話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2013年03月18日

「食べて応援」の大塚範一アナ、白血病再発!・今日の放射能拡散予測(3/17〜3/19)スイス気象局

「食べて応援」の大塚範一アナ、白血病再発!・今日の放射能拡散予測(3/17〜3/19)スイス気象局

フジテレビの「めざまし」キャスター大塚範一さんが、急性リンパ性白血病の再発により、再入院されることになりました。
(関連引用記事は、下記)

これは、かなりショックです。

以前、拙ブログでも、「めざまし」の番組中で、福島県産の農産物を、食べて応援されてる姿と、その後、急性リンパ性白血病になられた話題を取り上げていました。


「めざまし」大塚アナ、急性白血病


そして、長く苦しい闘病の結果、再起されるということでほっとしていた矢先、この、再発、再入院のニュース。
驚き、残念でなりません。

そして、やはり、あの「福島県産、食べて応援」が少なからず影響していたのではという疑念が消えません。



大塚さんが、福島県産の農産物を食べている場面です。


色々食べておられます。

2011年
4月14日 福島県いわき市のアスパラとミニトマトをトッピングした野菜カレー
5月6日 福島県いわき市産 トマト
5月12日 福島県会津産こごみ
5月12日 福島県川俣シャモの親子丼
5月13日 福島県産しいたけ
6月4日 福島の甘こうじ味噌を使って作った肉じゃが
6月17日 福島県産さやえんどう
7月1日 福島県産スナップえんどう



この中で一番気になるのが、放射性物質を吸収しやすい「しいたけ」。

5月13日 福島県産しいたけ

当時のシイタケの汚染濃度は、以下の4月の記事では、

放射性ヨウ素3100ベクレル
セシウムが890ベクレル

合計3990ベクレル

でした。
かなりの高濃度汚染です。
国の検査は、しっかり洗った後の検査です。それでもこの数値。
やはり、これが一番、まずかったのではないかと思います。



http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0302S_T00C11A4CR8000/?n_cid=TW001
福島産シイタケに規制値超す放射性物質 キノコで初
2011/4/3 20:42
 厚生労働省は3日、福島県いわき市で1日に採取したシイタケから食品衛生法に基づく暫定規制値を上回る放射性物質を検出したと発表した。放射性ヨウ素が1キログラム当たり3100ベクレル(暫定規制値は同2000ベクレル)、セシウムが同890ベクレル(同500ベクレル)だった。キノコ類で規制値を上回ったのは初めて。
 福島県内の別の2カ所(矢祭町、塙町)で露地栽培されたシイタケも放射性ヨウ素やセシウムを検出したが、規制値は下回った。キノコ類は政府による出荷制限の対象外で、同省は「1件のみなので今後の検査結果に注目したい」としている。
 施設栽培ではこのほか、ナメコ、マイタケ、エノキタケの計22品で不検出か規制値を下回った。同省によると、キノコ類はセシウムを吸収しやすいとされるが、「放射性ヨウ素も検出されており、露地栽培で付着したのでは」とみている。





当時のシイタケの汚染状況を更に細かく見てみましょう。

大塚さんが、シイタケを食べられたのは、
「5月13日 福島県産しいたけ」ですので、5月分を。

厚生労働省の2011年(平成23年)5月の検査結果、
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000029prx-att/2r98520000029q4a.xls




原木シイタケ(露地)


100ベクレルまで抽出し、セシウム合計値を追加、
多い順に並べてみました。




ヨウ素-131 セシウム-134 セシウム-137 セシウム合計
採取日(購入日) 結果判明日 厚労省公表日
(単位:ベクレル/kg)


福島県 相馬市 ND 1,300 1,400 2,700
H23.5.26 H23.5.28 H23.5.29

福島県 相馬市 25 1,200 1,300 2,500
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 川俣町 35 1,100 1,100 2,200
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 伊達市 ND 820 870 1,690
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 相馬市 ND 790 870 1,660
H23.5.19 H23.5.22 H23.5.22

