話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2013年07月25日

3号機の湯気562mSv/h! 5階、即死レベル2170mSv/h!・今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局

3号機の湯気562mSv/h! 5階、即死レベル2170mSv/h!・今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局


3号機から湯気が出てますね。


7月18日、23日、24日と3日連続。
止まらないようです。

しかも、その湯気の放射線量は、なんと、
562ミリシーベルト!
単位は、マイクロシーベルトじゃないですよ!
ミリシーベルト!

しかも、5階は、2.17シーベルト!

数時間いたら、即死レベルの線量です。

恐ろしい。。。


近づくことも出来ませんから、これでは、作業出来ませんね。
収束はいったいいつになるのでしょうか?
何十年後?何百年後?


3号機は、核爆発と言われています。
これらの現象を見ると、確かに、「核爆発だった」も、納得できますね。






まずは、ニュース記事をまとめておきます。
ちょっと長くなりますが、自分用に備忘録もかねて。

新しい順。





http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/science_environment/731467.html
福島原発、3号機建屋でまた湯気 同じ場所で3度目
(2013年7月24日午前10時28分)
 東京電力は24日、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階部分で午前4時15分ごろ、湯気のようなものが再び出ているのを監視カメラで確認したと発表した。5階の中央付近で格納容器のほぼ真上に当たる。18、23両日に湯気が出た場所と同じで3度目。
 東電によると、3号機の原子炉への注水や使用済み核燃料プールの冷却は継続している。周辺のモニタリングポストで計測される放射線量に目立った変化はない。





http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072402000123.html
【社会】
湯気発生の3号機5階 最大2170ミリシーベルト計測 福島第一
2013年7月24日 朝刊
 東京電力は二十三日、福島第一原発3号機の原子炉建屋五階で湯気が発生した場所の周辺で、最大毎時二一七〇ミリシーベルトを計測したと発表した。人が数時間もいれば確実に死亡する高い線量。3号機はこれまでも放射線量が高く、事故収束作業の足を引っ張ってきたが、あらためて汚染度のひどさが明らかになった。
 3号機原子炉建屋五階では十八と二十三の両日、格納容器の上部と機器貯蔵プール境目付近で、湯気の発生が確認された。
 東電は、クレーンで建屋上部から線量計をつるし、湯気の発生場所近くの二十五カ所で放射線量を計測。毎時一三七〜二一七〇ミリシーベルトを計測した。湯気が出た直近の場所では五六二ミリシーベルトだった。
 東電は、湯気の原因を、雨水が熱を持った格納容器のふたに触れて蒸発したとみているが、原子力規制委員会が詳細な調査を指示していた。
 3号機ではこれまで、格納容器近くの床で毎時四七八〇ミリシーベルトを計測するなど現場の高線量が作業の障壁となっている。
 水素爆発による建屋上部のがれきはほぼ片付けられたが、最上階の五階に近づくほど線量が高い状態。作業員は放射線を遮る重いタングステン板入りのベストを装備して作業に当たる。それでも一人が現場で作業できる時間はわずかしかない。





http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130724-OYT1T00093.htm?from=ylist
福島第一3号機で再び「湯気」発生
福島原発
 東京電力は23日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋5階から一時、湯気のようなものが発生し、その場所で毎時562ミリ・シーベルトの放射線を観測したと発表した。
 周辺の24か所も計測したところ、同137〜2170ミリ・シーベルトだった。原子力規制庁は、線量が高いことから、詳細な調査を行うよう東電に指示した。
 東電によると、湯気のようなものは午前9時過ぎに作業員が確認し、午後2時半頃までに消えた。18日にも発生しており、東電が原因を調べている。
(2013年7月24日00時51分 読売新聞)






