話題いっぱい。動画YouTube画像満載

2007年07月19日

動画中国それでも段ボール肉まんは存在する。中国食品問題 

それでも、ダンボール肉まんは存在する。中国食品問題。
なぜ今、この報道か?
昨日、北京テレビ局がおわび放送をしていました。あの女性のアナウンサー、すっごい早口で、いやいやながら原稿読んでるのが、見え見えって感じがしました。今日は、この報道について、書かせていただきます。
まずは、iza!産経新聞 福島香織記者様の記事を引用させて頂きます。
引用iza!産経新聞様【北京=福島香織】中国の北京テレビは18日夜、同テレビ局が特ダネとして報道した「段ボール入り肉まん」報道が、アルバイトスタッフによる「やらせ」であったことを認めた。テレビを通して視聴者に「虚偽報道し、悪質な社会的影響を与えた。社会に深くおわびする」と謝罪した。


中国問題  人気ブログランキング


段ボール肉まんの真偽を、中国のネットで調べると、実際に段ボール肉まんを食べている人が多く存在し、それにより体調を壊している人もいる(その人たちは、このお店では買っていない)。
また、段ボール肉まんは、別にあの撮影された業者に限らず、全国的に作られていた、ごく、普通のことだと言う。


関連記事中国問題 人気ブログランキング

この動画、まだ見れるよ!
動画中国段ボール肉まん店主激白。作り方と仰天実態


つまり、段ボール肉まんの存在自体は、真実。


段ボール肉まん 人気ブログランキング
2007_7_10_73977_5673977ダンボール肉まん.jpg

では、なぜ、今回、北京テレビ局は、このような「段ボール肉まん報道はやらせだった」という謝罪報道をしたか、その目的を私なりに考えてみた。

1.最近、中国の食品問題が、諸外国に取り上げられ、中国は
輸出不振に陥っている。また、このままでは、オリンピックも控え国の威信に傷がつく。これでは困ると対抗処置として、アメリカの製品も問題がある、日本のSK2問題など、必死に、別に中国だけの問題ではないとアピールしていた。また、中央政府報道官は、たびたび、外国のマスコミに対して、記者会見を開き、「中国製は99%は安全である」とアピールしている。

参考記事1
朝鮮日報/朝鮮日報JNS :相次ぐ問題製品発覚で偽物、不衛生の代名詞となった中国が米国に対する反撃に転じた。
米紙ワシントン・ポストは、中国が「輸出品に問題がある国は中国だけではない」と報じた。


参考記事2
時事ニュース: 中国国家品質監督検査検疫総局の林偉輸出入
食品安全局副局長は10日の共同会見で、
国内で生産段階から管理を強化している点を強調した上で、
「中国の輸出食品の99%以上は安全」と述べた。



でも抑えられない。


2.ブログ、インターネットの普及で、今まで、クチコミで、近所だけの話ですんだことが、今は、政府にとって都合の悪い「真実」「事実」があっという間に、全国に、世界に広がってしまうようになってしまった。ネット等が存在しない昔ならば、報道は、ただ一つ、国営テレビ一つだけで、いくらでもコントロールできた。
それができなくなった。当初、このような自由な「事実」の報道を許すことで、民衆、市民の食の安全への理解を教育するつもりであったのが、問題食品が次々と出てきて、それどころではなくなってしまった。どうしようもなくなった。


抑えられなくなった。


3.中国では、面子が何よりも大事。
個人の面子は真実、事実よりも大事。
その面子、国の面子と個人の面子を守るために、段ボール肉まん報道をスケープゴートにしようと考えた。今一番ホットで衝撃的な「このダンボール肉まん報道」がやらせだと言えば、すべての食品問題報道が抑えられると考え、スケープゴートにしたと思われる。たぶん、この放送局は、中央政府と裏取引をして、このような話を展開していると思われる。最終的には、誰か、下のものが、「トカゲのしっぽ切り」とされるであろう。。お気の毒である。

中国の報道統制がついに、また、始まったか。。。
せっかく、やや自由に物が言え、表現出来るようになった、風通しが良くなったなあって、思っていたんですが。。残念です。

最近youtubeにも、宣伝工作のような動画のアップが多くなっているような気がします。
これも、その一環でしょうか?