福島県 本宮市 ND 740 810 1,550
H23.5.19 H23.5.22 H23.5.22

福島県 南相馬市 160 640 680 1,320
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1


福島県 伊達市 ND 620 650 1,270
H23.5.19 H23.5.22 H23.5.22

福島県 相馬市 16 570 620 1,190
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 相馬市 ND 550 610 1,160
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 本宮市 ND 430 530 960
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 川俣町 ND 450 480 930
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 福島市 20 450 470 920
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 南相馬市 45 370 420 790
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 福島市 ND 340 360 700
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 伊達市 ND 300 320 620
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 本宮市 ND 280 300 580
H23.5.26 H23.5.28 H23.5.29

福島県 福島市 ND 270 280 550
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 本宮市 ND 280 270 550
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 二本松市 21 250 250 500
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 伊達市 10 230 220 450
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 本宮市 ND 220 220 440
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 川内村 ND 200 220 420
H23.5.19 H23.5.22 H23.5.22

福島県 新地町 17 200 210 410
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 伊達市 ND 190 210 400
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 伊達市 ND 180 180 360
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 田村市 ND 170 190 360
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 国見町 ND 140 150 290
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 三春町 ND 140 150 290
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 新地町 ND 140 140 280
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 新地町 ND 130 140 270
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 川内村 ND 110 120 230
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 国見町 8.5 100 110 210
H23.4.27 H23.5.1 H23.5.1

福島県 天栄村 11 110 99 209
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

栃木県 大田原市 ND 209 209
― ― H23.5.11

福島県 川内村 19 82 85 167
H23.5.12 ― H23.5.15

福島県 小野町 ND 69 71 140
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 三春町 ND 65 68 133
H23.5.5 ― H23.5.8

福島県 小野町 8.3 63 66 129
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 古殿町 8.9 59 66 125
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 いわき市 8.4 54 54 108
H23.4.27 H23.5.1 H23.5.1

福島県 田村市 9.4 47 59 106
H23.4.28 H23.5.1 H23.5.1

福島県 伊達市 ND 51 55 106
H23.5.26 H23.5.28 H23.5.29

宮城県 丸森町 ND 101 101
H23.5.9 ― H23.5.11




すごい汚染ですね。
上記4月の記事の数値に比べて、当然のことながら、半減期8日のヨウ素は減少していますが、セシウムは、
4月の890ベクレルから最大で2700ベクレルと一気に増加していますね。
2011年3月17日に施行されたセシウムの暫定規準値500ベクレルをはるかに超えています。

そして、当然ながら、当時の検査体制はほとんど整っておらず、事故直後で、大混乱していたでしょうから、
今以上にザル検査であったことが想像できます。
ですから、この検査結果も、わずかなサンプル検査の結果にすぎず、大部分の暫定規準値500ベクレル(セシウム)をはるかに超えた数万ベクレル、数十万ベクレルのしいたけが市場にダダ漏れ流通状態だったことは、想像に難くありませんし、それを大塚さんが口にした可能性も否定できません。




また、それでも、番組中で、食べられたのは、ごく少量だと思われますから、大きな影響はないとは思いますが、真面目なそうな大塚さんですから、番組中ばかりでなく、ご自身の毎日の食事でも、積極的に福島県産を食べられていたのかも知れません。
そして、ご自宅が、あのホットスポットの千葉の柏市だと聞いています。
地産地消を心がけておられたならば、その辺も、影響したのではないか、ついつい、そのように考えてしまいます。