http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY201307230466.html
2013年7月23日23時36分
3号機で高い放射線量、毎時562mSv 福島第一原発
 東京電力福島第一原発3号機原子炉建屋で湯気のようなものが確認されたのを受け、東電は23日、湯気がたった付近の放射線量を測定した結果、毎時562ミリシーベルトだったと発表した。原子力規制委員会は線量が高いとして、詳しく調べるよう指示した。
 東電はこの日、湯気がたった場所のほかに原子炉建屋5階周辺の24カ所で放射線量を測定。最小は137ミリで最大は2170ミリだった。湯気は今月18日朝にも確認された。東電は、雨水が原子炉格納容器付近に入り込み、温められて水蒸気になったと説明している。
 3号機の5階は爆発事故でもともと放射線量が高く人が近づけない。クレーンを遠隔で操作し、がれきの撤去作業をしている。





http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072300976&g=soc
線量は562ミリシーベルト=湯気確認の3号機5階で−東電福島第1
 東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋5階付近で湯気のようなものが確認されたことを受け、東電は23日、湯気が上がった箇所の放射線量を測定したところ、1時間当たり562ミリシーベルトだったと発表した。
 東電によると、湯気が確認された5階周辺の25カ所を測定。最大値が同2170ミリシーベルト、最小値は同137ミリシーベルトだった。
 報告を受けた原子力規制庁は線量が高いとして、さらに詳細な調査を行うよう東電に指示した。
 湯気は18日に確認された後、23日にも5階中央部付近で上がったという。東電は格納容器内の温度や圧力に大きな変化はないとして、雨水の蒸発との見解を示している。
(2013/07/23-22:25)





福島第一3号機から湯気、がれき撤去作業を延期
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130719-OYT1T01084.htm?from=ylist
東京電力は19日、福島第一原子力発電所3号機5階から出ていた湯気のようなものが、同日午前8時には消えていたと発表した。
原子炉の温度や圧力、敷地内の放射線量に異常がないことは判明しているが、原子炉建屋のがれき撤去作業は当面、延期する。
東電は湯気のようなものが発生した原因について、原子炉格納容器の蓋の上にたまった雨水が温められ、蒸発した可能性があるとしていた。
原子力規制委員会は同日、東電に対し、湯気が発生する気象条件などを検討し、他の原因も含めて調査するよう指示した。
(2013年7月19日22時10分 読売新聞)






<福島第1原発>原子力規制委、3号機湯気の原因究明指示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000135-mai-soci
毎日新聞 7月19日(金)22時17分配信
東京電力福島第1原発3号機で湯気のようなものが出た問題で、原子力規制委員会は19日、赤外線カメラや実験などで発生原因を究明するよう東電に指示した。
発生原因について東電は「原子炉建屋の隙間(すきま)から入った雨水が原子炉格納容器外側で温められた」と説明している。これに対して、規制委事務局の原子力規制庁は「安全上重大な問題はないが、原因の究明は東電の説明では不十分」と指摘。そのうえで東電に(1)発生場所付近の温度分布を赤外線カメラなどで測定
(2)発生時と同じ気温・湿度で湯気が発生するか実験
−−を行って原因分析するよう指示した。
東電によると、湯気のようなものは、18日午前8時20分ごろ、3号機原子炉建屋5階で監視カメラで確認。19日午前8時ごろには消えていた。【岡田英】





http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG19016_Z10C13A7CR0000/
福島第1原発3号機の湯気消えたこと確認
2013/7/19 11:47
 東京電力は19日、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階から出ていた湯気のようなものが消えたことを同日午前8時ごろに確認したと発表した。監視カメラで確認したという。
 3号機建屋上部のがれき撤去作業は19日も中断している。
 湯気のようなものは18日朝に原子炉建屋5階の中央付近で出ているのが見つかった。17〜18日に雨が降ったことから、東電は、床の隙間から入り込んだ雨水が内部にある原子炉格納容器で温められ湯気が発生したとみている。〔共同〕




原発3号機、昨年7月にも湯気 東電当時は公表せず
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013071801001722.html
福島第1原発3号機で、原子炉建屋上部から湯気のようなものが出た問題で、東京電力は18日、昨年7月中旬にも3号機で湯気のようなものが確認されていたことを明らかにした。当時は短時間の発生で東電は問題ないと判断、公表していなかった。18日朝に確認された湯気のようなものは、同日午後6時時点でも止まっていない。湯気のようなものに含まれる放射性セシウムの濃度は周辺とほぼ同じで、東電は原因について「雨水が床の隙間から入り込み、格納容器のふたで暖められたことによるものではないか」としている。(共同)






