大丈夫そうに書かれてるけど、
放射能は距離じゃないのは分かってるくせに。
「糖度や大きさなどの基準を満たした」って書かれてるけど、
放射性物質の規準は?
放射性物質の検査したって書いてないね。
おかしいよ!!


皇室「献上桃」、180個厳選し箱詰め…福島
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120808-OYT1T01183.htm
福島県桑折(こおり)町で8日、皇室への「献上桃」の選果と箱詰式が行われた。9日に皇室に献上される予定。
 作業は8日、同町のJA伊達みらい桑折総合支店で行われた。町内で収穫された桃のうち、糖度や大きさなどの基準を満たした1020個から、形や色合いが特に優れた180個を厳選して箱詰めした。
 同町は桃の産地として知られ、東京電力福島第一原発からは60キロ・メートル以上離れているが、原発事故後は風評被害に悩まされ、同JAによると、今年出荷した桃の価格も震災前に比べて7〜8割に低迷しているという。大橋信夫組合長(64)は「農家は皇室への献上を誇りにしている。風評被害に負けず頑張っていきたい」と話していた。
(2012年8月8日20時51分 読売新聞)




●伊勢海老は、低層に棲息しているから、
さぞや、セシウム、プルトニウム、ストロンチウム、トリチウムたっぷりなんでしょうね。


【千葉】「まずまずの水揚げ」 綿糸網のイセエビ漁解禁
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120808/CK2012080802000138.html
2012年8月8日
昔ながらの綿糸網を使うイセエビ漁が解禁となった鴨川市太海地区で七日、赤茶色のイセエビが次々と初水揚げされた。イセエビは六、七月が禁漁期間。ナイロン網でのイセエビ漁も今月初めから始まっている。
 綿糸網はイセエビを傷つけないばかりか腐ると溶けるため、切れた網による漁場の汚染がないのが利点。しかし、ナイロン網に比べ耐久性がなく、値段も高いことから、イセエビ漁ではほとんど使用されなくなっている。
 同地区では、鴨川市漁協太海支所の組合員が「太海海老(えび)網組合」(山本和雄組合長、四十二人)を組織。海や環境にやさしい綿糸網での漁を守っている。組合員らは解禁初日の六日夕、数百メートル沖合の水深一〇メートル前後の岩礁付近に網を仕掛け、七日早朝に網を揚げた。
 鴨川市漁協によると、この日の水揚げは同地区だけで五百二十二キロ。浜値は一キロ当たり四千百八十九円前後で前年並み。イセエビを家族で網から外していた組合員の坂下一男さん(54)は「まずまずの水揚げ。綿糸網は洗って天日干しするなど扱うのは手間がかかるけど、網がイセエビを締め付けないのがいい」と話す。同組合では網に掛かった一三センチ以下の小さなイセエビは一匹五十円で買い上げて放流している。 (福原康哲)





●今年も100ベクレル以下の新米を出荷する福島農協
実態は、99.9ベクレルかな?
確かに、規準値以下ですものね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120807-00000103-mai-soci
<セシウム全袋検査>早場米出荷前に実証試験 福島
毎日新聞 8月7日(火)20時31分配信
拡大写真
食品放射能検査装置を使って全袋検査の実証試験を行うJA職員=福島県本宮市のJAみちのく安達で2012年8月7日、三村泰揮撮影
 福島県で早場米「五百川(ごひゃくがわ)」の出荷が今月下旬に始まるのを前に、JAみちのく安達(同県本宮市)は7日、放射性セシウム濃度の全袋検査に備えた実証試験を県内で初めて実施した。
 県は今年の県内産米約36万トンの全袋検査を実施する方針で、実証試験では11年産米をベルトコンベヤーに載せ、新開発の食品放射能検査装置で測定した。セシウム濃度は1キロ当たり100ベクレルを超えると出荷できず、さまざまな濃度のコメで正確に測定できるか確認した。JAの担当者は「これで安全なコメを流通させることができる」と話した。
 JAによると、装置1台で1分間に30キロ入りを3〜4袋、1日で約2000袋を測定できる。県によると、県内では計143台の装置を導入予定だが、コシヒカリなどを含め今年産米の検査がすべて終わるのは年明けの見通しという。【三村泰揮】






