話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2013年01月07日

車は確実に汚染されている!A 宮城県駐車場、28ミリシーベルト!今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局

車は確実に汚染されている!A 宮城県駐車場、28ミリシーベルト!今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局


昨日の続きです。

まずは、このあやしぃ記事↓

この記事、信じられる?

「車が放射性物質を拡散する可能性は低い」と言っています。

調査したのは、あの悪名高い原発大推進御用組織「独立行政法人の原子力安全基盤機構」
しかも、報道は、御用大本営放送局NHK。






「車の拡散可能性は低い」
http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054511311.html
原発事故の避難区域に、復旧作業などで出入りする車が増えることで、放射性物質が外部に拡散する影響について、独立行政法人の原子力安全基盤機構が調べたところ、「周囲に深刻な影響を与える可能性は低い」という結果がまとまりました。
調査は、原子力安全基盤機構が国の依頼を受けて、去年5月から9月にかけて実施しました。
警察車両のべ101台が警戒区域に入る時と出た時の、タイヤとその周りの放射性物質の汚染状況を調べました。
それによりますと、走行距離が増えても汚染が増える傾向はみられず、検出された値もおおむね警戒区域内からものを持ち出すときの基準値の5分の1以下でした。
このため、警戒区域内の車の走行について「周辺に深刻な汚染を生じる可能性は低いとみられる」と結論づけています。
ただ、山あいの道を通ったり濡れた路面を通ったりした場合には汚染が増加したケースもあったということです。
原子力安全基盤機構は、放射性物質が付着しやすい土や落ち葉のある道を走ったあとには、検査を受けるなどして注意することが望ましいとしています。
01月04日 11時24分





「車の拡散可能性は低い」 と断言していますが、ほんとうでしょうか?
それは、
「検出された値もおおむね警戒区域内からものを持ち出すときの基準値の5分の1以下でした」
から、推論されたものです。

では、「警戒区域内からものを持ち出すときの基準値」はいくらでしょうか?



こんな資料がありました。

8月15日(410号) - 新潟県自動車整備振興会 PDF注意


6ページ目です。

以下、一部書き出します。


平成23年11月28日
国土交通省自動車局
局長中田徹殿
社団法人日本自動車整備振興会連合会
会長坪内致
一般社団法人日本自動車工業会
会長志賀俊之
自動車整備に係る放射線対応の要望

(前略)
また9月に警戒区域から自動車を持ち出す際のスクリーニング基準値が当初の10万cpm から1万3千cpm と修正された事につきましても、過去に持ち出された自動車の取扱いが不明であることから、不安が顕在化してきております。(以下略)



つまり、事故当初は、10万cpm。
(100cpm=1μSv/hで換算すると、1000μSv/h。(マイクロシーベルト毎時)
120cpm=1μSv/hで換算すると、833μSv/h。)

その後、2011年9月から、13000cpm。
(100cpm=1μSv/hで換算すると、130μSv/h。(マイクロシーベルト毎時)
120cpm=1μSv/hで換算すると、108μSv/h。)に修正。


上記記事の調査時点での、規準値は、13000cpm。
(100cpm=1μSv/hで換算すると、130μSv/h。(マイクロシーベルト毎時)
120cpm=1μSv/hで換算すると、108μSv/h。)です。



ですから、この記事でいう「基準値の5分の1以下」とは、
130÷5=26μSv/h(マイクロシーベルト毎時)以下、または、
108÷5=21.6μSv/h(マイクロシーベルト毎時)以下ということです。



これは、ひどい。


車の規準値って、こんなにひどかったんですね。

まあ、食品の基準値が3.11前のドラム缶で厳重に管理すべき放射性廃棄物100ベクレルと同じですから、当然かもね。



26μSv/h以下、または、21.6μSv/h以下ということは、
21.5μSv/h〜25.9μSv/hは汚染されている車があるかもしれない
ということですよね?



これって、年間では、単純計算で、
21.5x24=516x365=188.34mSv/h(ミリシーベルト毎時)または、
25.9x24=621.6x365=226.88mSv/h(ミリシーベルト毎時)
という恐ろしい数値になります!



つまり、上記記事では、
この数値でも問題ないと言っているわけです。
さすが、原発大推進御用組織。いつもの過小評価ですね。
それに、NHKのこの記事も姑息ですよね。
規準値を故意に書かないで、「基準値の5分の1以下」とだけ書き、
さも安全をアピールするような書き方。


これで、愚民どもを騙そうとしているわけです。
そうはいきません。
愚民の端くれの私でも、3.11以降は、色々勉強したんだから、
騙されませんよ!


今まで知りうる限りにおいては、
この数値、どう見ても問題ないはずないと思います。
誰が見ても、恐怖の数値であることは一目瞭然。


これだけ高濃度に汚染されている車が、ノーチェックで自由に日本中を走り回っているということです。
これじゃあ、駐車場が汚染されてて、当たり前。
その駐車場に止まった別の車に放射性物質が、付着し、全国に拡散して当たり前。

もちろん、駐車場ばかりではなく、高濃度汚染車が走り回ったいたるところが、汚染されてて当たり前。

全国いたるところに拡散されたセシウムが、風で、大気中へ舞い上がります。
そして、それを吸い込んで。。。
また、服や髪や手足、物品に付着して。。。



例えば、ガソリンスタンドで洗車しますよね。
その洗車後の水、排水溝から、どこへ流れて行くんでしょうね?。。。
一部は、その辺にたまり、乾燥し、風でセシウムが舞い上がり、大気中へ飛散し。。。
と、恐怖の循環被曝の継続となります。



知れば知るほど恐ろしい放射能の世界。




う〜ん、やっぱり、今後も自己防衛は、不可欠ですね。



車をお持ちのみなさん、
とりあえずは、
ご自分の大事な愛車の線量をこまめにチェックしましょう。



自己防衛があなたを守る。

家族を守る。







関連記事&動画↓↓



車は確実に汚染されている!@ 宮城県駐車場、28ミリシーベルト!



駐車場で、子供達がラジオ体操

「死のラジオ体操」福島県郡山市・今日の放射能拡散予測(8/15〜8/17)スイス気象局




<食と放射能汚染>セシウム食品、出荷停止、 出荷自粛、規準超L・今日の放射能拡散予測(10/31〜11/2)スイス気象局
●ロシアから、輸入拒否。。。
放射線基準超えで返品された「中古車や、食品、薬品など」。




恐怖!!野放し放射能汚染中古車が、あなたのそばに!?・今日の放射能拡散予測(5/29〜5/31)スイス気象局







「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------





今日の放射能拡散予測(1/6〜1/8)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日1/7(月曜)から明日1/8(火曜)夜にかけては、福島から関東地方に飛散しそうです。



★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間1/6(土曜)15:00〜1/8(火曜)20:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(1/2〜1/4)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(1/2〜1/4)スイス気象局


追記:高度10mの色が、赤から白になっていますね。
今日だけ?それともこれから、ずっと白?(2012.10.22)
追記2:どうやら、高度10mは白に変更されたようです。(2012.10.23)
追記3:風向き画面が、白一色だけになっています。(2012.10.27〜)
追記4:元通りになおりました。(2012.10.31)





---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。