福島第1原発3号機で確認の「湯気」、午後6時半現在も出続ける
フジテレビ系(FNN) 7月18日(木)19時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130718-00000141-fnn-soci
東京電力によると、18日朝、福島第1原発3号機で確認された湯気のようなものは、午後6時半現在も出続けているという。3号機の原子炉建屋の上部から立ちのぼっている湯気のようなものは、午後6時半現在も出続けているものの、量は減っているという。
東京電力によると、格納容器の上部の温度は40度前後で、そこに、18日朝まで降り続いていた雨水が流れ込んで蒸発し、湯気のようなものが出ている可能性が高いという。
また、同じような現象は、2012年7月15日にも確認されているという。





http://www.jiji.com/jc/d4?p=gen100&d=d4_topics
〔写真特集〕
東京電力福島第1原子力発電所の3号機原子炉建屋で、5階中央部付近の機器貯蔵プール側から湯気らしいもの(中央上から左側)が上がっている様子。
東電は、4階の原子炉格納容器上部にたまった雨水が蒸発して湯気になった可能性が高いと発表した。付近の放射性物質濃度に変化はなく、東電は「新たな放射性物質の放出はない」と説明している[東京電力提供](2013年07月18日) 【時事通信社】





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130718-00000530-san-soci
3号機建屋上部から湯気 福島第1原発 雨水温められ? 放射線量変化なし
産経新聞 7月18日(木)12時11分配信
 東京電力は18日、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階部分で白い湯気のようなものが確認されたと発表した。原子炉や周辺の放射線量に変化はない。福島第1原発では17日夜に強い雨が降っており、東電は「床の隙間から雨水などが入り、原子炉の熱で温められて湯気が出た可能性が考えられる」と説明している。
 東電によると、湯気が出たのはがれき撤去作業中の3号機原子炉建屋5階の中央部付近で、直下に原子炉があるが、発生元は不明。昨年7月にも同様に湯気が短時間確認されていた。
 採取した湯気の放射性物質濃度を分析したところ、含まれる放射性セシウムは微量で、東電は「周囲と比較しても異常はない」とみている。原子炉の温度や圧力などの計器に変化はなく、臨界時に放出される放射性キセノンも検出されていない。湯気のようなものは18日午前8時20分ごろ、協力会社作業員が作業に取りかかる前に、無人重機に設置された監視カメラの映像でみつけた。





ーーーーー引用記事ここまでーーー


湯気の原因は、

「東電は、湯気の原因を、雨水が熱を持った格納容器のふたに触れて蒸発したとみている」

だって。

まっさかぁ〜。
蓋が熱を持ったって?


18日の福島の気温は、
18度〜25度 降雨あり
http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2013&month=7&day=18

こんな涼しい気温で、蓋が熱を持つの?
40度以上くらいになったの?

信じられませんが。。


23日のお天気は、
http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2013&month=7&day=23
晴れ 21度〜27度 降雨なし。

雨、降ってませんけど。


24日のお天気は、
http://tenki.jp/past/detail/pref-10.html?year=2013&month=7&day=24
曇、降雨0.5mm〜2.5mm 気温19度〜21度

少雨。湯気が観測された午前4時は降雨なし。
最高気温21度なんですけど。。。





それに、冬は?

冬にも蓋の温度は上がるのかしら?

冬は、冷えて、雨が降っても、
水蒸気なんか発生しないと思うけど。


この東電の雨水原因説、変過ぎない?


摩訶不思議な東電大本営の屁理屈。




ところで、
実は、このモクモク、今始まったことじゃないですよね。

今までも、何度何度も、モクモクしていたのに(下記関連記事<ふくいち・ライブカメラはミタ>参照)
すべて同じように、説明できるのかな?
無理じゃないのかな?