●「食育活動は、やめました」だって。
いいことですね。
でも、自分達では食べない福島の食品は、全国へ拡散中なんですけどね。


福島北高家庭クラブが全国研究発表会で最高賞
http://www.minpo.jp/news/detail/201208082939
2012/08/08 08:48
 今年度の全国高校家庭クラブ研究発表会で、福島北高家庭クラブは最高位に当たる文部科学大臣賞を受賞した。同校で初めてとなる全国一に、部員をはじめ学校関係者は喜びに包まれている。
 クラブは平成20年から地域農業の特性を生かした食育活動に力を入れてきた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で地産地消を積極的に推進できない状況となった。一方で、猛暑による節電意識の高まりを受けて活動テーマを学校生活の中から身近にできる省エネと熱中症予防に変更した。
 顧問の持地晶子教諭の指導の下、「エコで改善スCOOLライフ」と題した研究では全校生に節電や節水を呼び掛けるキャラクターづくり、熱中症予防にとオリジナルのスポーツドリンクのもとづくり、冷却効果のある吸水性ポリマーを活用したネクタイ“クールエコタイ”の製作に取り組んだ。このうち、クールエコタイ製作で、出来上がった作品を近隣の幼稚園に配るなど地域の絆づくりにも貢献した。
 大会は昨年9月の県北地区予選から始まり県大会、東北大会では最優秀賞を獲得。今回は東北地区代表として出場し、2年生の安田莉世さんが代表で成果を発表した。2、3の両日に奈良県で開かれた全国大会では7地区からの代表とともに研究成果を披露した。白岩美郷同クラブ会長は「先輩方から引き継いだ思いを継続して研究の成果を評価してもらい、大変光栄です」と喜んだ。
 9月には新年度の県北地区予選が控えている。部員は今回の日本一の喜びとともに「さらなる地域貢献に向けた研究をしていきたい」と意気込んでいる。






●鹿の肉。。。なぜ、今、拡販???
理由は。。。だよね。


【三重】捕獲のシカ肉を有効活用 津で仏料理教室
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20120807/CK2012080702000017.html
2012年8月7日
獣害対策で捕獲したシカの肉を有効活用しようと、県主催の料理教室が六日、津市羽所町のアストプラザであり、主婦ら三十四人が市内で捕れたシカ肉を使った家庭向けのフランス料理を学んだ。
 フランス料理では、野生鳥獣は「ジビエ」と呼ばれ珍重されている。ジビエ料理を得意とする津市のレストラン「ミュゼボンヴィヴァン」の出口直希料理長が講師を務めた。「冷蔵庫から出して少しおいてから肉を焼くのがポイント」「スープには、なぜかカツオだしが合う」などと経験を伝授した。
 参加者は、前菜のロースト、冷たいスープ、野菜にひき肉を詰めた「ファルシー」の三種類に挑戦。トマトやパプリカを使い、色鮮やかな食卓に仕上げた。鈴鹿市追分町の農業吉川文さん(34)は「ジビエのはやりを感じて参加した。使いにくいイメージはなくなり、子どもにも食べさせてあげたい」と話していた。
 県獣害対策課によると、県内で狩猟と有害駆除により捕獲されるニホンジカは二〇〇〇年台初めに数千頭だったのが年々増え、二〇一〇年には一万五千頭に達している。
 (南拡大朗)





●今は、「品質」より「安全」です。
全量検査してよ。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120807/k10014128181000.html
“東北の食”支援 都内で商談会
8月7日 15時37分
東日本大震災の影響で取引先を失うなど、売り上げが落ち込んでいる岩手・宮城・福島各県の中小の食品メーカーなどを支援するための商談会が都内で開かれ、参加した企業が新たな取引先の開拓に向けて商品をPRしました。
この催しは、独立行政法人の中小企業基盤整備機構や東北3県の金融機関などが、津波で工場が流されたり風評被害で取引先を失ったりした中小の食品メーカーなどを支援しようと開いたもので、旅費や出店料は主催者側が負担しました。
会場では、参加した170社余りが、それぞれのブースで魚や野菜の加工品など再建した工場で生産した商品を国内や海外の卸売業者などに説明していました。
このうち宮城県石巻市の水産加工会社は、津波で工場が大きな被害を受け、現在は県外のほかの会社の設備を借りて生産していますが、生産できる商品の種類が限られるため、年間の売り上げが震災前の5分の1ほどに減ったということです。
営業の担当者は「来年2月に石巻市と隣町に新しい工場が完成するので、新たな販売先を開拓したい」と話していました。
また、原発事故の風評被害で売り上げが減った福島県特産の桃を使って地元のJAと酒蔵が共同で作ったリキュールなど、新たに開発された商品も数多く出品されています。
東京の卸売業者は「よい品質の商品を作っている業者が多いので復興を支援する意味でも取り引きを広げていきたい」と話していました。






