話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2012年09月15日

告発!!「嘘の履歴書」で原発作業・福島第一原発・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局

告発!!「嘘の履歴書」で原発作業・福島第一原発・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局


驚くべき動画がupされていました。

何も知らない素人の作業員たちが、「嘘の履歴書」を書かされ、福島第一原発で作業をさせられているとのことです。
しかも、中には、18歳、19歳の未成年まで含まれているとのこと。

また、作業現場は、当初の約束の「後方支援」ではなく、なんと!!毎分1ミリシーベルトという高線量の現場らしいのです!

有り得ない!!
毎分??!!

見間違いじゃないかと何度も画面を見直しましたが、
間違いではありません。


3.11前までの日本の放射線量の総被曝限度量は、
年間1ミリシーベルト(mSv)。

それに、わずか、1分で達してしまう線量です。

1時間では、
1x60=60ミリシーベルト。

1日では、
60X24=1440ミリシーベルト=1.44シーベルト。

言われている急性放射線障害の数値(下記)よりは低いですが、それでも、相当な数値で、なおかつ、個体差があります。
感受性の強い人は、急性障害を起こしても不思議ではないと思います。
まして、これを未成年が浴びたら。。。

考えるだけで恐ろしい。


是非とも、実名告発をして頂きたいと思います。

原発の嘘が暴かれ、福島第一原発ばかりでなく、全国の原発の現場で働く数多くの作業員の方々の健康が守られるようになることを望みます。






参考数値:
以下は、急性放射線障害を起こす1時間あたりの数値。
25万マイクロシーベルト=250ミリシーベルト:1時間の被曝で白血球の減少
50万マイクロシーベルト=500ミリシーベルト:1時間の被曝でリンパ球の減少
100万マイクロシーベルト=1000ミリシーベルト=1シーベルト:1時間の被曝で嘔吐・水晶体混濁等
200万マイクロシーベルト=2000ミリシーベルト=2シーベルト:1時間の被曝で5%の人が数日で死亡
300万マイクロシーベルト=3000ミリシーベルト=3シーベルト:1時間の被曝で50%の人が数日で死亡
1000万マイクロシーベルト=1万ミリシーベルト=10シーベルト:1時間の被曝で100%の人が数日で死亡
1億マイクロシーベルト超=10万ミリシーベルト超=100シーベルト超:即死(人体のタンパク質が即座に破壊)






動画文字起こし;
(動画はこの下に)

−−−−−ここからーーーーー



東京電力福島第一発電所

東電の下請け企業で作業員として働いた。

会社から「嘘の履歴書」を書かせられた。

作業内容は、「後方支援」だと聞いていた。
しかし実際には毎分1ミリシーベルトという高線量作業の現場を打診された。
作業員の大半が全国から集められた日雇い。
18歳、19歳の未成年も含まれている。
放射線の知識もロクにない素人達の集団。
「嘘の履歴書」で経験者に仕立てられ、現場へ送り込まれる。

直面した下請企業の「不正」。

東電以下、親会社は何も知らないのか?

2ヶ月間に渡って、不正の現場を記録した。

多重下請け・不正の実態を実名で告発する。

ーーーここまでーーーー


【特ダネ】原発作業員を「嘘の履歴書」現場に。下請け構造不正の実態@


以下、動画添付コメント;
YT8bitNews さんが 2012/09/10 に公開

東京電力福島第一原発の収束作業にあたる作業員として働いている。
自分を採用した会社は東京電力の8次下請け。
採用した会社は、未経験者である自分たちに対して「嘘の履歴書」を書かせ、親会社に提出。職歴を偽装させた上で現場に送り込んでいる。
2ヶ月間に渡って不正の現場にカメラを入れた。
東京電力以下、連なる下請け会社はこの事実を黙認しているのか。
実名での告発を今後行なう。