普通に考えて、
「地下のドロドロに溶け落ちた燃料棒からの灼熱の熱源、つまり再臨界した燃料棒が地下水を沸かし、地面の割れ目から湯気が立ち上っている」と考えるのが、一番、理に叶っているし、分かりやすいと思うけどね。




でも、大本営は、どうしても、超ヤバイ「メルトダウン、メルトスルー、メルトアウトした燃料棒」には触れたくないみたいですね。

だから、こんな子供じみた言い訳を続けるんでしょうね。





ところで、「湯気発生の3号機5階 最大2170ミリシーベルト」だそうですが、これって、以前より線量高くなってるよね?

今までは、下記データによると、3号機の原子炉建屋5階は500ミリシーベルトだったんだけど。。




http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/f1-sv3-20130322-j.pdf
2013年3月22日
建屋内の空間線量率について
東京電力株式会社

データ採取期間 
3号機: 23年4月(4/25)〜25年2月(2/18)


3号機の原子炉建屋5階は500mSv/h
3号機の原子炉建屋一階で最大4780mSv/h
3号機タービン建屋地下1階 750mSv/h





線量が小さくなるどころか、ますます大きくなっていますね。

やっぱり、どう考えても、メルトスルー、メルトアウトした燃料棒が原因だとしか思えないんですが。。。




いまだに、福島第一原発の事故の真実は闇の中。
作業さえ出来ない。近づく事さえできない。
収束なんて、何十年先、何百年先のことやら。


なのに、自民党は、原発再稼働と海外への原発売り込みに躍起になっています。

海外での原発売り込みの条件は、原発で発生する放射性廃棄物、核のゴミは日本が引き受けることになっているそうです。



恐ろしい。。。








「ふくいちカメラ関連」記事&動画↓↓



<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち白煙!黒煙!今日も続く異常な日常風景・今日の放射能拡散予測(2/24〜2/26)スイス気象局

<ふくいち・ライブカメラはミタ>年末年始、猛烈な黒煙&白煙!温度180度に急上昇!今日の放射能拡散予測(1/8〜1/10)スイス気象局

<ふくいち・ライブカメラはミタ>黒煙が爆発的に噴出!!・今日の放射能拡散予測(11/2〜11/4)スイス気象局

<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいちにキノコ雲!!・今日の放射能拡散予測(11/1〜11/3)スイス気象局

<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、白煙黒煙絶賛放出中!原因は、水量低下か?今日の放射能拡散予測(9/6〜9/8)スイス気象局

非常事態!!福島第一原発で停電、全員全面マスク着用!・今日の放射能拡散予測(9/5〜9/7)スイス気象局

<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、白煙が爆発的に噴出!・今日の放射能拡散予測(9/2〜9/4)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>恐怖!ふくいち、真夏の雪景色!・今日の放射能拡散予測(8/21〜8/23)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、赤い閃光&雪景色


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、赤い閃光!白煙!黒煙!・今日の放射能拡散予測(8/14〜8/16)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>怪奇現象!!ふくいち雪景色!真夏なのに・今日の放射能拡散予測(8/6〜8/8)スイス気象局



http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120731_04-j.pdf
「ふくいちライブカメラ」変更後の設置場所 図&写真


<ふくいち・ライブカメラはミタ>恐怖の3号機、白煙(水蒸気)爆発的噴出!・今日の放射能拡散予測(7/31〜8/2)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>異常現象!2号機から赤い火花が出た!!青緑の水蒸気の中で・今日の放射能拡散予測(6/24〜6/26)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいちの白猫、全身セシウム草の中に!!・今日の放射能拡散予測(6/12〜6/14)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいちの猫と狸・今日の放射能拡散予測(6/2〜6/4)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、白ネコ、黒ネコ、ネコ2匹・今日の放射能拡散予測(5/23〜5/25)スイス気象局