●陰の大本営が表に顔を出して、大拡散中。


福島県産品の安全性をPR 東京国際フォーラムで経産省主催の「福島まごころフェスタ」(8/4-5)
http://www.minpo.jp/news/detail/201208052891
2012/08/05 08:08
都内で県産品の安全PR
 経済産業省主催の「福島まごころフェスタ」は4、5の両日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれている。
県内の約100社が出展し福島自慢の味や技を紹介している。
 同省の復興支援事業で、東京電力福島第一原発事故で風評被害を受けた県産品の安全性を首都圏に周知しようと企画した。
県と福島民報社などの後援。今が旬のモモをはじめ、野菜、海産加工品、乳製品、漬物、菓子、地酒、工芸品などを販売している。
さらにソースカツ丼や喜多方ラーメン、なみえ焼そばの飲食コーナーを設けた。
 この他に観光団体は自然豊かな本県の魅力を売り込み、誘客を図っている。福島民報は紙面に掲載した笑顔の写真などを掲示し、
県民の元気な姿を発信している。初日は会津若松市の伝統芸能かんしょ踊り保存会のステージや華道家の假屋崎省吾さんらのトークショーを繰り広げた。
 5日はいわき市のスパリゾートハワイアンズのフラガールや郡山市民オーケストラが出演する。








●下記記事は既出です。
詳細は、こちらへ。
<食と放射能汚染>恐怖!「魚の国のしあわせプロジェクト」・今日の放射能拡散予測(8/7〜8/9)スイス気象局


【経済】水産庁、魚離れを食い止める「魚の国のしあわせプロジェクト」
http://www.asahi.com/business/update/0801/TKY201208010325.html
2012年8月5日18時0分
急速に進む日本人の「魚離れ」を食い止めるため、水産庁は1日、官民共同の「魚の国のしあわせプロジェクト」を始めた。生産者、メーカー、小売業者などに呼びかけ、「調理が面倒」と敬遠されがちな魚を手軽においしく食べられるような商品を公募し、官民共同でPRする。
公募するのは水産加工品と調味料。調理時間の短縮や食べやすさに貢献すると認められたものは、8月末から手軽さを強調する「ファストフィッシュ」のロゴをつけ、各店の売り場やイベントなどで普及を図る。
 魚の1人1日あたり消費量は、2000年代初めまでは100グラムを超えていたが、ここ10年間で約2割減り、肉を下回った。同庁はこのままでは20年には60グラム台まで減ると危ぶみ、消費回復策に乗り出した。







●受賞。。。
つい、売るためのセレモニーかなと
思ってしまいます。


【茨城】深作農園の「ホコタバウム」 国際3食品品評会で同時受賞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120806/CK2012080602000112.html
2012年8月6日
鉾田市の農業法人深作農園が製造したバウムクーヘン「ホコタバウム」が、三つの国際的な食品品評会で金賞などを同時受賞し、深作勝己社長(31)と妻あゆみさん(31)が、県庁を訪ね、橋本昌知事に報告した。
 受賞は、二年連続となったモンドセレクション金賞とドイツ農業協会国際食品品質品評会「DLG」の金賞、国際味覚審査機構「ITQI」の二つ星(最高は三つ星)。
 ホコタバウムは生産量が日本一の県産卵やフランス産の塩など素材にこだわり、放射性物質も厳格に検査。開放型の調理場で焼く様子を公開するなど安全安心を重視している。深作さんは「日本商品のおいしさや安全性をPRできた」と話し、橋本知事は「県産品をどんどん広めて」と期待した。 
  (井上靖史)