これで、食品ばかりか、報道まで信じられなくなりましたね。
政府はもともと信じられないんですけどね。


おもしろいことがあります。

私のブログに掲載しているyoukuテレビ局の動画(下記)、まだ削除されてないですよ。
これって、抵抗してるのかな?
もしそうならがんばって「真実」を報道し続けて欲しい!
動画中国段ボール肉まん店主激白。作り方と仰天実態

中国問題 人気ブログランキング

と、ここまで書いて、ちょうど、ぴったりの記事見つけました!
これ!ほらね、やっぱりね。思った通り♪
長いけど、全文引用します。これで、よくお分かりいただけるかと思いますので。

東京スポーツ


中国政府逆ギレ「調子に乗るな」 段ボール肉まん報道の国内メディアに圧力
『 中国共産党の品質問題への対処方針に従い、前向きな報道に努めよ! 』


工業用劇薬物入りせき止め薬、ペットフードに歯磨き。薬漬け蒲焼用冷凍うなぎに、極めつきは 何といっても”段ボール肉まん”・・・。
次から次へと明るみに出るアブナイ中国産の食品や薬品の報道に関し、ついに中国当局が逆ギレした!

「こういった報道が中国製品の評判をおとしめ、輸出の障害となり甚大な損失を生み出している」と言うのだ。
声明を発表したのは食品会社や製薬会社を監督する中国国家食品薬品監督管理局だから奇妙な話。
これまでキチンと管理していれば問題は起こらなかったのに ─── 。

中国国内のマスコミ責任者を集めた会合で当局側は
「最近、我が国の輸出品に関し品質問題を取り上げ大騒ぎしている」と前置きした上で
「マスコミは中国共産党の品質問題への対処方針に従い、前向きな報道に努めよ!」
と言い放ったから、なんとも恐れ入る。

この発言は明らかに”段ボール肉まん”問題を”衝撃スクープ”にした中国中央テレビやそのスクープ報道を
伝えた中国各紙に「海外メディアの中国バッシングに乗っかって中国マスコミまでが調子に乗るな!」とする
戒めであることは明らか。

また「マスコミ労働者諸君は政治的責任も忘れてはならない」とし
「”歴史的使命”において恥となる行為を慎み、(中国製品の)品質管理についてプロパガンダ報道に努め、
”メード・イン・チャイナ”の商標を守らなければならない」と命じた。

そして、”歴史的使命”の中で、最も重要なことは「党と国家の方針を推奨すること」だというからこれまた恐れ入る。
報道管制の厳しい中国の体質を如実に表す言葉そのものだ。

海外での中国に関する報道については「間違った事実について、我が国のマスコミは客観的かつ中立に
現実を報じる義務がある」と語った。

政府の”指導”のせいか、叩かれまくりだった中国がここにきて反撃に転じた。

先週末、中国政府は「米国産トリ肉にサルモネラ菌が混入しており、豚肉には成長ホルモンや添加物が使われていた」
としてそれら肉の輸入を禁止した。

この米国産食品の輸入禁止措置について中国メディアはさっそく「食品汚染は中国だけの問題ではない!」
と言う論調で大々的に取り上げた。さすが中国当局の力は絶大だ。


( 2007年7月18日発売 7月19日A版東京スポーツより )
http://vista.crap.jp/img/vi8477478403.jpg

中国問題 人気ブログランキング


posted by news at 23:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

段ボール肉まん捏造報道の偽装工作
Excerpt: 中国政府の得意技の一つに「朝令暮改」がある。ちょっとでも困ったことがあると、すぐに前言を翻す。 中国へ進出した日本の企業はこれで随分泣かされてきた。 朝令暮改は確信犯的に外資誘致戦略の一つ..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2007-07-19 13:00

この「段ボール肉まん」事件、捏造だという報道は、これまた捏造か??(つд⊂)ゴシゴシ  報道が本当に捏造であるのならば、犯罪の首班は死刑でしょうね(TДT)
Excerpt: さて、この「段ボール肉まん」事件、捏造だという報道は、これまた捏造か??(つд⊂)ゴシゴシ   ミートホープの事件を発生させた日本人が言える話題ではありませんが、強いて発言させてもらえれば、それ..
Weblog: チョクのブログ
Tracked: 2007-07-20 00:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。