<ふくいち・ライブカメラはミタ>ふくいち、白煙、黒煙5連発!!・今日の放射能拡散予測(5/16〜5/18)スイス気象局



<ライブカメラはミタ>ふくいちに、鳥が来た!放射能は大丈夫??!・今日の放射能拡散予測(5/10〜5/12)スイス気象局



<ライブカメラはミタ>再び爆発的噴出!ふくいち、夜の怪!・今日の放射能拡散予測(5/1〜5/3)スイス気象局


<ライブカメラはミタ>ふくいちの怪!
ふくいちが消えた!?大量の水蒸気発生!・今日の放射能拡散予測(4/24〜4/26)スイス気象局




<ふくいちカメラはミタ>白猫、またまた出現!!& 2号機温度上昇中!ふくいちライブカメラ・今日の放射能拡散予測(4/22〜4/24)スイス気象局


2号機、原子炉温度103度に急上昇!!・今日の放射能拡散予測(3/24〜3/26)スイス気象局



<ふくいちカメラはミタ>ふくいち、白猫再び!・今日の放射能拡散予測(3/22〜3/24)スイス気象局
一号機の温度が下がったと思ったら、今度は、2号機が上がり始めています!
一日で10度上昇、上昇始めて、すでにトータル20度も上昇しています!


福島セシウム超激増!2号機温度400度超えた!・今日の放射能拡散予測(2/13〜2/15)スイス気象局



2号機90℃超えた!でも温度計の故障?!・今日の放射能拡散予測(2/12〜2/14)スイス気象局



*2号機について

ところで、気になる2号機の原子炉温度ですが、なかなか下がりません。
高温安定?状態です。11日午後11時に74.9℃になり、「冷温停止状態」宣言後、最高温度になりました。
ホウ酸を入れても下がらないなら、再臨界ではないのかな?
そうなると、燃料の一部が、ちょうど温度計のある位置に移動したのでしょうか?
それとも、注水ラインにトラブルが生じて水がかからず、冷やせない状態になっているのか?
いずれにしても、緊張します




また増加!福島セシウム&2号機温度140℃突破!・今日の放射能拡散予測(1/16〜1/18)スイス気象局



福島セシウム減らず&2号機温度乱高下・今日の放射能拡散予測(1/14〜1/16)スイス気象局



ふくいちに、白猫出現!・今日の放射能拡散予測(3/7〜3/9)スイス気象局


今日の放射能拡散予測(6/14〜6/15)ふくいち狸、TVに登場


今日の放射能拡散予測(6/5〜6/6)福一原発内を、さまよう動物たち
さまようネコちゃん。
寝そべっているたぬきさん?



要注意!!2号機、猛烈な白煙or水蒸気が噴出中!・今日の放射能拡散予測(2/29〜3/2)スイス気象局


伏魔殿2号機、また白煙?水蒸気?噴出!・今日の放射能拡散予測(2/25〜2/27)スイス気象局

2号機から白煙!水蒸気!?・今日の放射能拡散予測(2/21〜2/23)スイス気象局



2号機4号機とセシウム降下・今日の放射能拡散予測(2/9〜2/11)スイス気象局

2号機や4号機、それにセシウム
【結論】福島原発から蒸気が噴き出すか、4号機の燃料プールが倒壊することが起こったら、そこで警告を出し、逃げる準備をするべきである。あらかじめ逃げなくても良い。
それよりむしろセシウムの量が問題です。1月の終わりに少し減りましたが、2月にまた100ベクレルを超えることもありました。これについての危険なことは自治体が「事後に発表」することで、被曝を予防するという視点がないことです。
セシウムについてはまた高くなるようならこのブログでも書きます。


「蒸気が噴き出す」って所ですが、
偶然、昨日のふくいちカメラの記事に書いてるように、実際、激しく蒸気か煙かが噴出してるんですけど。。。



ふくいちの怪!蒸気噴出&謎の真っ黒な気体に包まれる
・今日の放射能拡散予測(2/8〜2/10)スイス気象局



ふくいちカメラの怪!・今日の放射能拡散予測(1/9〜1/11)スイス気象局



ふくいち、夜の怪!?・今日の放射能拡散予測(11/15〜11/17)スイス気象局








「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」




--------------------------------------------------------------------



今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局



★★福島第一原発由来の放射性物質(粒子)は、今日7/25(木曜)から明後日7/27(土曜)午前にかけては、福島から、東北全域、新潟北部、及び北海道西部へ飛散しそうです。








★★外出予定の方は、チリ埃の舞い上がりが気になるほどの風ならば、マスクをした方がいいと思います。気をつけて。

★★雨や雪、降り始めに注意。濡れないように。


下記ページの一番上の動画が、放射性物質(放射性粒子)拡散予測シミュレーションです。
日本時間7/25(木曜)5:00〜7/27(土曜)11:00までの1時間毎の拡散予測シミュレーションです。

同シミュレーション動画中、JSTは日本時間で、Fukushimaと書かれているところが、福島第一原発の位置です。
また、予測は、10m, 500m,1500mと3段階の高度別の予測になっています。
ドイツは、250mでしたので、500mが近いかな?