●「かんぴょう」ヤバすぎでしょ。
売れていないから、拡販に懸命。
お気の毒だけど、でも、きちんと検査して、数値を示したほうが売れると思うけど。。。


【栃木】かんぴょう「県内伝来300年」 需要拡大へ記念大会
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20120805/CK2012080502000128.html
2012年8月5日
かんぴょうが県内に伝来して今年で三百年とされる節目を祝う記念大会が四日、壬生町本丸一の壬生中央公民館などで開かれた。消費の拡大につなげようと、かんぴょう作りの体験コーナーをはじめ、シンポジウムや創作料理の発表会など多彩な催しがあり、大勢の来場者でにぎわった。 (内田淳二)
 記念式典では、県干瓢(かんぴょう)商業協同組合の谷野方昭(まさあき)理事長が「生産者の高齢化や海外の廉価品の増加で、生産量は年々減っている」と現状を指摘。「かんぴょうを使った新商品の開発などで、需要拡大を図りたい」と力強く決意を述べた。
 輪切りにされた原料となるユウガオをカンナで削る明治時代のかんぴょう作りの手法が体験できるコーナーは、子どもたちの人気を集めた。昔ながらの手作業に夢中になっていた上三川町の関滉太君(10)は「初めてユウガオを見た。うまく削ることができた」と満足そうな表情を浮かべた。
 かんぴょうを練り込んだクッキーのほか、煮物や炊き込みご飯の食材に活用した弁当の販売ブースでは、若い男性が買い求めていく姿もあった。
 大会は、主要産地の宇都宮、下野、小山、壬生、上三川の三市二町などでつくる実行委員会の主催。県内へのかんぴょう伝来は一七一二年、壬生藩主の鳥居忠英(ただてる)が、前任地の水口藩(現在の滋賀県甲賀市)から持ち込んだとされ、現在は国内生産量の95%以上を栃木県産が占める。






●また、新米がやってきますよおおおおお!
どんな検査をして、「放射性セシウムは検出されなかった」んだろうね。
検出限界値100ベクレル/kgでしょうね。
ということは、99.9ベクレル/kgは合格ね。


http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1074064041.html?t=1344177672689
潮来市で新米の刈り取り始まる
08月05日 19時26分
早場米の産地として知られる潮来市で、県内で初めてとなる新米の稲刈りが始まりました。
潮来市では県が早生よりもさらに収穫が早い極早生品種として研究開発をしている「ひたち29号」と呼ばれるコメを3軒の農家が栽培しています。
5日は内野幸夫さんの水田で2年前から試験栽培している「ひたち29号」の黄金色に実った稲がコンバインで次々に刈り取られていきました。
県では、ことしの新米の出荷前に、全市町村を対象に玄米の放射性物質の検査を実施する予定で、今回刈り取られた稲の一部は、市内の他の2地点で収穫されたコメとともに県に提出され、検査が行われることになっています。

また、潮来市では稲刈りを前に、独自に放射性物質の検査を実施していて、市によると放射性セシウムは検出されなかったということです。

潮来市の松田千春市長は「農家のみなさんが安心してお米を収穫できるようにと事前に検査をしました。潮来の米は安全です」と話していました。
地元のJAでは県の検査で問題なければ東京などで試食やPRを行うことにしています。



【茨城】新米、まもなく食卓に 潮来で試験栽培の早場米収穫
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120806/CK2012080602000115.html
2012年8月6日
県内のトップを切って早場米の産地潮来市で五日、稲刈りが始まり、黄金色に実った稲穂を収穫した。
 あきたこまちに替わる極早生(わせ)品種として県が初めて開発した「ひたち29号」。「お盆前に新米を」と早期出荷を望む農家の声を受け、一九九九年から開発に着手、ふさおとめ(千葉)と愛知101号(愛知)を交配させて作った。今年は市内の農家でつくる大規模稲作研究会(岡野幹夫会長)の会員三戸が計一ヘクタールで栽培した。
 この日は同市上戸の内野幸夫さん(61)の水田で稲刈りを実施。あらかじめ放射性物質を検査し不検出だった。うだるような暑さの中、大型のコンバインで水田に乗り入れ、一気に稲を刈っていった。
 新品種を栽培して三年目という内野さんは「粒が大きめで甘みもあり、『モチモチしている』と孫たちにも人気」と期待を寄せる。
 県行方地域農業改良普及センターによると、うま味であきたこまちに劣らず、低温や高温の耐性が優れており、安定した収量が期待できるという。
 今年はJAなめがたが試験的に販売、品種登録後に正式に命名して来年産から市場で販売するという。 (林容史)










●●●●大本営は、海外への拡散の忘れてはいません。





●タイの皆様、ごめんなさい。
でも、桃の缶詰で、日本へブーメランはやめてね(ハート)

