話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2013年10月19日

過去最大のストロンチウムとトリチウムが検出!それでも試験操業拡大する福島

過去最大のストロンチウムとトリチウムが検出!それでも試験操業拡大する福島


ダダ漏れが止まらない福島第一原発。
ついに、過去最大の40万ベクレルというベータ線ストロンチウム及び同じく過去最大の79万ベクレルのトリチウムが井戸から検出されました。

そして、海へ直結している排水溝からは、3万4千ベクレルのストロンチウム。



http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201310180001.html
2013年10月18日3時8分
井戸から40万ベクレル 福島第一原発、前日比1万倍
 東京電力福島第一原発で8月に発覚した高濃度汚染水が300トンがタンクから漏れた事故で、東電は18日、そのタンクから10〜20メートル北に掘った観測井戸で、17日に採取した水から放射性ストロンチウムなどベータ線を出す物質が1リットルあたり40万ベクレル検出されたと発表した。前日の16日午前の採取では同61ベクレルで、1万倍近くに急上昇しており、これまでで最高という。
 東電によると、同40万ベクレルが検出されたのは、汚染水漏れの広がりを調べるために掘った観測井戸。漏れたタンクに入っていた汚染水の濃度は同2億ベクレル。今回検出された値について東電は「300トン漏れた汚染水の放射性物質がたどり着いた可能性はある」としつつ、「詳細は分析を続けて判断したい」と説明している。
 タンク周辺では1日4回の見回りを続けているが、新たな漏れの兆候は確認されていないという。
 東電によると、同40万ベクレルが検出されたのは、汚染水漏れの広がりを調べるために掘った観測井戸。
漏れたタンクに入っていた汚染水の濃度は同2億ベクレル。今回検出された値について東電は「300トン
漏れた汚染水の放射性物質がたどり着いた可能性はある」としつつ、「詳細は分析を続けて判断したい」と
説明している。
 タンク周辺では1日4回の見回りを続けているが、新たな漏れの兆候は確認されていないという。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000008-asahi-soci
排水溝からは3万4千ベクレル 福島第一、台風の影響か
朝日新聞デジタル 10月18日(金)3時8分配信
 東京電力は18日、福島第一原発の敷地内を通る排水溝の水から、放射性ストロンチウムなどベータ線を出す物質が2万8千〜3万4千ベクレル検出されたと発表した。排水溝ではこれまでで最高値。台風26号の大雨で地表の放射性物質が流れ込んだことや、8月に発覚した300トンの高濃度汚染水漏れなど過去の汚染水漏れの影響などもあるとみられる。
 東電によると、検出したのは17日午前に採取した水で、前日から10倍ほどに上昇した。場所は300トンの高濃度汚染水が漏れたタンク群の近く。すぐ下流に土嚢(どのう)が積まれており、放射性物質を含む水がたまりやすい構造になっているという。東電は今後、排水溝の清掃を進める。



排水溝は、海へ直結(写真:東京新聞)
外洋への汚染水漏出が確実となった福島第一原発
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/images/PK2013082402100048_size0.jpg





http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20131019k0000m040096000c.html
福島第1原発:井戸で過去最大のトリチウム…汚染水問題
毎日新聞 2013年10月18日 22時07分(最終更新 10月18日 23時18分)
 東京電力は18日、福島第1原発で高濃度汚染水約300トンが漏れた地上タンク付近にある地下水観測用井戸から、放射性物質のトリチウム(三重水素)が1リットル当たり79万ベクレル検出されたと発表した。10日に測定した同32万ベクレルの約2.5倍で過去最大値。この井戸からは放射性ストロンチウム90などほかのベータ線を出す放射性物質も、過去最大値の同40万ベクレルが検出されている。いずれも17日に採取した水を調べた。
 観測井戸は、9月上旬に掘られた八つのうちの一つで、高濃度汚染水が漏れたタンクから北に約20メートル。井戸の北側には、タンク内の水を出し入れするポンプ設備の配管などがあり、漏れた水で汚染された土壌を撤去しきれなかった。井戸にはふたがされていた。
 トリチウムは、第1原発の放射性汚染水を浄化する多核種除去装置「ALPS(アルプス)」では除去できない。東電は濃度上昇の理由について「汚染土に含まれる放射性物質が台風の雨で移動して地下水に影響した可能性がある」とみている。汚染土の撤去や汚染地下水のくみ上げなどの対策を検討する。
 ほかに、17日に採取したタンク近くの排水溝の水からも、ストロンチウム90などが1リットル当たり3万4000ベクレル検出されている。

井戸の位置
http://mainichi.jp/graph/2013/10/19/20131019k0000m040096000c/image/001.jpg
http://mainichi.jp/graph/2013/10/19/20131019k0000m040096000c/001.html