また、下記もドイツと同じです。ご注意を。
【重要な注意事項】漏洩物質の濃度はわかっていませんので、図示した区域は未知の濃度の漏洩源から相対的に分散・希釈した範囲としてのみ解釈して下さい。
各地の実際の放射線量はこの図からは算出できません。

★福島原発付近及び各地の詳細な気象データ、風向きに関しては、気象庁等のHPでご確認を。


今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局


日本語バージョン・今日の放射能拡散予測(7/25〜7/27)スイス気象局



追記:高度10mの色が、赤から白になっていますね。
今日だけ?それともこれから、ずっと白?(2012.10.22)
追記2:どうやら、高度10mは白に変更されたようです。(2012.10.23)
追記3:風向き画面が、白一色だけになっています。(2012.10.27〜)
追記4:元通りになおりました。(2012.10.31)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






---以下、放射能・原発関連リンク---

早川汚染マップ (12/10追加)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

改訂版2011年12月9日(初版4月15日)「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-445.html
五訂版2011年12月9日福島第一原発から漏れた放射能の広がり


http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
早川汚染マップ 汚染ルートとタイミング(改訂)9/30 (10/1追加)

放射線モニタリング情報 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/ (10/1追加)

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html
早川汚染マップ第4版(9/11追加)

W SPEEDIによる汚染MAP

北は秋田、岩手、西は新潟、長野、静岡までが汚染されています。

福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
平成23年9月6日
(独)日本原子力研究開発機構
  (9/10追加)


Yahoo! JAPAN「放射線情報(ベータ版)」(8/9追加)
http://radiation.yahoo.co.jp/


ふくいちライブカメラ(5月31日10:00より)  
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html


JNN 福島第一原発ライブカメラ(Live)youtube


各地のガイガーカウンター・リアルタイム放射線測定一覧(ustream.tv)


福島第一原発周辺の風向きマップ


リアルタイムアメダス風向・風速マップ


福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University



武田邦彦先生(中部大学)
今回の福島原発事故に関して、ほぼ毎日のように、わかりやすく情報を発信して下さっています。
ありがたいです。


京都大学原子炉実験所・小出裕章先生のデータ
3月15日東京を襲った「見えない雲」


放射能汚染地図(マップ)文部科学省

福島第1原子力発電所(特定条件 WSPEEDI)[平成23年3月25日(金曜日) (PDF:594KB)
ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日 0時現在) 積算値、SPEEDI



放射能汚染地図(マップ)福島第一原発


TBS 原発ライブカメラ(携帯電話、スマートフォン用)
http://e-shomei.org/live/live.jpg

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1646204.jpg


一部データ欠損あり
放射性物質降下量(累積量)

リアルタイム放射線測定情報
http://housyasen.uh-oh.jp/

文部科学省・最新空間放射線量率一覧
http://www.bousai.ne.jp/vis/index.php

空気中の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

水道の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/water/

雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/


緊急被ばく医療ポケットブック
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

福島原発事故の解説(日本語訳あり)
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html

イギリス気象局
http://atmc.jp/england/

イギリス気象局直リンク
weatheronline


台湾気象局
http://atmc.jp/taiwan/

台湾気象局直リンク
台湾空氣品質與區域氣候研究室


オーストリア 国営気象局ZAMG
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


一応各国の予報
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/ZAMG


↓どうやら、中止になったようです。(5/17)
ノルウェー気象研究所による放射性物質拡散予測(シミュレーション)

放射性物質拡散予測(シミュレーション)


posted by news at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。