県産モモ、今月下旬輸出 タイのバイヤーが県庁訪問
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/08/post_4708.html
日本貿易振興機構(ジェトロ)がタイのバイヤーを招いた福島県産モモの商談会で9日、県産モモを今月下旬からタイへ輸出することが決まった。東京電力福島第一原発事故後、県産農産物を海外に輸出するのはコメに続き2例目で、モモは初めて。
 輸入を決めたのは、タイの百貨店やスーパーのバイヤー。県北地区の果樹園で収穫されるモモを中心に、10月上旬ごろまで輸出する予定。量は今後調整する。タイ政府が指定する日本国内の検査機関で放射性物質を検査し、安全性が確認され次第、空路で輸出する。
 バイヤー一行は9日、県庁を訪れ、担当者から放射性物質検査の状況や味の特徴の説明を受けた。バイヤーの一人は「福島での検査体制を視察し安全性を確信できた。タイでは日本の商品への信頼度が高い。おいしいモモなので、よりアピールしてたくさん売りたい」と意欲を語った。
 バイヤーらは8日、伊達市の果樹園や郡山市の百貨店、県農業総合センターを訪れ、販売現場の様子や放射能問題への取り組みに理解を深めた。
 原発事故後、中国、韓国、台湾など東アジア各国は県産品の輸入を停止している。タイは震災前、県産のモモを輸入していた。

(2012/08/10 11:41)









●●●●食品以外




●一般ゴミ焼却施設で、焼却。当然、セシウム除去装置もなし。
よって大気中へ拡散となります。

汚染牧草と一般ごみを混合焼却 岩手
http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043836561.html?t=1344263711981
08月06日 18時49分
遠野市では、6日から東京電力の福島第一原発の事故の影響で放射性物質に汚染された牧草を一般のごみと混ぜて試験的に焼却する取り組みを始めました。
汚染された牧草などは処理が課題となっていますが、こうした焼却による処理方法が注目されています。
試験的に焼却されているのは、市内の農家163戸が抱える国の基準値を超える放射性物質に汚染されたおよそ1500トンの牧草のうち5トン分です。
遠野市では牧草を一般のごみと混ぜて焼却することで、放射性物質の濃度を薄めて国の基準の8割にあたる1キロあたり6400ベクレル以下で埋め立て処分を行う計画です。
6日は1トンの牧草が市内のごみ処理施設に運ばれ、市の職員らが牧草のサンプルを取ったり、施設内の放射線量を測ったりしたあと一般のごみと混ぜられおよそ800度で燃やされました。
汚染された牧草などは農家が保管するなど処理が課題となっていますが、一般のごみと混ぜて焼却する取り組みは、岩手県一関市でも行われるなど注目されています。遠野市の本田敏秋市長は「汚染された牧草を放っておけない。試験焼却を無事に終え、本格的な処理に向けて前に進みたい」と話していました。
遠野市では6日から5日間、1日に1トンの牧草を焼却し、安全性を確かめたあと、住民への説明会を開くなどしてことし10月から本格的な処理を始めたいとしています。






●ネット通販「アマゾン」もセシウム拡散に一役かな。

【神奈川】小田原に物流拠点 アマゾン子会社 来年稼働目指す
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120809/CK2012080902000154.html
2012年8月9日
米インターネット通販大手アマゾン・コムの物流子会社アマゾンジャパン・ロジスティクスは七日、小田原市扇町に国内十二カ所目となる物流センターを開設すると発表。同市と企業進出に関する協定書を交わした。
 同社によると、物流センターは鉄筋五階建て延べ二十万平方メートルで、同社の物流拠点としては国内最大となる。二〇一三年の稼働開始を目指しており、開設に伴い一千人ほどの雇用を予定する。
 会見したジェフ・ハヤシダ社長は「新たな物流拠点を設けることで、商品の品ぞろえが拡充できる」と説明。同席した加藤憲一市長は「(不況で)企業撤退が進む中、街づくりへの波及効果を期待したい」と述べた。






●出来れば、もう少し、西の方が。。。。


【千葉】乗馬や海水浴楽しむ 勝浦福島の盲学校生ら招待
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120809/CK2012080902000158.html
2012年8月9日
原発事故の影響で不自由な生活を強いられている福島県立盲学校(福島市)の生徒や保護者ら二十九人の一行が来県し、八日に勝浦市の海岸やホテルで海水浴や乗馬などを楽しんだ。
 勝浦ロータリークラブ(古川範男会長)が、生徒らにリフレッシュしてもらおうと二泊三日の日程で招待した。企画はクラブ創立五十周年記念事業の一環で、一行は七日夕、バスで到着。八日午前は勝浦市の興津海岸で、水遊びや海の生き物に触れ、午後からは乗馬を楽しんだ。乗馬をした女生徒は「馬に乗るのは初めての体験。面白かった」と話していた。
 引率してきた菅野美恵子教頭は「震災後、初めて受けた招待。外に出掛ける機会がなかった生徒や保護者らは喜んでいます。ありがたい」と感謝していた。
  (福原康哲)




