話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2007年04月26日

動画!スタートレックの世界が現実に!

動画!スタートレックの世界が現実に!動画更新済み

SF大好き、スタトレ大好き、スタトレ一筋の私にとって、
これほど感動的な発見はありません!

宇宙大作戦がとうとう現実に!
スタートレックの世界では、同じホモサピエンス、異星人の存在は、既定の事実。存在するのは、当たりまえ。
スタートレックが、ますます、現実味を帯びてきているような感じがしています。
銀河鉄道物語
銀河からゲノム・超弦まで宇宙を構成するもの


また、スタートレック見たくなりましたので、手元のビデオみんな、1から見始めました!
スタートが1967年ですから、もう、40年です。今見ても、斬新さは、変わりません。
皆様には、動画で♪宇宙のロマンを体験してくださいませ。


ミスタースポックの紹介ですよ♪
スタートレック人気ブログランキング





関連記事スタートレック、ミスターチャーリー(あえてこう呼びます)再び、宇宙へ。

引用iza!産経新聞
生命いるかも?「地球そっくり」惑星を発見
 この世には存在しないともいわれていた「第2の地球」が、とうとう発見か−。フランスやスイスなどの研究チームが24日に発表したところでは、南米チリにある欧州南天天文台が地球からてんびん座の方向に20.5光年離れた、恒星の一種である赤色矮星(わいせい)「Gliese581」の周囲を回る「地球によく似た」惑星を発見した。

 この惑星は、直径が地球の約1.5倍、質量は約5倍と、これまでに発見された太陽系外惑星の中で最も小さいとみられる。また、13日周期で軌道を回っている。

 赤色矮星からの距離は、太陽−地球間の約14分の1と近いが、赤色矮星は太陽より温度が低いため、惑星表面の平均温度は零度から40度の間とみられるという。表面がこの温度だと、水が、生命をはぐくむのに不可欠な液体のままで存在できる。もっとも水の存在は未確認だが、チームは「岩石か海洋に覆われているはずだ」と強調、「地球外生命を探査する重要な候補地になる」としている。果たして、生き物がいるのか…。

 惑星をとらえた欧州南天天文台の望遠鏡は口径約3.6メートル。この赤色矮星の周囲には、ほかにも大きな惑星が2つあるようだという。


ラベル:動画
posted by news at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。