ーーーーーーーーーーー


原発作業員の方々の待遇は劣悪だと聞きます。
夏場、東電社員は、冷蔵庫を使って冷たい飲み物が飲めるのに、作業員方々は、冷蔵庫なしで、生ぬるい飲み物。

また、鉛の板をつけて線量計の数値を低く出すように工作した下請け会社の線量計の数値偽造事件もありましたね。
命に関る隠蔽事件です。

更には、線量計をわざと装着しなかったというニュースもありました。

これは、たぶん、作業員さんの給料が安いために、出来るだけ長く働けるように作業員さんご自身が故意にされたのではと思いますが。


同じ作業をする親会社や2次3次下請けと比べて、下請け孫受けは、何度も何度も中抜きされた結果、給料も相当、低いなるから。


こちらの8次下請けの方々も同じく、かなり安い賃金で、働かされたのでしょうね。



その一方で、事故を起こした張本人である東電社長や役員などは、給与が復活しました。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000116-mai-bus_all
<東電>正副社長に報酬 役員22人で計2.3億円
毎日新聞 9月7日(金)21時14分配信
 東京電力は7日、社外取締役3人で構成する「報酬委員会」を開き、今年6月から1年間の役員報酬を決めた。東電は福島第1原発事故後に大幅な役員報酬カットを行い、当時の会長、社長、副社長を無報酬としてきたが、社長、副社長の報酬を復活させた模様だ。
 役員22人の総額は2億3034万円で、11年度から約1割、事故前から7割削減した。一方で役員数が8人減ったため、1人当たりの報酬額は1047万円と、11年度から約2割増えた。このうち広瀬直己社長ら東電プロパーが大半を占める執行役15人(社長と3人の副社長を含む)の報酬総額は1億9500万円で、単純平均だと1人当たり1300万円。執行役を除く取締役7人(うち6人は社外取締役)は計3534万円で、下河辺和彦会長は全額辞退している。執行役のうち、報酬の辞退者がいるかは明らかにしていない。
 東電は昨年4月、取締役のうち常務以上の役員報酬を半減、執行役員も4割カット。さらに同5月から副社長以上は無報酬、常務は6割削減としてきた。11年度に無報酬だった一部役員にとっては、報酬が復活した形だ。
 東電は「経営を任せられる人物を確保するためにも一定の報酬は支給すべきだと報酬委が判断した」と説明。ただ、公的資本注入を受けて経営再建途上にある中、批判も出そうだ。【和田憲二】





加害者の給与を引きあげるだけのお金があるのならば、せめて、現場で、実際、額に汗して働き、原発の収束作業に全力を尽くして下さっている現場作業員の方々の給与を少しでも引き上げるとか、また、現場作業員の方々の待遇改善や下請け制度の廃止などやるべきことはたくさんあるはずなのに、まずは、自分たち加害者の給与を保証することに懸命の東京電力、
そしてそれに力を貸す国、政府。。。。


まったくもって、納得できない理不尽な話です。




関連記事&動画↓↓


東電幹部の仰天発言「私の出世や退職金はどうなるんだ!」・今日の放射能拡散予測(5/24〜5/26)スイス気象局



福島原発内部の真実!・今日の放射能拡散予測(11/10〜11/12)スイス気象局
事故以来ずっと月に何度も福島第一原発に入って取材を続けているジャーナリスト今西憲之さんの生の声。




ヤクザと原発 〜福島第一衝撃の実態!・今日の放射能拡散予測(12/15〜12/17)スイス気象局

暴力団専門ライターの鈴木智彦さんが、ジャーナリストでは震災後初めて作業員として福島第一原発に潜入取材を敢行。
現場の生の声、やくざと東電の関係、作業員の被曝の状況等を、隠しカメラ(腕時計や眼鏡等に仕込んだカメラ)で撮影したビデオとともに、語られています。










「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」


--------------------------------------------------------------------


今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日9/15(土曜)から明日9/16(日曜)夜にかけては、昨日の予想と同じく、福島から東北全域、北海道全域(道央東部、道北北部を除く)へ飛散しそうです。



★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間9/14(金曜)15:00〜9/16(日曜)20:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(9/14〜9/16)スイス気象局








---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)




posted by news at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。