●女子高生か。。。
全てを分かった上でやってるのかなぁ。
どちらにしても、痛々しい。。。


被災地 女子高生が案内 ツアー客に好評 岩手・大槌
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/08/20120810t35005.htm
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町で夏休み期間中、女子高校生が被災地ツアーのガイドを務めている。若者らしい視点と素直な言葉で街の様子や観光スポットを紹介しており、参加者からも好評だ。彼女たちにとっても、地域の魅力を再発見する機会になっている。
 ガイドを務めているのは、大槌高3年の小林瑞季さん(18)と六串穂野香さん(17)。6日は東京や福島から研修で訪れたツアー客に、被災した大槌町役場や住居、人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとされる蓬莱島などを案内した。
 六串さんは「被災しても、おいしい湧き水は健在です」と、町役場の裏で震災前と変わらず、清水が湧き出ていることを紹介した。小林さんは大槌湾に浮かぶ蓬莱島を指さしながら、「島には弁天様が祭られています。カップルで島に渡ると別れてしまうという伝説もあるんですよ」と言ってツアー客を笑わせた。
 高校生によるガイドは、ツアーを運営する社団法人「おらが大槌夢広場」が企画し、春休みに続いて2度目。普段は夢広場の語り部3人がツアー客らに対応しているが、若い力を復興に生かそうと、夏休みのアルバイトとして募集した。
 語り部リーダーの臼沢和行さん(27)は「高校生には自分で町のことを調べ、自分の言葉で話してもらっている。活動を通じて古里への愛着も深めてほしい」と話す。
 六串さんの目標は北海道の短大に進学して幼稚園教諭になること。津波で自宅を失った小林さんは、美容師の資格を取るのが夢だ。2人は「自然や海産物など町のいいところを多くの人々に知ってもらい、将来は古里に戻って復興の力になりたい」と口をそろえる。
 夢広場は、夏休み以降も高校生によるガイドの継続を検討しているという。
2012年08月10日金曜日





●京都セシウム工芸品!

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120806/waf12080623050013-n1.htm
京都・五山送り火で使用断念の被災薪が工芸品に
2012.8.6 22:54
被災薪で作られた工芸品を手にする門川大作市長(右端)=6日午後、京都市中京区の京都市役所
 京都市が昨夏の「五山送り火」で燃やすために岩手県陸前高田市から取り寄せたものの、表皮から放射性セシウムが検出され、市の施設で保管していた薪(まき)で作った仏像や色紙立てなど工芸品約30点が6日、門川大作市長に引き渡された。
 市は、取り寄せた被災薪500本のうち、加工可能な390本について、放射性セシウムが検出された表皮を除去。同府南丹市の京都伝統工芸大学校の講師や学生、木材加工業者の有志に工芸品への加工を依頼している。
 同校を運営する学校法人の新谷秀一理事長は「被災地に行ったことがある学生も多く、一人一人の思いを込めて作った」と述べた。
 門川市長は「薪から工芸品ができるのかと心配したがすばらしい作品」と述べ、工芸品を陸前高田市などに贈呈することにも前向きな姿勢を示したが、除去した皮などの処分方法は決まっていない。




-----今日は、ここまで--------

大人も子供も無差別攻撃。
あなたは、逃げられるか!??







「<食と放射能汚染>」関連記事&動画↓↓



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷停止、 出荷自粛、規準超C・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)スイス気象局


<食と放射能汚染>恐怖!「魚の国のしあわせプロジェクト」・今日の放射能拡散予測(8/7〜8/9)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれD・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)スイス気象局



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれE・今日の放射能拡散予測(8/1〜8/3)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム100ベクレル超の魚種一覧・今日の放射能拡散予測(7/27〜7/29)スイス気象局


<食と放射能汚染>クロダイ3300ベクレル!セシウム数値上昇中!!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのD・今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれC・今日の放射能拡散予測(7/23〜7/25)スイス気象局



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれD・今日の放射能拡散予測(7/10〜7/12)スイス気象局



<食と放射能汚染>疑惑の検査結果!福島県産魚介類、初販売・今日の放射能拡散予測(6/27〜6/29)スイス気象局



<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれB・今日の放射能拡散予測(6/26〜6/28)スイス気象局