もちろん、放射能の影響ではないかもしれませんが、
そうでないとも断言できないと思います。




最後に、

原因は何にしろ、どうか、もう一度、大塚さんがお元気になられますように。。。








以下、関連記事;





http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20130317080.html
大塚キャスター白血病再発、再入院
2013年3月17日(日)08:05
 フジテレビは16日、急性リンパ性白血病で療養していたフリーアナウンサー、大塚範一さん(64)が、再発のため再入院すると発表した。大塚さんは4月開始の情報番組「アゲるテレビ」で本格復帰する予定だったが、出演は当面見合わせる。大塚さんは平成23年11月に入院、24年10月に退院し自宅療養中だった。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130317-00000008-sanspo-ent
大塚キャスター白血病再発、新番組出演見合わせ
サンケイスポーツ 3月17日(日)7時51分配信
 急性リンパ性白血病から復帰し、4月スタートのフジテレビ系新情報番組でレギュラー復帰予定だった大塚範一キャスター(64)が白血病を再発し、再入院することが16日、同局から発表された。2011年11月から休養し、今年2月に約1年3カ月ぶりのテレビ出演を果たしたが、定期検査で再発が判明。新番組の出演は当面見合わせ、再び療養に入る。ただ、降板ではなく、番組では復活を信じて大塚さんの“帰り”を待つ。
 復活目前に再び病魔が大塚さんを襲った…。フジ広報部によると今月14日に定期検査を受けた際、急性リンパ性白血病の再発が判明。近日中に再入院し、治療に専念することを決めた。
 4月1日スタートの情報番組「アゲるテレビ」(月〜金曜後1・58)で本格復帰し、元日本テレビアナウンサーの西尾由佳理(35)とのコンビでメーンキャスターを務めることが今月1日に発表された矢先だった。
 大塚さんは、同番組のPRのため12日に同局系バラエティー「VS嵐」(木曜後7・0)の収録に西尾らと参加。そのわずか2日後に再発が判明した形だ。
 「アゲるテレビ」の出演は当面見合わせることになったが、広報部は「降板ではない」と説明。代役を置くかどうかを含めて検討しているという。現時点で復帰時期のメドは立っていないが、「回復して番組に出演できる状態になれば、復帰をお願いすることになる」としている。
 大塚さんは、11年11月に急性リンパ性白血病と診断されて入院。NHKアナからフリー転身後の1994年4月にフジ系「めざましテレビ」(月〜金曜前5・25)の初代メーンキャスターに就任して以来、同局朝の顔として活躍していたが、昨年3月に降板した。
 抗がん剤治療でほぼ完治にあたる「寛解」と診断され、昨年10月に退院。今年2月4日には1年3カ月ぶりに同番組にゲスト出演し、ウオーキングやゴルフなどで体力作りに励んでいることを報告。「4、5年たつまでは再発のおそれはあるけど、仕事を始めることで免疫力がつけば」と意欲満々だった。
 大塚さん自身はこの日、コメントを発表することはなく、フジテレビは「一刻も早いご回復をお祈りしております」とコメント。“再復活”を待つばかりだ。





http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130316/ent13031612230014-n1.htm
大塚キャスターが再入院 フジ新番組出演見合わせ
2013.3.16 12:22 [女子アナ・キャスター]
 フジテレビは16日、急性リンパ性白血病の療養から復帰して4月に始まる情報番組「アゲるテレビ」に出演予定だった大塚範一キャスター(64)が、同病再発で再入院することを発表した。治療専念のため番組出演は当面見合わせる。
 大塚キャスターは平成23年11月に入院し、昨年に情報番組「めざましテレビ」を降板。同10月に退院し、自宅療養中だった。









「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」






--------------------------------------------------------------------




今日の放射能拡散予測(3/17〜3/19)スイス気象局


★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日3/18(月曜)は、福島から、宮城、岩手、青森、及び北海道の道南(東部、南部)、道東(東部)へ飛散し、明日3/19(火曜)になると、福島から、関東地方、信越地方、宮城、岩手へ飛散しそうです。






★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間3/17(日曜)15:00〜3/19(火曜)20:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(3/17〜3/19)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(3/17〜3/19)スイス気象局



追記:高度10mの色が、赤から白になっていますね。
今日だけ?それともこれから、ずっと白?(2012.10.22)
追記2:どうやら、高度10mは白に変更されたようです。(2012.10.23)
追記3:風向き画面が、白一色だけになっています。(2012.10.27〜)
追記4:元通りになおりました。(2012.10.31)







---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)



posted by news at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。