猛烈汚染水が、海へダダ漏れ。
猛毒ストロンチウムやトリチウムが、海へダダ漏れ。
そして、地下水にも。

福島第一原発が、こんなにひどい状況なのに、
福島では、なんと、試験操業を拡大、つまり、新たに9種類の魚を追加するというニュースが飛び込んできました。




http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055323901.html?t=1382020389207
試験操業 9種類追加で調整
福島県沖での試験的な漁の対象にする魚の種類を検討する会議が、相馬市で開かれ、「マアジ」や「アカガレイ」など、新たに9種類の魚介類を加える方向で調整を進めていくことになりました。
福島県沖では原発事故のあと、本格的な漁の再開に向けて、放射性物質の検査で安全が確認された18種類の魚に絞って、試験的な漁を行っています。
17日、相馬市で開かれた県漁連の会議には、漁業者の代表などおよそ70人が出席しました。
この中で、県北部の沖合で試験的な漁を行っている相馬双葉漁協から、9種類の魚介類を新たに対象に加えたいという提案が出されました。
提案されたのは「マアジ」や「アカガレイ」、「メダイ」「ケンサキイカ」など9種類で、いずれも放射性物質の検査で、1年半以上にわたって国の基準を大きく下まわり、最近の3か月間でも検出されていません。
検討の結果、この9種類を漁の対象に加える方向で調整を進めていくことになり、今月30日にいわき市で開かれる漁協の組合長会議で、最終的に決めることになりました。
相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は、「対象の拡大で水揚げが大幅に増えることになるので、漁業者のやる気を保ちながら、これまでと同様に安全を最優先に、検査を行っていきたい」と話していました。
10月17日 19時30分






以下は、試験操業海域です。
これを見ると、福島第一原発のすぐそばで、魚を獲っているのがよく分かります。
<PDF注意>
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/sikensougyoukaiiki.pdf


こんな近場で漁業しています!
ありえないでしょう!









そして、こちらが、最新の放射性物質検査結果。
JF福島漁連
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/

試験操業漁獲物の検査結果について(平成24年9月以降検査分)
2013/10/15
福島県漁業協同組合連合会<PDF注意>
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/kensakekka201209.pdf



セシウムだけの検査。
わずかな量のサンプル検査。

そして、検出限界値は、6ベクレル〜13ベクレル/kg。

検査結果が、まるで申し合わせたかのように、
すべて「不検出」。


何度も書いていますが、
この6ベクレル〜13ベクレル/kgというのは、
たとえ、不検出(ND)でも、その数値は不確実、
5.9〜12.9ベクレルは、セシウム入っているかもね、
という数値です。


数値のマジックを利用した、姑息な子供騙しの検査を、一体いつまで続けるつもりでしょうか?


汚染魚を売るために、検査結果に「不検出」という文言を書きたいために設定されたゆるゆるの検出限界値。



なぜ、検出限界値1ベクレル/kg以下の検査をしないのでしょうか?


もし、1ベクレル以下の検査をすると、
全部からせシウムが検出されてしまうからでしょうね、
そしたら、全量、出荷できなくなるからでしょうねと
勘ぐってしまうのは、私だけじゃないと思うのですが。


また、
セシウムよりも、何十倍、何百倍の猛毒ストロンチウムの検査はしないまま、従来通り、100ベクレル以下のセシウムだけが、出荷基準。。。


貝類やイカ類には、セシウム以外の核種、
特に放射性銀が含まれている恐れもあるのに、
その検査も無視して出荷。。。


トリチウム、ウラン、プルトニウム検査は??


恐ろしすぎる。。。



こんな、必要な検査さえ、まともな検査さえされずに出荷され続けている福島及び汚染地域の魚介類を消費者が、自分達の子供の健康を守るために、不安を感じて買うのを少しでも躊躇していると、容赦なく「風評被害」という言葉を浴びせられ、汚染食品を買わない消費者が悪者にされる。。



生産者側の利益を守るためには、消費者側の多少の犠牲はやむを得ないという「食べて応援」政策。。。



一体、いつまで続く


パラレルワールド Japan。



悲しすぎるよ。






「<食と放射能汚染>」関連記事はこの辺から↓↓


<食と放射能汚染>続々・茨城のシイタケ110ベクレル!セシウム汚染「流通品」(13年8月)ランキングワースト10(25)






「汚染水」関連記事はこの辺から↓↓

「一目で分かる汚染水垂れ流し」証拠写真&図解・今日の放射能拡散予測(9/4〜9/6)スイス気象局








「原発・放射能」関連全記事は、左下記事カテゴリーからどうぞ。

「原発」





--------------------------------------------------------------------




★★今日の放射能拡散予測


スイス気象局の「今日の放射能拡散予測」は、下記ブログへお引越ししました。



ニュース365
http://news365news.seesaa.net/



よろしければ、飛んでくださいませ。m(__)m



-----------------------------------------------





---以下、放射能・原発関連リンク---



こちらの記事からどうぞ。↓

<食と放射能汚染>「セシウム入リかも食品」拡散、もとい、拡販あれこれ(128)








posted by news at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。