<食と放射能汚染>日本海側にも汚染が!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのC・今日の放射能拡散予測(6/19〜6/21)スイス気象局



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれC・今日の放射能拡散予測(6/14〜6/16)スイス気象局



<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷停止、 出荷自粛、規準超えA・今日の放射能拡散予測(6/10〜6/12)スイス気象局


<食と放射能汚染>ついに、ワースト記録更新!魚介類、セシウム汚染ワースト10そのB・今日の放射能拡散予測(6/9〜6/11)スイス気象局


<食と放射能汚染>東京湾で、奇形魚が増えている!食べるなと警告!千葉南房総の漁師さんが衝撃の告白!!・今日の放射能拡散予測(6/5〜6/7)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれA・今日の放射能拡散予測(6/3〜6/5)スイス気象局


<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ@・今日の放射能拡散予測(5/28〜5/30)スイス気象局


<食と放射能汚染>スズキ1610ベクレル!東電、魚介類検査結果ワースト10その@今日の放射能拡散予測(5/27〜5/29)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10そのA


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷再開あれこれA・今日の放射能拡散予測(5/21〜5/23)スイス気象局


<食と放射能汚染>魚介類、セシウム汚染ワースト10 2012年4月分・今日の放射能拡散予測(5/2〜5/4)スイス気象局


<食と放射能汚染>神奈川沖から北海道太平洋沖までの魚は、様子見を!・今日の放射能拡散予測(4/27〜4/29)スイス気象局

水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)【平成24年4月以降公表分】(4月23日現在)
(エクセル:287KB)PDFファイル



セシウム、ついにアラスカに到達か!?・今日の放射能拡散予測(4/26〜4/28)スイス気象局
アラスカ鮭(アラスカサーモン)は、食べられるか?


<食と放射能汚染>嘘でしょ?!食品の放射能検査「独自基準やめて」農水省・今日の放射能拡散予測(4/21〜4/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>男前豆腐店、まさに、男前!検出限界値1Bq/kg未満!・今日の放射能拡散予測(4/18〜4/20)スイス気象局

「食べるな危険!!福島産」by 福島県・今日の放射能拡散予測(4/14〜4/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>飯舘ヤマメ18700ベクレル!魚介類汚染最新データ・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>今後の食生活の注意点・今日の放射能拡散予測(4/3〜4/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>食品新基準に要注意!!・今日の放射能拡散予測(4/1〜4/3)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発排水「クエ」を救え??!・今日の放射能拡散予測(3/27〜3/29)スイス気象局

<食と放射能汚染>全然使えない、牛乳の放射性物質検査結果・今日の放射能拡散予測(3/1〜3/3)スイス気象局

放射能タバコ、発売中・今日の放射能拡散予測(3/5〜3/7)スイス気象局

水道水セシウム10Bqに。ストロンチウムは?トリチウムは?・今日の放射能拡散予測(2/18〜2/20)スイス気象局

<食と放射能汚染>本当に怖いのは魚介汚染 福島原発事故・今日の放射能拡散予測(2/15〜2/17)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳児は牛と同じ!?新規制値・今日の放射能拡散予測(2/4〜2/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>原発温排水で真鯛・アワビ・サザエ養殖・今日の放射能拡散予測(1/21〜1/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能無縁!?真水育ちのクロマグロ・今日の放射能拡散予測(1/5〜1/7)スイス気象局

<食と放射能汚染>岩手原乳もセシウム止まらず・今日の放射能拡散予測(1/3〜1/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>徳島の光食品、検出限界1Bq/kg検査も!・今日の放射能拡散予測(12/31〜1/2)スイス気象局

暴露!ICRP規準に根拠はなかった!・今日の放射能拡散予測(12/30〜1/1)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城原乳、セシウムが止まらない・今日の放射能拡散予測(12/24〜12/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>土佐戻り鰹から過去最悪のセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/17〜12/19)スイス気象局

<食と放射能汚染>宮城の牛乳、ヤバい!?・今日の放射能拡散予測(12/14〜12/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>NPO法人TEAMニ本松「市民放射能測定所」・今日の放射能拡散予測(12/12〜12/14)スイス気象局

<食と放射能汚染>明治粉ミルクからセシウム!・今日の放射能拡散予測(12/6〜12/8)スイス気象局

<食と放射能汚染>大豆、一検体検査で全量出荷ok 栃木・今日の放射能拡散予測(12/4〜12/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>放射能汚染から身を守る“除染食”のススメ

<食と放射能汚染>「冷凍ほうれん草」からセシウム!・今日の放射能拡散予測(10/29〜10/31)スイス気象局

<食と放射能汚染>サカナは食べられるか?・今日の放射能拡散予測(10/26〜10/28)スイス気象局

<食と放射能汚染>「放射能汚染危険度食品リスト」と「セシウム137 野菜への蓄積率」・今日の放射能拡散予測(10/24〜10/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>グリーンピース「秋のお魚調査」結果発表・今日の放射能拡散予測(10/21〜10/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島米農家、孫には「他で買ってくれ」と...・今日の放射能拡散予測(10/16〜10/18)スイス気象局

<食と放射能汚染>セルフサービスで、放射性物質検査「ベクミル」・今日の放射能拡散予測(10/7〜10/9)スイス気象局

<食と放射能汚染>日本人は、今までどのくらいのセシウム米を食べていたか?・今日の放射能拡散予測(10/4〜10/6)スイス気象局

<食と放射能汚染>今年の秋は、セシウムの秋・今日の放射能拡散予測(10/3〜10/5)スイス気象局

<食と放射能汚染>魚介類と土の汚染・今日の放射能拡散予測(9/30〜10/2)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島の米からセシウム500ベクレル!・今日の放射能拡散予測(9/24〜9/26)スイス気象局

<食と放射能汚染>乳牛の肉からセシウム!・今日の放射能拡散予測(9/22〜9/24)スイス気象局

<食と放射能汚染>福島新米「ひとめぼれ」本日販売・今日の放射能拡散予測(9/21〜9/23)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳からセシウム!厚生労働省検査結果・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

<食と放射能汚染>牛乳から放射能検出!?241Bq/L ・今日の放射能拡散予測(9/10〜9/12)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

長野、岩手、りんごからヨウ素!奥州市のヨウ素と関連?・今日の放射能拡散予測(9/13〜9/15)

埼玉県の安全宣言の嘘・今日の放射能拡散予測(9/7〜9/9)

秋の食材・・これは大丈夫、これは危険・今日の放射能拡散予測(8/25〜8/27)

食品の放射性物質抜き打ち検査へ・今日の放射能拡散予測(8/24〜8/26)

<食と放射能汚染>牛乳メーカーへ爆弾発言・今日の放射能拡散予測(8/22〜8/24)

<食と放射能汚染>食品の放射性物質検査、西日本で続々と・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)

<食と放射能汚染>豚、鶏ふん堆肥からセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/19〜8/21)

<食と放射能汚染>北海道のサンマからもセシウム!・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)

<食と放射能汚染>「薪」のセシウムは、食品も危ない!?・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)

<食と放射能汚染>日本以外の水産物も放射能検査・今日の放射能拡散予測(8/13〜8/15)

<食と放射能汚染>日本産が韓国産に!

生協のパルシステムで子供が被爆する・今日の放射能拡散予測(8/10〜8/12)

<食と放射能汚染>お米の問題・今日の放射能拡散予測(8/8〜8/10)

できるだけ古米を買っておく・今日の放射能拡散予測(8/5〜8/7)

<食品の放射能汚染>米の放射能汚染

<食と放射能汚染> 家庭でできる放射能対策

水産物、ほぼ全てセシウム汚染!

ほとんどの食品から放射性物質検出!市民放射能測定所

今日の放射能拡散予測(7/28〜7/29)「食の汚染」西ベルリンで、チェルノブイリの放射能汚染に直面

今日の放射能拡散予測(7/25〜7/26)牛乳は汚染されたものとして

今日の放射能拡散予測(7/20〜7/21)汚染食品、時々間違って食べても大丈夫!?

今日の放射能拡散予測(6/28〜6/29)内部被曝と戦う 子供たちを守れ!汚染国日本
チェルノブイリ・放射能と栄養
を翻訳した白石久仁雄氏
元放射線医学総合研究所内部被ばく評価室長
チェルノブイリで食物に対する影響について調査した。
調理の仕方によって、放射性物質を何割か除去することが可能。












「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日8/17(金曜)は、福島から、関東北部に飛散し、明日8/18(土曜)には、更に、宮城全域及び岩手南部へと広がりそうです。








★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間8/16(木曜)15:00〜8/18(土曜)20:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(8/16〜8/18)スイス気象局








---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)





posted by news at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。